the telephones – ニュー・アルバムのタイトルは『Laugh,Cry,Sing… And Dance!!!』。まさに彼らのスタイルそのものの、この作品を4人が語った。

the telephones

笑って、泣いて、歌って、そして踊って。初のシングル「Keep Your DISCO!!!」を含むニュー・アルバム『Laugh,Cry,Sing… And Dance!!!』は、メンバー自身の姿勢、生き方、キャラクターが濃密に反映された作品となった。あらゆる感情をムキ出しにした極上のダンス・チューンをたっぷりと体感してほしい。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之

今のテレフォンズ=笑い、泣き、歌い、踊る!

——ニュー・アルバム『Laugh,Cry,Sing… And Dance!!!』、素晴らしいです。テレフォンズらしさがたっぷり詰め込まれていて、めちゃくちゃ気分がアガあります。

長島涼平 おー、ありがとうございます!

石毛 輝 恐縮です(笑)。

——このタイトルも、まさにテレフォンズそのものですよね。

石毛 そうですね、セルフ・タイトルみたいなアルバムにしたかったので。友達のバンドがセルフ・タイトルのアルバムを出すって聞いたから、「これはかぶるな」って。

長島 同時期に(セルフ・タイトルのアルバムを)出すのは危ないね(笑)。

石毛 キャリアも一緒くらいというか、デビュー・タイミングがほぼ一緒なんですよ。ちょうど「そろそろセルフ・タイトルを出すタイミングだな」って考える時期だったと思うんだけど、今回じゃないなって。で、最近のテレフォンズを表わす言葉を考えたときに、この4ワードが象徴的かな、と。なんて言うか、自分たち本来の感じが出せたんですよね、今回は。「テレフォンズって、こんな感じだよ」って言えるアルバムになったので。

長島 やってる最中は「これこれ!」っていう感じで自然にやれてた部分が大きくて。で、出来上がってみると「これ、テレフォンズだな」と思えたというか。

——自分で聴いてても楽しいアルバムになりました?

石毛 そうですね。結構聴いてるし。

長島 俺も聴いてますね。最初にこのアルバムを聴いて、そっから前のアルバムにさかのぼっていって、最後にまたこのアルバムを聴いて、「うん、やっぱりこれで良かった」って(笑)。

松本 さかのぼって聴いてると、恥ずかしくなったりもするけどね。

岡本伸明 ……でも、昔の音源持ってないからな。

松本 知らねえよ(笑)。

石毛 自分たちの音源を持ってないってすごいね。買えよ、自腹で。

長島 いや、プロ意識が高いのかも。過去を振り返らないっていう。

リラックスしてのぞんだアルバム制作

——(笑)アルバムの制作はどうでした?

石毛 特に変わったところはないんですけどね。制作日程も巻いて終わっちゃったくらいなので。メジャーで4枚目、インディーズから数えると5枚目のアルバムだから、みんなも作り方がわかってきたというか。前作(アルバム『Rock Kingdom』/‘11年10月リリース)はアレックス(・ニューポート/アット・ザ・ドライヴ・イン、デス・キャブ・フォー・キューティーなどを手がけたことで知られるエンジニア兼プロデューサー)と一緒にニューヨークでレコーディングしたんですけど、今回は日本だったので、かなりリラックスしてましたね。

長島 うん。

石毛 こうやって普通に話すような感じでレコーディングが進んでいったので。殴り合いのケンカをすることもなく。

長島 したことないけどね、そんなケンカ(笑)。

石毛 (笑)朗らかっていうか、楽しくやってたんですよ、とにかく。ニューヨークでやったときは、まず誠治くんが時差ボケからのスタートだったし。アレックスもすごく細かい人で、いろんな指摘をされて……。ドラムだけで1週間かかったよね?

松本 とにかく眠気との戦いと体調の調整が大変で。それもすごく面白かったんですけど、今回は最初から元気だったというか(笑)。レコーディングの初日は記録的な大雪でしたけど

石毛 ニューヨークで得たもの、アレックスから教えてもらったことを自分たちのなかでちゃんと消化できたっていうのもあったし。あと、去年はライブをすごくやったから、個々の演奏力も上がったと思うんですよね。そういうことを全部含めて、本当にスムーズでした。

——メンバー全員の“the telephonesとはどんなバンドか?”という認識もさらに近くなった?

石毛 うーん……。たぶんそれって、人間性の話だと思うんですよね。こうやって会話してる感じだったり、それぞれの人間性だったり。そういうことが自然と音楽にリンクしていったんですよね、今回は。「絶対にリンクさせなくちゃいけない」っていうわけでもないんだけど、4人の人間性と楽曲の距離が近くなって、人間くささが出てるんじゃないかなって

長島 石毛さんだけじゃなくて、ほかのメンバーが自分を出しやすい空気作りができてたんですよね。切羽詰まった状況とかも、1回もなかったし。

石毛 そうだね。いつもはもっと追い込まれてたから。

長島 スケジュールが詰まったりとか。今回はその辺のバランスも良くて。録ってるときも楽しかったですからね。ほかのメンバーの演奏を聴いてるのも楽しかったし。

石毛 そういう雰囲気が今回のアルバムの曲に合ってたんですよね。曲に合った録り方をした方がいいと思ってるんですよ、最近。シリアスな曲の場合はシリアスな空気のなかでやったほうがいいと思うけど、今回は「ウェ〜イ!」っていうか(笑)、ハッピーな感じだったから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人