【動画アリ】生音の温もりや質感に気を配った、koma’nの2ndシングル「So-You-Mon」

【動画アリ】生音の温もりや質感に気を配った、koma’nの2ndシングル「So-You-Mon」

koma’n

仲間とワイワイ音を楽しみ、歌ったり踊ったり演奏したり……そんな楽しげな場面が浮かぶ「So-You-Mon」は、聴くと思わず参加したくなる、ハート・ウォーミングな一曲。

INTERVIEW & TEXT BY 藤井美保


ブルーグラスをJ-POPに
昇華してるものってないな

──「So-You-Mon」は驚くほどオーガニックな仕上がりになっていますね。ROOT FIVEなどに楽曲を提供するときと差別化を図ったりしているのでしょうか?

koma’n 提供するとき大事なのは、その人のキャラクターや声に合った曲を書くということだと思うんです。だからROOT FIVEには、電子系やJ-ROCK系が自ずと多くなりますね。でも、僕自身の声質は柔らかめなので、自分名義で出すときは生音のよさが伝わるもののほうが合うんです。

──なるほど。にしても、ブルーグラスを音的なテーマに選んだのは?

koma’n 2枚目のシングルは遊びをきかせたものがいいなと思っていたところに、スタッフさんから「ワイワイした曲がいいんじゃない?」という声が上がったんです。といっても、電子系パーティ・ソングは似合わないじゃないですか。じゃあなんだろう? と考えてるときに、バンジョーやマンドリンが入るブルーグラスをJ-POPに昇華してるものってないなと思いつきました。

──そこからどういう作業を?

koma’n まず打ち込みでベーシックを作ります。おもちゃっぽい楽器は登場タイミングが重要なので、その段階で結構細かく調整し、実際のレコーディングでそれを生で再現していきました。

R-150316-YS01

考え方次第で“いいもん”にも
“わるいもん”にも受け取れる

──歌詞はどんなふうに?

koma’n 仮歌のときに、たまたまサビで日本語のような英語のような感じで“So-You-Mon”と歌ってたんです。“そういうもん”って、考え方次第で“いいもん”にも“わるいもん”にも受け取れるじゃないですか。それをキーワードにして広げていったら面白いかなと思ったんです。

──仮歌が歌詞のヒントになることはよくありますか?

koma’n 1stシングル「次、渋谷」は、なんの意図もなく山手線の駅名で歌っていたところからできました。メロディから自然と浮かぶ言葉とか第一印象って大事だなと思います。

──ピアニカ、マンドリン、グロッケンなどもkoma’nさんの演奏ですね。

koma’n ブルーグラスはけっして派手ではないので、ちょっと物足りないと思い、アクセントになる楽器をいろいろと御茶ノ水に買いに行ったんです。なかでも、誰もが鳴らしたことのあるピアニカは、あの染みるような音のよさに改めて驚きました。聴いてくれる人たちも再認識してくれたらいいなと。

現場はもうカオス状態でした(笑)

──フィドルの音は?

koma’n あれは打ち込みなんです。独特の枯れた味を出すためにめっちゃ丁寧に作り込みました。やっぱりフィドルが入ってこそブルーグラスなので。

──初回盤Aに収録されているミュージック・ビデオも本当楽しいですね。

koma’n 今回ピアノは入ってないので、僕はマンドリンを持ち、さらにワイワイした感じを出すためにバンドさんたちにも参加してもらいました。何が大変って、子供たちのいい笑顔を撮るために機嫌をとるのが大変でしたね。クラッカーが鳴ったらいきなりハイになって、煙玉はクサいし、ヤギは粗相をするし……現場はもうカオス状態でした(笑)。

結構これが僕の等身大かも

──対照的にカップリングの「シオン」はメランコリックなロックといった雰囲気。人生を見つめる諸行無常的な目を感じたりしたのですが。

koma’n 自分のなかにあるダークな部分を見せられたらなと。たしかにどこか達観した世界観になってますね。結構これが僕の等身大かも。いい意味でマイナスに浸れる曲になったらいいなと思います。

──紫苑をはじめとしたのどかな景色は、koma’nさんの心にある原風景だったりしますか?

koma’n 紫苑は九州に多く分布してる花なので、そういうところはあるかもしれないですね。僕としては、自分の今の日常をちょっと田舎化したイメージで書いてました。冒頭の“欠伸をしながら ベランダ眺める”などはまさに日常。徹夜作業で迎えた朝、ちょっと散歩にでも出掛けるか、みたいなときの風景だったりしますね。

──サウンド的にこだわったことは?

koma’n 全体的にあまりテンションが上がらない感じに仕上げました。大人な闇を表現したという感じですね。

R-150316-YS02

僕のタイプの顔です(笑)

──初回盤Bには、麻丘めぐみさんの「わたしの彼は左きき」のカバーを収録。

koma’n 勉強のために1970〜1980年代の歌謡曲のCDを買ってきて、「昔のメロディって染みるなぁ」とハマってたんですよ。この曲はかけ声が入ってたりして、今の若い人でも抵抗なく楽しめるはずだし、リアレンジすることで作曲家・筒美京平さんのスキルを吸収できるかなと思って選びました。

──参考のため、当時の麻丘めぐみさんが歌っている姿などは観たりしましたか?

koma’n しました、しました。かわいいなと思いましたよ。僕のタイプの顔です(笑)。当時の歌謡ショーは生のビッグバンドなので、ブラスの音を打ち込むうえですごく参考になりました。

──トランペットの音はとても打ち込みとは思えませんでした。

koma’n 新しいブラスの音源を買っていろいろ研究したんですよ。打ち込みのタイミングを微妙にズラしたりしてます。

──こだわりがいっぱいなんですね。ところで、本作の合宿では多胡邦夫さんと会えましたか?

koma’n 「シオン」を録っているときずっと見ててくれました。日本酒が好きだとおっしゃるので、作業が終わってから一緒に6時間(笑)。いろんな話もできて、思い出深い合宿レコーディングになりました。


【動画テーマ】最近、“幸せだな”と感じたこと


リリース情報

2015.03.18 ON SALE
SINGLE「So-You-Mon」
YOSHIMOTO R and C

J-150316-YS01

[初回盤A/CD+DVD]¥1,500+税
[初回盤B/CD+DVD]¥1,500+税
[通常盤/CD]¥1,000+税

詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人