百々和宏 – MO’SOME TONEBENDEの百々和宏がソロ2作目『ゆめとうつつとまぼろしと』を発表。今作について、“バンド”と“ソロ”の自らの立ち位置について聞いた。

百々和宏

爆音ロックの雄・MO’SOME TONEBENDERのボーカル&ギター百々和宏が、訥々とした弾き語りや穏やかなロックで歌を聴かせた衝撃的な初ソロ・アルバム『窓』から1年、続編とも言うべき『ゆめとうつつとまぼろしと』を完成させた。若い頃の夢や今の日常を飄々と歌い、向井秀徳とのコラボから山口百恵のカバーまで、意外に幅広い手の内を、肩の力を抜いて見せている。バンドマンだからこそ作れた、この味わい深いソロ作について、心置きなく語ってもらった。

INTERVIEW & TEXT BY 今井智子

もっともっと気楽にやりたいなというのがありまして

──ソロ1作目の『窓』から約1年、2作目『ゆめとうつつとまぼろしと』完成おめでとうございます。MO’SOME TONEBENDERの百々和宏とは違ったソロ・アーティスト百々和宏としてのスタンスがつかめたような作品だと思いました。

(笑)もっと力抜いていいんだってわかったんですよ。前作『窓』は、今にして思えばですけど、けっこう根詰めて気合い入りまくってたんですよね。自分の中にあるものを全部出してやろうみたいな。それがよかった部分もあるし、ちょっと視野が狭かったかなあというか、そのあとにライブをバンド、テープエコーズ組んで始めたじゃないですか。そうするとほかのメンバーのキャラも含めて、すごい明るい雰囲気なんですね。『窓』が密室感があったんで、もっともっと気楽にやりたいなというのがありまして、そのへんが曲作りに影響を与えてます。

──『窓』は、ソロということでなく作り貯めていた曲が多かったんですよね。

うん、まあ、モーサムのボツ曲とかね。

──今回は、このソロに向けての書き下ろし?

そうです。

──曲の成り立ちから、今作と前作は違う?

うん、全然違う。前作のときみたいに、録音の音がどうとか、技術的にどうとか、考えてないですね。

──『窓』は考えてたんですか?

考えてた。こだわりの機材使ったりとか、けっこう手間隙かけて作ったんですけど、そんなもんじゃねえなと思いまして。もっと軽く、家の中でポロロンと弾いたようなヤツが今回たくさん入ってるし。音も、カセットのMTR(マルチトラックレコーダー)で録ったぐらいの音質でもいいやと思って。

──(笑)ローファイってことですか。

前のもローファイっちゃあローファイだけど、もっと距離感が近いというか……。

──やはりテープエコーズの存在が大きいようですね。

ソロ名義で初めて、アルバムのレコ発ツアーみたいのをひとりでやるか、やらんでもいいかぐらいの感じだったんですけど、テープエコーズというバンドを組んで、いざやりだすとね。メンバーともっともっと音出したくなるし、ありがたいことにファンも来るようになったし、それはモーサムと違うチャンネルとして認知度が高まってきたんで、これはこれで。テープエコーズというバンドは、いい感じで仕上がりつつあるなという感じ。

──そもそも、どうして『窓』を作ろうと思ったんですか?

ボツ曲がたくさんあって、もったいないから(笑)。本当はね、いつやろうかなとタイミングを測りつつ、いつやればいいか自分でもわかってなかったんですよ。モーサムが売れたときにやろうと思って。じゃないとソロなんか売れるわけないんで。そしたらいつまでもそのタイミングが来ない(笑)。ヤバいな、もう出そうかなと思って(笑)。

モーサムでは出せない部分というのが少なからずある

──バンドを離れての個人としての作品を出したいと思ってたわけは?

やっぱりモーサムの中にいると、バンドマンでギタリストで、という感じですけど、つねに3分の1なんで。なかなかモーサムでは出せない部分というのが少なからずある。それは出したいなという欲求は、いつもあったんですね。

──それは歌詞、それとも曲?

どっちも。モーサムじゃパーソナルなことをストレートに出すことはしない。意外に考えるんですよね。無意識的にというのが強いですけど、多少は口べたな武井(靖典)と(藤井)勇のふたりの代弁しなきゃという気持ちになるというか。そういうのを取っ払ったら、こういう感じになったというところでしょうけど。

──モーサム用と思って作った曲でもソロ的な曲が出来てしまい、お蔵入り、みたいな?

そうですね。そういう曲だなとわかっていても、皆でデモを持ち寄るときに提案するんですけど、ソロ作品に入ってるような曲は、ほぼ漏れるんで(笑)。使い方としては、ハードな曲が増え過ぎたから箸休めに入れようみたいな。そういう使われ方しか基本的にしないんで、お前らボツにするけどなあ、ちゃんと作ったらいい曲になるぞっていうのも(笑)。そういう思いは個人的にはあるんですよ。そういう曲は、これからもソロで使えるなあというのはありますね。

──逆にソロで発表した曲をバンドにフィードバックするとか?

そこまで自由が利くバンドじゃないんで(笑)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人