miwa live at 武道館 〜acoguissimo〜

miwa live at 武道館 〜acoguissimo〜

miwa

miwa live at 武道館 〜acoguissimo〜

2015年3月7日@日本武道館

miwaの音楽人生の根底に息づく、アコースティック・ギターと歌での表現。シンプルな形だからこそ、彼女の人柄が、その想いが、ダイレクトに伝わってくる。観客の心を優しさと温もりで満たした、圧巻のパフォーマンス!

TEXT BY 田中 大
PHOTOGRAPHY BY 佐藤 薫


 アリーナ席のど真ん中、360°が客席に囲まれている円形舞台。そこに黒色のギター・ケースを背負ったmiwaが、歩きながら登場。ステージに辿り着くと、ケースからアコースティック・ギターを取り出してチューニング……という、とてもリラックスしたムードでスタートしたこの日のライブ。

R-150313-YS07

 普段のバンド編成のライブとは別に、デビュー翌年から続けてきたアコギ1本の弾き語りで展開される“acoguissimo(アコギッシモ)”の東京公演は今回が初。しかも、日本武道館のような大会場で2日間行うのは、過去前例のないことだ。どのようなライブとなるのか? そんな期待を、1曲目「441」が早くもたっぷりと満たしてくれた。軽快にギターをストロークしながら力強く歌声を響かせるmiwaの姿が、観客の爽やかな手拍子を誘う。みるみるうちに会場全体がひとつになったオープニングであった。

R-150313-YS04

 時折、観客に語りかけ、ステージを少しずつ回転させて様々な方角へ歌声を届けていたmiwa。「みんなの声がすごく降ってきます。2階席の奥も見えますよ」などと呼びかけつつ、終始とてもうれしそうであった。アンティーク調の椅子、テーブル、電気スタンド、2本のアコギが置かれたステージはシンプル。リビング・ルームをイメージしたのだというこの空間を、心から楽しんでいるのが伝わってきた。「コットンの季節」の後に行われた“acoguissimoのコーナー”では、事前に寄せられていた質問などを紹介。客席にいる質問者と直接会話をしながら悩みに対して回答したり、miwaに憧れているのだという小学校1年生の女の子とほのぼのとしたやり取りを繰り広げるなど、アットホームな雰囲気のひとときとなった。

R-150313-YS03

 ファンのリクエストに基づいて決定されたのだというセットリスト。今回、もっとも多くの票を集めた「めぐろ川」が5曲目で早速披露された後、「オトシモノ」「ヒカリヘ」「Napa」……多彩なナンバーがさらに届けられていった。抽選BOXからチケットの半券を引き、当選した8名の観客をステージに招いて歌ったのは、シンディ・ローパーのカバー「True Colors」。「なんで8名かというと、私が最初にやった下北沢ロフトのライブ、お客さんが8人だったから。そのときのライブでも弾いて、テレビでも初めて弾いた曲。私の人生を変えてくれた曲です」というエピソードも紹介された。また、「片想い」はアカペラ。椅子に座り、マイクを握り締めて一心に歌い上げられたこの曲は、耳を傾けている1万2千人の観客の瞳を潤ませていた。

R-150313-YS02

 会場全体で観客が掲げたタオルが勢いよく回転しながら盛り上がる様が壮観だった「Faith」や「chAngeE」を経て、いよいよライブは佳境へ。「音楽はいろんな場面で寄り添ってくれました。みんなの人生にも音楽が寄り添ってくれればいいなと思っています。これからもこうやってみんなが音楽を聴いてくれる限り、私は音楽を続けます。その覚悟で書いた曲です」というMCを添えて「Delight」。そして、本編を締めくくったのは「つよくなりたい」。この2曲は、歌声と奏でるギターの1音1音に、miwaの音楽に対する深い想いと、力強い意思が漲っているのをまざまざと感じた。

R-150313-YS01

 アンコールを求める歓声に応えてステージに戻ってきたmiwa。「まだまだ盛り上がれますか? 踊れますか? 盛り上がってくよ!」と元気に呼びかけ、まず届けられた「ミラクル」。サビの部分で、振り付けを一斉に踊った観客の躍動感がものすごかった。

R-150313-YS05

 そして、「5周年を迎えました。皆さんのおかげで今があります。今年は4月8日にアルバム『ONENESS(ワンネス)』をリリースします。“音楽でひとつになる”という願いをこめてつけたタイトルです。最後にみんなと一緒に歌いたい曲があります」というMCを挟み、ラストに届けられた「希望の環(WA)」。“ラララ~“”という観客の大合唱を浴びながら歌声を響かせていたmiwaの表情がまぶしかった。

R-150313-YS09

 途中で一旦ギターの演奏をストップし、客席の全方角を向きながらハンドマイクで歌っていた場面が印象深い。一人ひとりに音楽を届けることに対する彼女の強い想いが、そんな姿からも自ずとうかがわれた。爽やかな余韻を残して曲が終了した瞬間、観客の間から起こった大きな拍手。その響きに包まれながら手を振り、ステージを後にした彼女は、いつにも増して大きく見えた。

R-150313-YS08

 デビュー前からの夢だったという弾き語りによる日本武道館ライブ。それをついに実現し、成功させた喜びは、とても大きかったことだろう。たしかな手応えを胸に、今後、さらに精力的な活動を繰り広げてくれるに違いない。


SETLIST

01.441
02.君に出会えたから
03.キットカナウ
04.コットンの季節
05.めぐろ川
06.オトシモノ
07.ヒカリヘ
08.Napa
09.True Colors
10.片想い(アカペラver.)
11.don’t cry anymore
12.Faith
13.chAngE
14.Delight
15.つよくなりたい

ENCORE

01.ミラクル
02.希望の環(WA)


リリース情報

2015.04.08 ON SALE
ALBUM『ONENESS』
Sony Music Records
[初回生産限定盤/CD+DVD]¥3,611+税
[通常盤/CD]¥2,913+税
詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人