Nothing’s Carved In Stone ALBUM「REVOLT」ディスクレビュー

REVOLT

ALBUM

Nothing’s Carved In Stone

REVOLT

EPICレコード

2013.06.26 release

<CD>


Nothing’s Carved In Stoneが描く自らの道しるべ

メジャー・デビュー作である『Silver Sun』から1年経たずにドロップされた本作のタイトルは『REVOLT』=反抗。それは外に向けた反抗ではなく、自分の殻を破っていくという内なる反抗であり、そこから生まれる創造性の高さを感じさせるものだ。圧倒的な演奏力をギリギリまで上げた音圧でぶつけてくるスリリングな音像は、ライブのためのテキストではなく、このアルバム自体が紡ぎ出すストーリーを描いていく。

ELLEGARDEN時代から鍛えられた生形真一の的確なアルペジオ・ギターで貫かれた「Assassin」の抑制された緊張感からアッパーな「You’re in Motion」に雪崩れ込む瞬間は、思わず叫びたくなるというものだ。そのまま曲のスピードに乗って走って行けば、穏やかな「村雨の中で」が受け止めてくれる。聴いていくうちに一丸となって押し寄せている音の塊がほぐれて、4人が奏でる楽器一つひとつが見えてくるのは、呼吸が合うほどに4人が剥き身で音をぶつけあってからだろう。先行シングルの「Out of Control」のヘビーさは懐かしい感じさえあるけれど、このストレートな起点から枝分かれして多彩な曲が生まれて集まり、このアルバムになったのだと思い知る。11曲の中心にあるのも、偶然ではなかろう。同じく「Sick」は歪んだベースとギターのギリギリの掛け合いが、まさに“REVOLT”とも言うべきエナジーを作り出す。冒頭で書いたように、外に向けての反抗ではなく自分たちと衝突し革命的な変化を起こすための突破口が、この曲なのではなかろうか。現状突破とあらたな飛翔をこの曲は叫んでいる。

「村雨~」と対を成すように「朱い群青」は穏やかに未来への思いを歌う。だが未来は明るいだけものではなく、「Bog」で歌うように進むというのは困難と抱き合わせだ。歪んだベースとギターが迷路を描く「Predestined Lovers」は、ビートに任せて身体を揺らせていると光が見えてくるような起伏に富んだ展開が道なき道を思わせる。だが明るいトーンの歌とカラフルに変拍子の音が絡み合う「きらめきの花」は出口が近いことを感じさせ、「The Fool」で4人は自分たちの殻を破って飛び出してくる。どこへ向かっているのか。答えはツアーで見えてくるに違いない。

(今井智子)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人