【前編】過去の自分に挑戦状を叩き付ける、OLDCODEX最新作『pledge』

【前編】過去の自分に挑戦状を叩き付ける、OLDCODEX最新作『pledge』

OLDCODEX

〈OLDCODEX Tour 2015 “ONE PLEDGES”〉を控え、発表されたミニ・アルバム『pledge』。ライブの即戦力になること間違いなしの同作について、Ta_2(vo)とYORKE.(painter)が語ってくれた。

INTERVIEW & TEXT BY ジャガー


武道館の余韻に浸ることなく(笑)


──2月に開催された〈OLDCODEX “Capture” 2015 in Budokan〉の最後に、ミニ・アルバム『pledge』収録の「Eyes in chase」ミュージック・ビデオ(以下MV)を公開。ということは、かなり早い段階から『pledge』は制作されていたのでしょうか?

Ta_2 去年から徐々に動き始めてはいたから、取り掛かりは早かったですね。「Eyes in chase」のMVは、忘れもしない1月4日に撮影があって。

YORKE. 「あけましておめでとう。では早速……」だったからね。

Ta_2 あと、新年明けて「Lost before」のアレンジを担当してくれた小山(寿)さんに「ごめん、ここなんだけど……」って、レーベルの新年会中に話し込んだりもしてたなー(笑)。

YORKE. 正月気分はあんまりなかったね(笑)。

Ta_2 で、武道館のリハーサルとかを挟みつつ、ライブが終わって一気に加速したかな。2日か3日後ぐらいには「physical」のフルサイズの歌録りをしてました。

YORKE. 着々と入稿も進んでいってね。実は今日〈OLDCODEX Tour 2015 “ONE PLEDGES”〉のツアー・パンフレットの撮影もしてきたんだよ。

Ta_2 武道館の余韻に浸ることなく(笑)。

「次、ミニ・アルバム出るんでよろしくお願いします!」


──(笑)。『pledge』リリース後、すぐにツアーも始まりますし、そのぐらいのスピード感が求められるのかもしれませんよ。

YORKE. ただ、今日渋谷の街中で撮影したんだけど、武道館の直後だし、人が押し寄せて大変なことになるんじゃないかとスタッフもかなり心配してくれてたのに……。

Ta_2 ゼロ! 誰にも声かけられない。どこでも歩けるじゃん! って状況でした。

YORKE. センター街から東急ハンズまで行ったのにね。

Ta_2 攻めたよねぇ。俺たちもまだまだだな、よし、頑張っていこう! って気合いが入りましたよ(笑)。

YORKE. なんかさ、普段ひとりで歩いてるほうが声かけられない?

Ta_2 わかる! 今日はふたり揃ってせっかくきれいなおべべ(衣装)を着ながら歩いてたのに。

YORKE. 自分たちでフライヤーでも持って「次、ミニ・アルバム出るんでよろしくお願いします!」ってやんないとだめだね。

弱い部分も受け入れていかないと前に進めない


──では、その『pledge』のお話を(笑)。ミニ・アルバムという形態は久しぶりですね。

YORKE. 当初はタイアップの話もなくて、シングルを越えて何かチャレンジしようよって話をしてるなかで、ミニ・アルバムという形態に落ち着いて。

Ta_2 なんか自分たちの作品を見返したときに、2ndミニ・アルバム『FLOWER』で攻めたことできたなって。だったら、今回もまたそういうことができたら面白いんじゃないないかと。自分たちで自分たちに挑戦状を叩き付ける感じで。

YORKE. その後に、TVアニメ「キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎」オープニング・テーマのお話もいただいて。最初、「physical」は別の機会にリリースするのもいいんじゃないかって話もあったんだけど、せっかくなら一緒に出したくて。

──どの楽曲にも個性はありますが、作品全体を通して、自分自身と対峙し、懸命に今を進んでいく姿勢が描かれていますね。

Ta_2 やってみたかったんですよね。ひとつテーマを掲げて、楽曲と向き合うという作り方を。何かのタイミングでYORKE.が“これだというテーマを持って、(曲と)向き合えたから作れたんだ”って話をしていて、その言葉がすごい残ったんですよ。で、俺も今これをしなきゃいけないと思って。

YORKE. ベルリンの壁を若者がぶっ壊すシーンあるでしょ? このミニ・アルバムの歌詞を書いてるときとか、曲を作ってるときって、その瞬間に近い気持ちだったんじゃないかな。あれは壁がなくなることで、弾圧から開放されるっていう。そういう感覚って、時代や環境が違っても誰にでも当てはまることなんじゃないかなって。俺もそうだし。

──たしかに、人それぞれ希望であり、描く未来は違っても、そこへ向かっていきたいと願いますね。

YORKE. 今の年齢になって書けた言葉なんだよね。やっぱり歳を重ねることで、経験も増えて、弱い部分も受け入れていかないと前に進めないんだなって気づけたから。それってこれまでの失敗が人としての“深み”として蓄積されてるんですよ、きっと。例えば、何か困難に出会ってしまったとき、解決の方法はひとつじゃないってこともわかってきたし。ただ、やれることはひとつだったりしますよね? 目の前にあることをやるだけっていう。そういう俺が経験したことで伝えられることを今回は特に届けたいと思った。

後編は2015.04.02公開


好評連載中

ocd_b-1「How’s it going?」はこちら


リリース情報

2015.04.01 ON SALE
MINI ALBUM『pledge』
Lantis

J-150319-YS01

[CD+DVD]¥2,800+税

詳細はこちら

*****

2015.06.10 ON SALE
SINGLE「タイトル未定」
Lantis
[初回限定盤/CD+DVD]¥1,800+税
[通常盤/CD]¥1,300+税
詳細はこちら


ライブ情報

OLDCODEX Tour 2015 “ONE PLEDGES”
 詳細はこちら 

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

  • ジャガー

    ジャガー

    「M-ON! MUSIC」の編集/ライター/小言を言う係。音楽フリーペーパー「music UP's(現okmusic UP's)」の編集を経て、音楽雑誌「ワッツイン」へ。前身サイト「DAILY MUSIC」 への参加をきっかけにWEBの人になりました。