春休みの思い出にいかが?一度は行ってみたい個性的な原宿のアイドル・カフェ

TEXT BY 諏訪圭伊子

ライターが原宿のアイドル・カフェに行ってみた!

アイドルのライブやイベントに参戦するため、春休みに東京遠征を計画している人も多いのではないでしょうか。アイドル・カルチャーにおいて、東の代表は秋葉原ですが、西の代表は原宿。アイドル・ショップが数多く立ち並び、スカウトやストリート・スナップなども頻繁に行われている原宿は、アイドルや芸能が好きな女子なら、ぜひ練り歩いてほしいエリアです。ここでは、そんな原宿で行ってみたい、個性的なアイドル・カフェを紹介しましょう。

『チェンカフェ』

C-20150328-MK-1904

男装アイドル・ユニット“風男塾”プロデュースのカフェ。ウッディでカントリー調の店内には、風男塾の衣装や写真が飾られています。残念ながらご本人たちが接客はしてくれませんが、彼らに負けずとも劣らない男装の店員さんが、お客さんをお出迎えしてくれます。

C-20150328-MK-1907C-20150328-MK-1906線の細い美少年(?)が、細やかな気配りでもてなしてくれるこちらのお店、オーダーした『アーモンドラテ』には「ようこそ」なんて字が書いてあったりして、特別なコーヒーをもらった感じであったかい気分にさせてくれます。さらに、『ケーキセット』(1000円)をオーダーすると、「女子が言われたい20の言葉」という殺し文句集の中から、好きな台詞を言ってもらえるというサービスが。私は「好きなんだよ、気付けバカ」というのを言ってもらったのですが、ちょっと照れた美少年に真正面から告白を受け、嘘とは重々知りつつも、しばらくまともな判断ができないくらい舞い上がってしまいました。なんちゃってモテキ、到来……!

C-20150328-MK-1905そんなバーチャル体験ができるほか、店内のステージでは、風男塾による月1のトーク・イベントや、若手お笑い芸人のライブ、バンドの演奏など、いろんな催しを用意。ケーキ・セットを食べながら、それぞれを堪能してみてはいかがでしょう。

『JOL原宿』

C-20150328-MK-1921

ケバブやタピオカ・ドリンクなどの店舗が並ぶ『JOL原宿』は、原宿界隈では珍しいフード・コート。さらには、試供品やドライヤーを使ってがっつりメイクができるビューティー・ルームや、パソコンが使えるインターネット・エリアなども備えており、若い子を中心に重宝されまくっています。

C-20150328-MK-1922

店内にはステージがあって、アイドルによるイベントやトーク・ショーを展開。私が訪れた日には、“Kaleido Knight”というイケメン・グループの無料ミニ・ライブが行われており、詰めかけた女子たちが、楽しそうにサイリウムを振りまくってました。

C-20150328-MK-1924

ちなみにこちらステージでは、モデルなどのオーディションも時々行われているそうで、芸能界への憧れを抱いている子たちには、なかなかエキサイティングな場所。先に紹介したがっつりメイクのビューティー・ルームの存在が、ここにきて光るわけです。スカウトを意識したお客さんもチラホラいるようで、「あれ? タレントさんかな?」という美ルックスの人が、その辺でパール・ミルクティを飲んでいたりする『JOL原宿』。ミーハーを自認する人は、探検する価値ありです。

『P.IDOLカフェ』

C-20150328-MK-1931

女性アイドルに確実に会いたい! というときは、こちらの『P.IDOLカフェ』。デビュー1年、この春には横浜FCスタジアム・アイドルにも就任したアイドル・グループ“P.IDOL”のメンバーが店員として働くカフェです。フロアでは、メンバーが注文を取ってくれるのはもちろん、合間にはあれこれと話かけてくれるほか、指名したメンバーがおにぎりを作ってくれるという特別メニューも。3個で1000円となかなかの値段ですが、明太子や鮭などをふんだんに使ったハート形のおにぎりは結構大振りで、全部食べるとおなかいっぱいに。プラス、おにぎりにはメンバー手書きのお手紙も付いてくるので、遠征の良い記念品となるでしょう。

C-20150328-MK-1933C-20150328-MK-1932

また、1500円以上の注文すると夕方からのライブの入場券がもらえ、30分ほどのライブに参加することができます。私は、ちょっと天然っぽいメンバーさんにライブの時間を何度か確認したのですが、その子が間違えて覚えていたようで、時間ちょうどに戻ったら、すっかりライブが終了していたというサプライズが待っていました。ライブ・チケットは当日以外にも使えますが、出直しの効かない人は、しっかりしていそうなスタッフさんに確認を取ることを強めにオススメします(笑)。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人