アーティストがおすすめる逸品!片平里菜が挙げた地元の名産とは?

福島県出身アーティストが挙げた、人気のあのお菓子!

2月25日に発売されたシングル「誰もが/冷たい」から、「誰もが」がTOKYO FM『SCOOL OF LOCK!』とロッテ『TOPPO』による受験生応援プロジェクト公式ソングに選ばれた片平里菜。そんな彼女が音楽誌『WHAT’s IN?』3月号に登場し、地元・福島のお勧め品を紹介している。

大友良英、山口隆(サンボマスター)、富澤タク(グループ魂)など多くのミュージシャンを輩出している福島県だが、いったいなにがお勧めなんだろうか。日本酒か? ラーメンか?

「『いかにんじん』っていう、粘り気のない松前漬けみたいなお漬物は子供の頃から必ず食卓に並んでいてよく食べたんですけど、“福島だけだ”と聞いて驚きました」

ちなみに、『いかにんじん』の作り方はこちら。

「お菓子だと福島みやげの王道ですけど、『ままどおる』とか『エキソンパイ』とかは、買ってくるとみんなに喜ばれますね。『ままどおる』はミルク味の餡を包んだお菓子で、『エキソンパイ』はクルミ餡をしっとりしたパイで包んだお菓子なんですけど。すっごいおいしくて、福島に帰ったときは、私も必ず買って帰って食べます。本当においしいんですよ! 実家にいるときはおみやげや頂き物でいつも家に置いてあって、子供の頃から普通に食べていたので、たまに恋しくなりますね」

おお……やっぱり『ままどおる』なんだ。さすが株式会社三万石。「正直に! そして親切に!」が同社のポリシーなわけだが、そんなまっすぐなお菓子を食べて育てば、当然音だってまっすぐなものが鳴るもんです(たぶん……)。福島に行ったら、『ままどおる』を食べなきゃね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人