後悔するぞ!?今年解散・活休してしまうあのバンドたちを見逃すな!

彼らの勇姿をその目と耳にしっかりと残す!!

「お金ないし、今度行けばいいや」なんて言って、気になるバンドのライブを見送るというのはよく聞く話。そして、いざ本気で行きたいと思ったときには解散してたなんていうのもよくある話だ。こうなってしまうと、もう後の祭り。そうならないために、今年解散もしくは活動休止を発表しているバンドの中から3組を挙げる!

◎the telephones

2005年に埼玉の浦和で結成されたロック・バンド、the telephones。これまでに10枚以上のアルバムをリリースしているが、そのリード・トラックのほとんどに“Disco”の文字があるくらいマジでディスコなのだ。ライブでは「テレフォンズピープル」と呼ばれるオーディエンスが「Disco!!」と力の限り叫ぶのが恒例! そんな彼らも、結成10周年となる今年を持って無期限活動休止。最後のワンマン・ライブは、バンドの結成日である5月21日に日本武道館ライブを予定しているのみ。幸いフェスをはじめとするイベントへは出演を予定してるから、ディスコにハイ・テンションになりたい人はぜひ足を運んでみてくれ!!

◎PE’Z

1999年に結成されたジャズ・インストゥルメンタルバンド・PE’Z。これまでにリリースしたアルバムはカバーやライブ盤も多く、その演奏力は高い評価を得ている。そんな彼らは、結成16年となる2015年を持って解散することを発表。アッパーで自然と踊りだしたくなってしまうものから、しっとりと身体を揺らしたくなるものまで幅広い楽曲を演奏する彼らのライブは、老若男女問わず「音楽の楽しさ」を体験できること請け合いだ。今後は年末のラスト・ライブまで精力的に活動を行う予定!

◎The SALOVERS

2008年に高校の同級生4人で結成されたロック・バンド、The SALOVERS。彼らは今年の初め、3月25日のライブを持って活動を休止させることを発表。理由は、メンバー同士ただの幼なじみでいたいから、というもの。今後のライブは追加公演も含め3本し予定されていないが、若者の「今」を凝縮した彼らのライブにどうにか滑り込んでみてほしい。

SNS上で前触れもなく活動休止を発表するミュージシャンもいる中で、解散・活休前に教えてくれるっていうのは、その時までしっかりと心の準備ができるというもの。彼らの一挙手一投足をしっかりと目と耳に焼き付けたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人