大人気読者モデル・三戸なつめがついにメジャー・デビュー!

大人気読者モデル・三戸なつめがついにメジャー・デビュー!

三戸なつめ

青文字系雑誌の読者モデルとして活躍中の三戸なつめが、中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースの元、ついにメジャー・デビュー! 前髪がチャーム・ポイントな彼女のデビュー・シングルのタイトルこそが「前髪切りすぎた」。なんとも斬新かつ、彼女らしさが存分につまった今作について話を聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY 恒川めぐみ


「私は遠くにいったりしないよ」


──シングル「前髪切りすぎた」でメジャー・デビューされましたが、音楽活動は昨年からスタートしていたんですよね?

三戸なつめ 今の事務所に入るときに、読者モデルのお仕事以外に、シンガーにも憧れていたんです。それでボイス・トレーニングを受けるようになってから歌の本当の楽しさを実感して、音楽をもっと勉強したいと思ったんです。

──それでライブも重ねて。

三戸 はい。この間(2月21日)には誕生日ライブもやったんですけど、ファンの方たちからサプライズしてもらって、すごく楽しかったです! 最後の曲で音が流れなかったので「やばい、音響トラブルだ!」って焦ったんです。そうしたら、みんなで「誕生日おめでとう!!」って言ってくれて、ファンの方たちが買ってくれた大きなバースデー・ケーキまで出てきて。私には内緒で、事前にスタッフさんたちに相談してくれていたみたいです。他にも、別のイベントに集まったお客さんにもわざわざ声をかけて、寄せ書きを用意してくれたり。すごく感動しました。

──素敵なファンですね!

三戸 とても心強いです。そういう身近な関係は、アーティストになっても続けていきたいなと思っています。メジャー・デビューとなると、不安になる人もいると思うんですけど、「私は遠くにいったりしないよ」と言えるようになりたいです。みんなで一緒に新しい世界を歩いていきたいので。

──今回は中田ヤスタカ(CAPSULE)さんのプロデュースですが、「前髪切りすぎた」は、三戸なつめさん等身大の曲になっていますね。

三戸 そうなんです。初めて曲をいただいたときは「えっ。もしや、私のことですか!?」っていう曲との出会いでした!(笑) 自分では特に“切りすぎた”とは思っていないんですけど(笑)、歌詞を読んでいくと、“私は私らしくいていいんだ”と思えるような言葉がたくさん入っていて。ヤスタカさんが私の想いまで考えて書いてくださったんだなぁって、うれしくなりました。

まさかそれがメジャー1stシングルになるなんて思ってもみなかったです(笑)


──中田さんとタッグを組むきっかけは、
映画『恋する♡ヴァンパイア』なんですよね?

三戸 そうです。その主題歌が、このシングルに収録している、ポップなサウンドのなかにも哀愁が漂っている「コロニー」なんですけど、私がヤスタカさんの曲を歌えるなんて感激でした。それからトントンとデビュー・シングルの話が進んでいって。でも音楽的な話よりも、ごく普通の世間話や、どんなものが好きか、というラフな会話をしましたね。そこで「昔から前髪は短いんです」って言ったので、それが“こうゆう風景は ずいぶん前に さかのぼる”という歌詞にしてくださったんだと思います。

──何気ない会話のなかから、三戸なつめさん像を汲んでくださったんですね。ちなみに、今の前髪スタイルはどのくらい前から?

三戸 中学生の頃からなので、もう10年以上前からです。でも、まさかそれがメジャー1stシングルになるなんて思ってもみなかったです(笑)。この間ラジオに出たときに、前髪のことを歌っている女性アーティストは結構いらっしゃることを知ったので、いろいろ調べて聴いてみたんですよ。でも、こんなに笑えるユニークな曲は見当たりませんでした(笑)。しかも私の内面も歌っているので、三戸なつめだけの“前髪ソング”だな、と。だからテンションも上がりますし、自信を持って歌えます。ちなみに、ライブでタイトルを言うと、絶対に笑いが起こるんですよ(笑)。でも、その空気感がすごくいいなと思っていて。一気に場が和むし、お客さんと私との距離感も縮まるので。

──ところで、このMVは、かなりバリエーションが多いんですよね?

三戸 そうなんです! 公開は順次なんですけど、全部で11種類(笑)。どの作品もだいぶ面白いですよ。それぞれ監督さんが違うので、1本1本が本当に個性的で制作が楽しすぎました。もっと作りたい!

──そのなかで、特にツボにはまった作品は?

三戸 どれも超オススメなんですけど……しいて挙げるなら「落書き篇」かな。自分の顔がほぼわからなくなるぐらい、絵が施されていたり、曲が耳に入らなくなるぐらい物語に引き込まれると思います(笑)。最初はこんな展開になるとは想像していなかったので、完成してから私やスタッフさんを含め、場がザワつきました(笑)。でも全部、予想以上にいいものが上がってきたので、11種類、全部を見てほしいです!

──今後、三戸なつめ×中田ヤスタカ(CAPSULE)のタッグでは、どんな世界観を作り出していきたい?

三戸 たくさんの人が聴いて、見て、クスッと笑えるようなちょっと面白い作品をどんどん作っていきたいです。笑うと、みんなが幸せになれますから。そして「三戸なつめって、次は何をやるんだろう?」と、ワクワク・ドキドキしてもらえるアーティストになりたいですね。

──すでに次作のイメージも膨らんでいたり?

三戸 さすがにそれはまだなんですけど(笑)、次は私のおでこをモチーフにした曲を歌ってみたいですね。私、前髪の生え際のど真ん中にホクロがあるんですけど、この歌をうたいたい! タイトルは「際(きわ)ぼくろ」かな(笑)。よし、ヤスタカさんに相談してみよう!


リリース情報

2015.04.08 ON SALE
SINGLE「前髪切りすぎた」
Sony Music Associated Records
T-150403-BA-1755[CD]¥1,300

詳細はこちら

オフィシャルサイ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人