やせたい人必見!!歌いながら楽しくカロリーを消費しよう!!

PHOTO:© miiko – Fotolia.com

カラオケで歌って踊ってダイエット!

冬が終わりを告げ、春に突入した。しかし、その先の夏こそが本番! の人たちにとって、ダイエットという名の戦いは既に始まっている。やり方は人それぞれだが、カラオケ・ダイエットなるものも忘れてはいけない。カラオケで楽しく歌いながらカロリーを消費できる一石二鳥の曲は実に多く存在する。そこで今回は、夏までには痩せたい人に向けて、カラオケで歌えばカロリー消費できる曲をいくつか紹介する。

◎湘南乃風「睡蓮花」

数々の熱い曲を世に送り出してきた湘南乃風。タオルを振り回しながら歌う姿とラップや高音ボイスなど様々なスキルが要求される彼らの曲は、ダイエットにぴったり。代表曲でもある「睡蓮花」の消費カロリーは21kcalで、ウォーキングに換算すると約7分歩いた時と同じ効果が得られるのだとか。力を込めて大きな声で歌いながら全力でタオルを振り回すとその効果はさらに上がるはず!

◎いきものがかり「風が吹いている」

静かに歌って痩せたい人にはいきものがかりがおすすめ! この曲は2012年度、2013年度にリリースされた曲の中で最も消費カロリーが高く、その数値はなんと23.4kcal。分速80mで8分間歩いた時の消費カロリーに相当するらしい。間奏を飛ばせば2回歌えるので、歌唱力を磨きながらウォーキングよりも高いダイエット効果を発揮できるとなると、実践しない手はない!

◎ももいろクローバーZ「Z女戦争」

2012年度から2013年度にかけてリリースされた人気曲の消費カロリーランキングで2位の座を獲得したのはこの曲。消費カロリーは21.5kcalとかなり高い。しかし、それは歌のみの場合の計算だ。ダンスをしながら歌った場合は未知数である……誰にも見られることがない密室で思いっきり踊って、思いっきり歌えばかなりのダイエット効果を期待できる。

◎オール・ザット・リメインズ「This Calling」

全ての曲がダイエット向きと言っても過言ではないメタル。その中でもひと際目立つ存在なのはこちら。デスボイスにシャウト、高音のクリーンボイスまで、メタルを代表するテクニックが全て盛り込まれている。この曲を歌えばもはや運動した気持ちになれるに違いない。

カラオケ業界大手の第一興商によると、楽曲の消費カロリーは発声している時間の長さ、力の込め方、声量の3つで決まる。つまり、お腹に力を入れて、大きな声で、息継ぐ間もなく歌えばかなりのダイエット効果が期待できる! どうしても歌いながら痩せたいこだわりの曲がある人は、この3つを実践すればもうつらい食事制限も運動も必要ないのかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人