夢と現実を行き来する、不思議な空間。KEYTALK待望の爽快ポップ・チューン!

夢と現実を行き来する、不思議な空間。KEYTALK待望の爽快ポップ・チューン!

KEYTALK

昨年は、フェスやライブに引っ張りだこで大忙し。一気に注目バンドへと駆け上ったKEYTALKが2015年1発目、待望のシングル「FLAVOR FLAVOR」をリリース! いつもとは一味違うKEYTALKの魅力がつめこまれたこの一枚。2015年このシングルを筆頭に、さらなる飛躍へと歩み始める──。

INTERVIEW & TEXT BY フジジュン


スッと歌が心に入ってくる、泣ける曲になりましたね

──シングル「FLAVOR FLAVOR」が完成したKEYTALK。シングルからバンドの状態の良さがしっかり伝わってきました。

寺中友将 曲が出来ないということもなく、シングルごとに新しい僕らを見せられていて。「MONSTER DANCE」もそうでしたけど、今、怖がらず思い切りできている感じがあります。

首藤義勝 「こういう曲、作っとけばいいよね?」って感じでなく、「次はどんなの作ろうか?」って、自分たちでもワクワクして曲を作れていて。良い意味で先が見えないけど、やるべきことは見えてるので、やってて楽しいです。

──「FLAVOR FLAVOR」を聴いても、溢れるアイディアがあって、それを形にできるスキルもしっかりついてきているんだろうなと。

首藤 そうですね。今までのシングル表題曲とはガラッと変えて、“きれいな歌もの”というのを第一に考えて作ったんですけど。出来上がりを聴いてみると、KEYTALKの魅力をいっぱい散りばめられたなと思います。

──「『OVERTONE』を作り終えたころから描いていたイメージを曲にしてみようと思った」と伺いましたが。

首藤 具体的には「MONSTER DANCE」が出来てからだったんですが、きれいなメロディに身体を動かせる大きいビートを混ぜて作りたいと思って作り始めて。そしたらアイディアがいっぱい出てきて、それを一曲に収めようとしたら、今度はゴチャッとしてしまって。悩んでは構成を変えてというのを繰り返して、どんどんスッキリさせていった感じでした。

八木優樹 歌をしっかり聴かせつつ、踊らせる要素も欠かせない曲で。僕自身もこういう曲が大好きなので、やりたいこともいろいろ浮かびました。苦労もしたけど、スッと歌が心に入ってくる、泣ける曲になりましたね。

小野武正 うん、染みる曲だよね。

八木 あのイントロがなぜついているのか、サビに入るとわかるみたいな面白さもあるし。

寺中 一回聴いて、構成を覚えられるか覚えられないか、ギリギリのちょうど良いところを突けました(笑)。最初の段階から比べたら、すごくシェイプされてるから、ちょっとサラッとしすぎちゃったかな? と思ってたんですけど、全然そんなことはなくて。

──うん、全然サラッとはしてないです(笑)。そこで物語も時間軸通りに進んでいくんじゃなく、一曲の中で夢と現実を行き来して、季節も変わって。揺れ動く主人公の感情もあって、どんどん引き込まれていく感があります。

首藤 初めに曲ありきで、切ないメロディにはそれに合う言葉を当てたりと、いつも通りの作り方だったんですが。いつもと違ったのは、普遍的で誰にでも当てはまる歌詞を書きたいなと思ったことですね。ガーッとポエムみたいに書いたところに、鍵となる言葉を入れていって。最終的には歌詞と曲がすごく上手くハマったと思うので、いろいろ想像して聴いてほしいです。

八木 まだライブでは披露していないんですけど、ライブでも曲の良さを伝えたいので。「俺は義勝だ!」と思いこんで、歌うような感覚で、気持ちを込めて演奏したいです。

“真面目ごころ”が出てきたよね

──今作は首藤くん作詞・作曲のタイトル曲に加え、小野くん、寺中くんと、それぞれの色が出た曲が入っているのも面白いです。

小野 「ナンバーブレイン」は、ライブをイメージした曲で、バコーン! という感じで。ガツーン! とレコーディングして、バチコーン! とミックスされて、ドギャーン! とマスタリングされたんで。あとはライブでドギャギャギャー! と、かますだけですね。

寺中 長島茂雄か!(笑) でも、レコーディングでもライブを想定して、ライブでの僕たちの熱量がパッケージ出来たと思います。

──「Stand By Me」は切なさと前向きさが同居した、キラキラした楽曲になりました。

寺中 結構ギリギリで作った曲だったんですけど、イメージとしては明るい曲を作りたくて。アレンジを作るとき、初めての試みだったんですけど、オルガンで始めてみようと思って試してみたり。サビのコード進行もカッコよくというよりは、明るい方に振り切って。

──明るいほうに振り切りながら、巨匠(寺中)の持ち味であるセンチメンタルが、まさにFLAVORとして散りばめられてると思いますよ。

一同 おぉ~~(パチパチ)。

──いや、拍手されると恥ずかしいわ!(笑)

小野 でも、僕ら以外の楽器が前面に押し出される曲が少ないので、新しい感じもあるし。ライブでどうなるのかもすごく楽しみですね。

──最後に「FLAVOR FLAVOR」にかけて、KEYTALKらしさに必要なFLAVORとは?

八木 “遊びごころ”ですね。4人とも真面目すぎるところがあって、それはそれで良いんですけど。どこか遊びごころがあるのが、僕らっぽいのかなぁ? と最近、思います。

首藤 今まで4人でいると、フザケてばかりで真面目な話を全然しなかったんですけど、最近は真面目な話もできるようになって。

小野 “真面目ごころ”が出てきたよね。

──じゃあ、遊びごころは十分あるから、必要なのは“真面目ごころ”じゃないの?

小野 バランス的にね、確かにそうかも(笑)。


リリース情報

2015.03.04 ON SALE
SINGLE「FLAVOR FLAVOR」
ビクターエンタテインメント

J-150226-BA-1943

[初回盤/CD+DVD]¥1,800+税
[通常盤/CD]¥1,200+税

詳細はこちら


ライブ情報


“KEYTALK 2015ワンマンツアー”

05/23(土)熊本・熊本B9 V1
05/24(日)福岡・福岡DRUM LOGOS
05/30(土)愛知・DIAMOND HALL
06/05(金)香川・DIME
06/14(日)広島・CLUB QUATTRO
06/20(土)新潟・LOTS
06/21(日)宮城・Rensa
06/27(土)東京・新木場STUDIO COAST
06/28(日)北海道・ペニーレーン24

詳細はこちら


“遥々、春バラーバはちもくがあなたの街まで春をお届けに参ります、候。~桜~” 対バンツアー

詳細はこちら
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人