ケツメイシ SINGLE「月と太陽」ディスクレビュー

月と太陽

SINGLE

ケツメイシ

月と太陽

avex trax

2013.05.22 release

<CD+DVD> 写真
<CD>


絶妙のバランス感覚が生む、あらたなサウンドへの可能性

“クラブで聴いて踊れるサウンド”に焦点を合わせ、EDMを中心とした快楽的なビートと強烈な音圧に特化した大変身作『KETSUNOPOLIS 8』の次のシングルだから、今度はどうなるんだろう? と、聴く前からワクワク。結論からいうと、その路線を推し進めるより、一歩下がった余裕を持ってより多くの人の耳に馴染みやすい曲を出してきたな、というのが第一印象。ゴールデンタイムのテレビ朝日系木曜ドラマ「ダブルス」エンディング・テーマということを考えればそれも当然で、このへんのさじ加減というか、“やりたいこと/求められること”“先鋭的なもの/一般的なもの”との間でバランスを取るのが、昔からケツメイシは抜群に巧かった。『8』の中では、しいて言えば「moyamoya」に近いサウンドで、よりテンポを遅くしたおかげで包容力ある歌のメロディ、ストレートな熱さを伝えるラップの個性がより際立ち、見事にテレビ映えする楽曲に仕上がっている。

 が、ヘッドホンでよく聴き返すと、細部へのこだわりはさすがケツメイシ。深いリバーブのかかったピアノとストリングスに、寄せては返す波のような様々なシンセ音のループが心地よく、柔らかく浮遊する効果音の中心に、力強い4つ打ちのビートがでんと座って全体をビシッと引き締める。これは決して『8』からの後退ではないと、聴き込むほどに納得できる、非常にムードのあるトラックだ。

 歌詞においても、過去最高にメッセージ性の高かった『8』からの流れは引き継がれている。“太陽/月”という対照的な存在をモチーフに、人はすべて個性の異なる生き物であり、時に“光/陰”の関係になろうとも僕は君を愛し続けるという、人と人の愛情やコミュニケーションをテーマにしたケツメイシらしい人間洞察は、相変わらず冴えている。

 カップリング「Make & Break」は、今どきのエレクトロというよりは、80’sのエレクトロ・ポップを思い出す懐かしい感じのフレーズが心地よい、明るい曲。「Good morning」はこのシングルの中で最もBPMが速く、かわらしいキッズ・コーラスも入った明るく爽やかな曲。もしかしたら『KETSUNOPOLIS 9』は、こんなふうに開放的でよりポップな方向に向かうのかもしれないと想像しつつ、何年たっても進化の意志を持ち続ける4人の姿を本当に頼もしく感じている。

(宮本英夫)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人