柔道、空手、忍者!? どこからツッコめばいいやら、世界の「武道」MV

TEXT BY 齋藤奈緒子

日本武道への愛があるのはわかるんですけど……

外国人の、日本の武道への憧れというのは、私たちが思う以上に強いようで、ミュージック・ビデオにも、空手、剣道、柔道などをネタにしているものが結構存在します。でも大概が、演出なのか思い込みなのか、大変ツッコミどころ満載な仕上がりに……。というわけで今回は、脱力・モヤモヤ・苦笑、世界の武道ネタミュージック・ビデオ集をお届けします。

▼剣道で蹴ってはいけません

こちらは全編に剣道をフィーチャーした、イギリスのシンガーソングライター、アレックス・クレアの「Too Close」(2011年)。人気プロデューサーのディプロ&スウィッチがプロデュースし、全英4位、全米7位まで上りつめた大ヒット曲のビデオなのですが、剣道なのに靴をはいているところからすでに違和感。さらに背後からジャンプして打ってるわ(もちろん反則)、回し蹴りは入るわの自由すぎる展開に……! 防具を着けてこのアクションはすごいんですが。ちなみに本人はサムライが斬り合うミュージック・ビデオにしたかったんだけど、予算がなくて剣道になったそうです。

▼コレジャナイ感満載の空手

海外でいちばんよく知られる武道と言えば、やっぱり空手。男女の空手家が音楽に合わせてアクションを繰り出す、カナダの人気ポップ・バンド、ザ・ニュー・ポルノグラファーズの「Your Hands (Together)」(2010年)。最近は「ミュージック空手」といって、音楽に合わせて型を演舞するジャンルがあるそうですが、これはそれを知ってて作ったのかどうか(お尻ブルブルダンスとかしてるし)。日の丸ハチマキの美女と和太鼓、そして忍者軍団まで登場するこのビデオ、個人的には道場の壁の「スティーブストン柔道クラブ」「ザニューポルノグラファーズ」の微妙な書道がじわじわ来ます。最後、忍者走りで去る忍者軍団を、通行人のおばあちゃんが見つめてるショットが最高。

▼これはちゃんと柔道してます

お次は柔道。カザフスタンのバンド、мой любимый sputnik の「Утро」(2013年)。2014年のアジア競技会で銅メダルの美人柔道家、カザフスタンのマリアン・ウルダバエワが出演しており、投げるシーンが美しい! スローな曲に武道というのが新鮮です。なぜ最初の技が裏投げなのか、なぜバク転しているのかは謎ですが、これは柔道経験者も納得できるビデオでしょう。バンド名が村上春樹「スプートニクの恋人」のロシア語版と同じだし、日本好きなバンドなんでしょうか。

▼ちゃんと空手しようか……

最後にお届けするのは、アゲアゲEDMを得意とするDJ/プロデューサーのふたり、オランダのR3hab(リハブ) とLAの KSHMR(カシミア)のコラボ曲「Karate」(2014年)。見どころは、タイトルが「空手」にも関わらず、一切空手してないこと。美女が障子の部屋で刀を振り回したり、相撲らしきものをしていたり、日本語で「プレワークアウト」「準備し始める」などの字幕が出たりと日本的な要素はあるのですが、後半は美女たちのシャワー・シーンがメインのただのお色気ビデオになっていき、ほとんどの人がツッコむのをあきらめるはず。

と、こんな風に世界中で謎のモヤモヤ武道ミュージック・ビデオが作られているのですが、細かいところは置いといて、武道への憧れとリスペクトだけは伝わったのではないでしょうか!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人