sleepy.ab – アルバム発売を記念した“neuron tour”。漂う心地よさだけでなく、熱気にも溢れていた、地元・北海道での貴重な公演をレポートする。

sleepy.ab

昨年6月にドラマーが脱退し、バンドとしての岐路を迎えたsleepy.ab。存続が危ぶまれた時期もあったというが、「アンドロメダ」という楽曲が出来たことをきっかけに、ツアー・タイトルでもあるアルバム『neuron』を作ることができたという。彼らが生み出すあらたなサウンドに酔いしれた一夜をレポートする。

TEXT BY森 朋之 PHOTOGRAPHY 古渓一道


ww_tokusyu_sleepyad_05

 今年2月にリリースされた『neuron』は、sleepy.abにとって大きな意味を持つアルバムだった。ドラマーの脱退をきっかけにしたバンド存続の危機を乗り越え、これまでの“夢のような浮遊感”だけではなく、気分を引き上げてくれる高揚感を加えた本作によって彼らは、新しいバンドに生まれ変わったと言っても過言ではない。そのことは彼らの地元で行われたこの日のライブ(全国ツアー“neuron tour”の終盤、札幌公演)でもダイレクトに示されていた。
 オープニング・ナンバーはアルバム『neuron』のテーマである“脳内宇宙”を象徴する「アンドロメダ」。宇宙空間に漂っているような感覚とザワザワとした刺激が共存するこの曲が放たれた瞬間、sleepy.abのサウンドがさらに研ぎ澄まされていることが伝わってくる。その最も大きな要因は、サポート・ドラマーの鈴木浩之(ex.ART−SCHOOL)。シャープなフレーズと圧倒的なパワーを兼ね備えた彼らのドラムは間違いなく、このバンドのパフォーマンス能力を大きく進歩させていた。その効果は「アクアリウム」「インソムニア」といった既存の代表曲にも及び、心地よい浮遊感と強いダイナミズムが絶妙に絡み合っている。バンドのグルーヴそのものが音楽の世界観に直結するこの感覚は、このバンド以外には絶対に味わえないと思う。
「undo」「earth」などのサイケデリアに彩られたナンバーも強く印象に残った。エフェクティブな音色を駆使しながら(「earth」におけるテルミンの演奏もめちゃくちゃ気持ちいい)、アンサンブルの可能性を大きく広げていく山内憲介のギター、楽曲のボトムを支えつつ、繊細なメロディ・ラインを描き出す田中秀幸のベースがゆったりと溶け合い、オーディエンスの脳と身体を揺らす——この光景もまた、sleepy.ab特有のものだろう。

ww_tokusyu_sleepyad_07

 ライブ中盤では成山剛のボーカルに心を奪われるシーンが続いた。個人的にもっとも強烈だったのはアルバム『fantasia』の収録曲「なんとなく」。穏やかに漂うようなサウンドのなかで“君の胸の奥に 誰にも言えなかった言葉が溢れて いつも一人で見ていた”というフレーズが広がっていくこの曲は、sleepy.abの表現の本質——人が抱える根本的な孤独を映し出す——を表している。表現力を増した成山の歌によって、そのことを改めて実感することができた。
 キラキラとしたメロディが印象的な「torus」からは、「メロディ」「マザーグース」といった彼らのキャリアを代表するナンバーが次々と披露され、会場のテンションも徐々に上がっていく。その頂点は“多幸感”という意味を持つ「euphoria」。4つ打ちのリズムをベースにしたダンス・ミュージック感覚に溢れたアレンジ、サビに入った瞬間に心地よく開放されていくボーカル・ラインによって、オーディエンスがゆったりと身体を揺らし、手を上げている。“ひとりきりで世界に没入する”という性格を備えているsleepy.abの音楽がライブという場所において、お仕着せの盛り上がりとはまったく違う、きわめて自然発生的な一体感を生み出していく。それは質の高い音楽だけに許された、本当に幸せな場面だったと思う。
 ライブ後半のMCのなかで成山は『neuron』に至るまでの経過をゆっくりと話した。メンバーが脱退してからはバンドの活動がうまくいかず、「このまま終わってしまうのかな」と思っていたこと。そんななかで制作を再開し、満足できるアルバムを作れたこと。そして、このツアーのなかで、音楽を続けていくあらたなモチベーションを獲得したこと。そう、sleepy.abは“neuron tour”を通して、自らの新しいストーリーを紡ぎ始めたのだと思う。
 7月11日(土)にはCharaとの対バンライブも決定(渋谷O-EAST)。アルバム「neuron」を経て、既に次の場所に向かって進み始めているsleepy.ab。そこで奏でられる新しい音楽が楽しみでしょうがない。

ww_tokusyu_sleepyad_09

ww_tokusyu_sleepyad_06

SETLIST

01.アンドロメダ
02.アクアリウム
03.インソムニア
04.undo
05.夢の花
06.earth
07.darkness
08.spinal code
09.なんとなく
10.街
11.around
12.torus
13.ハーメルン
14.メロディ
15.マザーグース
16.cradle song
17.トラベラー
18.sonar
19.euphoria
20.Lost

ENCORE
EC1. 24
EC2. Scene

DISC INFORMATION

ALBUM 2013.2.6 release
『neuron』
musica allegra

ww_tokusyu_sleepyad_04

LIVE INFORMATION

“Who Was In My Mirror?”
日程:7月11日(木)
会場:渋谷O-EAST
時間:18:00開場/19:00開演
出演:Chara

“ROKKO SUN MUSIC 2013 〜Music Shower from the Sun!〜”
日程:7月14日(日)
会場:六甲山カンツリーハウス内 特設会場
時間:11:00開場/12:00開演
出演:bonobos、Caravan、Johnson’s motor car、NONA REEVES、在日ファンク
特設サイト http://www.rokkosun-music.com/

“JOIN ALIVE”
日程:7月27日(土)
会場:北海道 いわみざわ公園
特設サイト http://www.joinalive.jp/

PROFILE

スリーピー/成山剛(vo、g)、山内憲介(g)、田中秀幸(b)。北海道在住。’12年2月にシングル「アンドロメダ/Lost」をリリース。6月に、津波秀樹(ds)が脱退し、3ピース・バンドに。

関連リンク

sleepy.ab OFFICIAL WEBSITE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人