恋がしたいという気持ちだけが強い!?トミタ栞の恋愛模様!

恋がしたいという気持ちだけが強い!?トミタ栞の恋愛模様!

ネームリーディング・アドバイザーのマダム・ミハエル氏を顧問としてお迎えし、“いい女”“いい男”になろう! というスローガンのもと、スタートした「恋愛部」。かっこいい男性アーティストをお招きして、“いい男”とは? を学んだり、恋愛相談から見えてくる“恋の駆け引き”“恋愛の掟”を学んだりしているこの連載。今回は、トミタ栞を分析しちゃいます!

150122-CI-1220 トミタ栞 

前半のお話はこちら

学生の頃とかは、つねにずっと好きな人がいるようなタイプだった

ミハエル “恋”というものに対しての想いが強いのかな? 

 それはそうかもしれないです。学生の頃とかは、つねにずっと好きな人がいるようなタイプだったんですけど、今本当に居なくて、自分でもちょっと戸惑っているくらいなんですよ。

ミハエル なるほどねー。“恋”でみてみるとすごく強い感情があるんですけど、“男の人”でみてみるとそういう特定の存在はいないみたい。個人がみえてこないから、やっぱり“恋がしたい”という気持ちが強いということなんだね。

──へぇー。それは新しいパターンだ!

 特定の人はいないけど、“恋がしたい”っていう想いだけが強いって、超寂しいじゃないですか!(笑) でもそういえば、クリスマスに私、逃げましたもん!

──逃げたってどういうこと?

 東京から去りたいと思って、香川県へひとり旅に行ったんです(笑)。うどん食べたり、金比羅山に行ったり、カップルが行かないようなところに行きました。

ミハエル 栞ちゃん、恋には前向きですけどね。でも、男の人からしたらどうアプローチしたらいいのかわからないみたい。自分からいいなと思った人には近づいていったほうがいいかも。手に負えなそうとか、思われちゃうみたい。

 取っ付きにくいとは、よく言われますね。

ミハエル サラッと交わされるかも……って思われちゃうのかな。でも、そういう人が女の子っぽかったり可愛らしい部分があったら、ギャップにやられるじゃないですか。よし、それを狙いましょう!(笑)

今、恋愛の歌詞を書くのがすごく難しくて……

──2015年の仕事運もみてもらいますか?

 是非! すごく気になります!

ミハエル 今、とっても仕事が楽しいみたいですね。その気持ちのままで、リズミカルにやっていくといいですね。仕事が詰まっているとどんどん勢いが付いていくみたい。まったりするのは、性格的に向いてないんじゃないかな。

 どんどん気持ち的にも落ちていっちゃうかもしれないです。

ミハエル 男の人もそういう人がいいかも!

 どういうことですか?

ミハエル “この人何考えているんだろう……?”っていうような人じゃなくて、単純明快でわかりやすい人と一緒に居たほうが仕事にも生活にもやる気が出てくると思いますよ。恋のところですごく気になった答えは、これだ! 今年はとにかく、“これやって”“あれやって”というふうに目標を立てて、自分でも何の目的でこれをやっているのかというのをちゃんと理解しながら進むのがいいと思いますね。

 今、恋愛の歌詞を書くのがすごく難しくて。友達の話とかを聞かせてもらって、挑んではいるんですけど……。

ミハエル 想像力の起点とかエネルギーの源って“恋愛”が大事だったりするじゃないですか。だから、“ダメだ”って思わないで心に正直に生きて行くことが、イマジネーションを生み出すいちばんの方法なんじゃないかな。

──2015年の栞ちゃんの恋愛も最後にみてもらいますか?

ミハエル “キュン”ってなる人はでてきそうな気がするけど……時間がかかりそうですね。

 結構、警戒しちゃうタイプかもしれないですね。素敵だなと思うと余計に避けちゃうんですよね……。

ミハエル 怖い?

 怖いのかもしれないですね。

ミハエル そのハードルは越えないと。

 でも、それが普通なんじゃないんですか?

ミハエル そんなことないですよ。(マネージャーさんに)警戒したり避けたりなんてしないですよね?

マネージャー “とりあえず、行っとけ”って感じですよね?

全員 (笑)。

──それは男前すぎですね(※注:マネージャーさんは可愛らしい女性です・笑)。

 そうかぁ……たしかに、自分で壁を作っちゃっていたのかもしれないですね。だんだん自分の恋愛についてわかってきた!

ミハエル よかったぁー。


PROFILE

トミタシオリ/’94年2月1日生まれ、岐阜県出身。’12年よりテレビ神奈川「saku saku」の5代目MCとして活躍。’13年にミニ・アルバム『トミタ栞』でCDデビュー。’15年2月18日に1stフル・アルバム『もしもワールド』をリリース。

オフィシャルサイト


<PROFILE>

mihaeruマダム・ミハエル

ネーム・リーディングアドバイザー。独自のネーム・リーディング・スタイルを確立。DM各局のゲスト出演や、女性誌にも頻繁に登場するなど、数々のメディア露出と共に、各界著名人のリーディングも行っている。(音楽雑誌「WHAT’s IN?」にて、毎月、生まれ月ごとの運勢を掲載中!)通常は東京・神宮前にて個人のリーディングを行う。◇ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人