【動画アリ】積極的な意味での“無理”を歌った、ドラマチックアラスカの2ndシングル

【動画アリ】積極的な意味での“無理”を歌った、ドラマチックアラスカの2ndシングル

ドラマチックアラスカ

2015年、そしてトバナオヤ(g)が無期限バンド活動停止を発表後第1弾となるニュー・シングル「無理無理無理」。バンドを取り巻く状況含め、ヒジカタナオト(vo、g)が語る。

INTERVIEW & TEXT BY 麦倉正樹


何も考えずに勢いだけで作ったような曲を、また作ってみたい

──昨夏リリースしたミニ・アルバム『ビヨンド・ザ・ベーリング』後のツアーは、かなり手応えがあったようですね。

ヒジカタナオト そうですね。毎年夏にがっつりツアーを回るんですけど、去年のツアーは、一昨年のツアーに比べて、動員が倍になっているところが多かったりとかして。ちょっとずつ、認知度が上がっているのかなっていうのは感じましたね。

──なので、わりとバンドもいい感じの精神状態なのかなと思っていたら、今年第1弾のシングル・タイトルが、「無理無理無理」っていう(笑)。

ヒジカタ (笑)。『ビヨンド・ザ・ベーリング』でちょっと頭を使い過ぎたというか、あのミニ・アルバムは曲のバリエーションだったり、いろいろバランスを考えながら作っていったので、またちょっと衝動的な曲を……いちばん最初に出した作品に入っている「リダイヤル」みたいな、何も考えずに勢いだけで作ったような曲を、また作ってみたいなっていうのが今回はあったんですよね。

気づいたらそうなっていたんですけど(笑)

──たしかに、とても衝動的な勢いのある曲になっているというか。イントロ部分の畳み掛けるリズムが独特ですよね。

ヒジカタ そうですね。微妙に拍が変わっている……いや、変わってないって言っていたかな? 実は、よくわかっていないんですよね(笑)。あのドラムを指示したのは僕なんですけど、結果的に何がどうなっているのか、よくわかっていないという。リズム隊に聞いたら、別に特別なことはやってないみたいなんですけど、ちょっと面白い感じの仕上がりになっていますよね。

──最近流行りの4つ打ちダンス・ロックとは、一線を画するようなプリミティブな勢いがあるというか。

ヒジカタ それはちょっと頭にあったかもしれないです。たぶん、媚びるのが嫌なんでしょうね。ちょっとひねくれているところがあるというか。サビの進行も、パッと聴いた感じだと、最近流行りの進行なんですけど、最後に半音ずつ上がる部分があったりとかして。まあ、そこも気づいたらそうなっていたんですけど(笑)。

もっと積極的な意味での無理

──(笑)。ただ、やっぱり目を引くのは「無理無理無理」というタイトルや歌詞の内容で。これは“できないことはできない”って歌っている曲ですよね。

ヒジカタ まあ、逆ギレみたいなもんですよ(笑)。でも、結局ずっとそうやって自分のなかのフラストレーションを、音楽に還元してきたところがあって……そう、基本僕らのエネルギーって、フラストレーションなんですよね。ただ、そのフラストレーションの性質が、ちょっと変わって来ていて。「リダイヤル」のときは、学校とかクラスの連中とかに対するフラストレーションとかやったと思うんですけど、今はバンドも波に乗り始めているなかで、いろいろ感じるフラストレーションを描いているというか。

──というと?

ヒジカタ バンドの認知度が上がってくると、いろんな声が聞こえてくるじゃないですか。それは必ずしも、プラスの声だけではないというか。もちろん、そうやっていろんな人たちの耳にまで入るようになったのは、すごくいいことやと思うんですけど、それに対する不満みたいなものも、やっぱりどっかにあって。ただ、それをSNSとかに書いても仕方がないっていうか、せっかくそれを曲にできる環境があるんやから、曲にして昇華したほうがいいっていう。

──なるほど。

ヒジカタ だから、決してネガティブな曲ではないんですよね。“無理無理無理”って歌ってますけど、もっと積極的な意味での無理というか、全員に対していい顔するのは無理やっていうことなので。自分たちは自分たちがかっこいいと思うものをやるっていう。だから、今回はこれでいいんじゃないかと思っているんですよね。結果的に、2015年最初のリリースっていうところと、新体制に向けての決意表明的な一曲にはなっていると思うので。

ちょっと謎めいていると思うんですけど

──このシングルを最後にギターのトバくんが無期限バンド活動停止で、爆弾ジョニーの安田くん(ロマンチック☆安田/key)がサポート・ギターとして加入したんですよね。

ヒジカタ はい。もう一緒にスタジオに入ったり、ライブも一緒にやり始めていて。爆弾ジョニーでキーボードを弾いていた人が、ギターで参加するっていうのが、ちょっと謎めいていると思うんですけど(笑)。

──そうそう(笑)。

ヒジカタ でも、彼は元々ギタリストらしいんですよね。爆弾ジョニーの曲もギターで作っていたみたいだし。だから、ギターもすごく上手やし、音楽的なこともいろいろわかっていて。そんな彼と一緒にやることで、僕ら3人の音楽に対するモチベーションも、また上がってきているんです。もちろん、ギターが脱退したっていうことは、それ以前と以後が、比べられるってことだと思うんですけど、それをプラスに変えられる自信があるというか。そもそも、これまで以上にたくさんの人に知ってもらえれば、全然問題ないことやし。だから、ここから先、ちょっと勝負やと思っているんですよね。

──なるほど。

ヒジカタ まあ、毎年、勝負勝負って言っているような気がしないでもないんですけど(笑)。ただ実際、新体制に伴ういろんな変更があったなかで、今後の話もどんどんまとまってきていて。だから、バンドとしてはすごくいい流れができていると思うし、曲のほうもどんどんできているので、是非楽しみにしていてほしいです。

【動画テーマ】これだけは何があっても“無理”なことは?


リリース情報

2015.03.04 ON SALE
SINGLE「無理無理無理」
Living,Dining&kitchen Records

J-150302-YS01

¥926+税

詳細はこちら


ライブ情報

★3マンツアー決定!
詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人