MUNEHIRO SINGLE「ANKORA feat. KENTY GROSS」ディスクレビュー

ANKORA feat. KENTY GROSS

SINGLE

MUNEHIRO

ANKORA feat. KENTY GROSS

FAR EASTERN TRIBE RECORDS/ユニバーサルミュージック・ジャパン

2013.06.12 release

<CD>


男女のケンカがお題のEDMダンスホール・レゲエ登場!

MUNEHIROは、女優、タレントとして活躍する鈴木紗理奈が音楽活動するときのアーティスト・ネーム。彼女がひとたびマイクを握ると、ダンスホール・レゲエ・シンガーMUNEHIROとなるわけだ。長きに渡ってクラブなどでライブを行い、現場で実力を培ってきた彼女の作品は、これまでもしっかりとレゲエ層から支持されている。それだけ彼女は、音楽活動に対して本気で向かっているのだ。

そんなMUNEHIROが、前作「Singin’ with the Boyz」から約1年半ぶりのニュー・シングル「ANKORA feat. KENTY GROSS」をドロップ。サウンド・プロデュースを手がけるのは、なんとDAISHI DANCE。DAISHI DANCEといえば、ハウス系のDJ/アーティストだけに、ダンスホールとの組み合わせはかなり意外。だが、この意外性が「ANKORA〜」という楽曲を、より面白いものへと導いている。

壮大かつ伸びやかなイントロから一転し、ハードなEDMサウンドが鳴り響く。“あんこら”と連呼していく彼女のボーカルは実にパワフル。高速のリディムに乗せて歌われるのは、恋人への怒りをストレートにぶつけた、女性目線の歌詞。帰りが遅くてもメールをくれない、ふたりでいてもゲームやる、髪型やネイルを変えても気づかない、ヒールを履いてるのにペース合わせず歩く、浮気してるのか! などなど、日頃の不平不満をドカンと曲でブチまけているのだ。

男性にとっては耳の痛い話を、男代表としてフィーチャリングで受けて立つのが、大阪の人気レゲエDee Jay、KENTY GROSS。女性サイドの不満に対して、男の言い分も聞いてくれと言わんばかりにフロウしていくのだが、ちょいちょい反撃もまぜ、最終的には丸く収めようとする感じがとてもリアルじゃないか。曲が進み、仲直りしつつも、またケンカが始まるという展開もユーモラス。誰でも親近感の沸く歌詞だけに、普段レゲエに興味がない人も、とても入りやすいのではないでしょうか。痴話ゲンカ・アッパー・チューンで、ライブ会場がかなりの盛りあがりを見せることは間違いないでしょう。

そしてカップリングには、なんとプリンセス プリンセス「ジュリアン」のカバーが収録。原曲の持つ良いメロディ感を存分に活かした、ゆったりと心地よいアレンジが気持ちいい。MUNEHIROの歌の良さも伝わってくる、ナイス・カバーとなっている。そして、もう1曲は、J-REXXXがフィーチャリングで参加のセルフ・カバー「Stand Up!」。悲しみの中から、熱い気持ちで立ち上がっていこうという思いを、彼女とJ-REXXXが穏やかに力強く歌う。負けてたまるかという聴き手の心を、後押ししてくれるナンバーとなっている。

アゲアゲのパーティ・チューン「ANKORA〜」に始まり、名曲のカバー、そして人に力を与えてくれる楽曲と、アーティストMUNEHIROのスタンス、彼女の人間性が伝わってくるシングルと言っていいだろう。

(土屋恵介)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人