最新ゲームだと思ったら……MVだった!

TEXT BY 齋藤奈緒子

むしろ、未来のゲームはこうなる?

 ゲームをやりすぎると、実際の建物まで「テトリス」に見えてくるなど、現実とゲームがごっちゃになってしまうのはよくあること。でもミュージック・ビデオ界には、ゲームでしかありえないことを、現実に再現してしまったツワモノたちがいます。未来の飛行シューティング・ゲームから、ロボットに搭乗しての銃撃戦まで。今回は世界各地から、ゲームの世界を全力で実現しちゃったミュージック・ビデオをお届けします!

◎ドローン技術の最前線!未来のシューティング・ゲーム

 まずはゲーム大国・日本から、中田ヤスタカとこしじまとしこのユニット、CAPSULEの最新ミュージック・ビデオ「Another World」(2015年)。関 和亮と真鍋大度(Rhizomatiks)のコンビによる、近未来的ドローン・レース&シューティング・ゲームが展開(ドローン=無人飛行機)。2014年のOK Go「I Won’t Let You Down」のビデオでも使われた、カメラを搭載した小型ドローン3台を実際に飛行させ、臨場感あふれる映像を実現しています。朽ち果てた廃墟、サーキット・ガール役のモデル・ゆらの現実離れした雰囲気がまた、リアルとバーチャルの境界線をあいまいにしてくれます。

◎市街地で撃ちまくれ!ラスボスを倒せ!

 お次はポーランド出身、イギリスで活躍するDJ/プロデューサー、Xilent(ザイレント)の「Boss Wave」(2013年)。レトロな8bitのロボットのゲームにのめりこんだ男が、そのロボットを本当に現実化し、謎の飛行物体や地を這うノコギリと、市街地で銃撃戦を開始! 最後にはおどろおどろしいラスボスが……! ド迫力のCG、お約束のオチに加え、最後のクレジットのゲームウォッチまで、すべてのゲームへの愛が詰まったビデオ。

◎MISSION:オフィスを脱出せよ!

 ロシアのインディー・バンド、Biting Elbows(バイティング・エルボーズ)の「The Stampede」(2011年)は、人気の一人称視点のシューティング・ゲーム(FPS)を実写化。会社の金庫から、青白く光る謎の装置を盗んだ男性が、向かってくる敵をなぎ倒して、オフィスからの脱出を図ります。このビデオには続編「Bad Motherfucker’」もあり、カーチェイス、戦車から雪山まで脱出劇はスケールアップ! でもバイオレンス度もアップしてるので苦手な方はご注意ください。

◎デロリアンに乗りたい夢を叶える。80年代ムード満載MV

 最後にご紹介するのは、昨年デビューしたフランスの4人組ポップ・バンド、We Are I.Vの「Louder」(2014年)。80年代を代表するタイムスリップ映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』にも登場するドリームカー、デロリアンで砂漠を爆走する男が、荒野にたたずむ謎のアーケードゲームをプレイすると、ゲームの世界が次々現実に……。レトロゲーム&80’sカルチャー、B級アクション好きにはたまらない「あるある」映像に注目。

 現実にはできないことができ、最近ではCG技術の向上で、実写ばりのリアルな映像が楽しめるゲームの世界。それをバーチャルのままで終わらせず、あえて、意地でも、現実世界でやってみたい! そんなゲーム・クレイジーたちの意地と愛に乾杯!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人