plenty ALBUM「this」ディスクレビュー

this

ALBUM

plenty

this

headphone music label

2013.05.29 release

初回限定盤 <CD+DVD>
通常盤 <CD>


しなやかでフェミニンなplentyの神髄が封じ込められた2作目

 江沼郁弥と新田紀彰のふたりによるこのplentyに対し、個人的に最も魅力を感じるポイントはそのフェミニンな音の感触だ。エモーショナルな展開を多く含んだ曲が多いこともあり、彼らの作品からは例えばシガー・ロスあたりを想起させられることも多い。無論、シガー・ロスほどオーケストラルだったりポスト・ロック風だったりはしないが、しかしながら、それはつまりマスキュリン的な要素が実は希薄であるということなのではないかと思うのだ。そして、それがplentyというバンドの音楽の持つしなやかさ、センチメントの源にあるのではないか、とも……。

 この2ndフルとなるニュー・アルバムを聴いて実感したのもそうした点だ。バンドとしての躍動感やフィジカルさはこれまで以上にある。だが、推進力になっているのは柔らかで繊細なボーカルであり、光に透ける絹糸のようなギター・サウンド……すなわち男性的な雄々しさを抑制したようなフェミニンなタッチ。かつてシガー・ロスのメンバーに取材をした際、彼らは「ロック・バンドはマッチョなもの、という認識がイヤで仕方ない」と話してくれたことがある。このplentyの新作の中にも、音の隙間からそんな声にも似た主張を感じることができるのだ。もちろんナヨナヨしているということではない。むしろ、しなやかでフェミニンな音の中の強さを彼らは知っているのではないだろうか。

 彼らのリリックの多くは生きることへの希求をはらんでいる。例えば、今回のアルバムでも「よろこびの吟」で“キミは生きている/声をあげているんだ”などと直接的な言葉で刻み、「somewhere」では“うまれ つらなり はなれて そっと消えてゆく”と輪廻転生のような思いを綴る。ただ、そうしたしなやかな音の中に練り込まれたよどみのない生への願いにこそ、人間の根源的なパワーがあることを彼らは本作で伝えようとしているのではないかと思うのだ。

 ジャケットのアートワークのテーマは“静かな爆発”とのこと。生命の輝きが静かに爆発する瞬間がここにある。

(岡村詩野)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人