【前編】あらたなチャン・グンソクの世界を開くことができた、ニュー・アルバム『モノクローム』

【前編】あらたなチャン・グンソクの世界を開くことができた、ニュー・アルバム『モノクローム』

チャン・グンソク

日本デビュー5年目となるチャン・グンソクが待望のニュー・アルバム『モノクローム』をリリース! “光”と“影”、“表”と“裏”の顔を表現した、今まで見たことのなかった彼の魅力も存分に詰め込まれたボリューミーな一枚。彼が知ってほしい、本当の姿とは……!?

INTERVIEW & TEXT BY 大野貴史
PHOTOGRAPHY BY 笹原清明


イメージ・カラーの変化を僕は成長だというふうに考えてて

チャン・グンソク すごく違ってると思いませんか?

──全然違いますね。

グンソク これまでの2作とはタイトルやジャケットの雰囲気も違ってるし、もちろん内容的にも変化してるし。

──はい。ですから今回は、その変化の原因みたいなところからインタビューをはじめたいのですが。

グンソク わかりました。僕の最初のアルバム『Just Crazy』のイメージ・カラーを覚えてますか?

──パープルでしたよね?

グンソク そうです。そして2作目の『Nature Boy』は……。

──グリーン。

グンソク よくわかってますね(笑)。そして今回のアルバム『モノクローム』は、このタイトルどおりモノクロなイメージの作品なんですよ。といってもアルバム・タイトル自体は完成してから付けたものなんですけどね。で、この3枚のイメージ・カラーの変化を僕は成長だというふうに考えてて。

──成長? グンソクさん自身が成長した、という意味ですか?

グンソク はい。成長という言い方か正確かどうかはわからないんですけど……とにかく今はそう思ってて。というのも今回のアルバムでは素直なアプローチをしようと思ったんです。現在の本当の自分を表現する、というかね。だからアルバムの制作に入るときに“自分自身の人生”とか“1対1”とか、そんなテーマを設定したんですよ。

──モノクロ写真って、いろいろな装飾を取り払って本心をさらけ出しているような印象を受けますもんね。

グンソク チャン・グンソクという人間には、どんな意味があるんだろう? そんなふうに自分の人生について深く考えるようになったことが、そういったテーマを設定したきっかけです。これまでの2枚のアルバムでは、どちらかといえば“僕と一緒に遊ぼうよ! パーティしようよ!”というメッセージが前に出ていたじゃないですか。でも今回の『モノクローム』では“僕の心の中を知ってほしいんだ”とか“僕自身の話をするけど聞いてくれる?”という気持ちを前面に出しました。

──なるほど。その変化を成長だと捉えているわけですね。

グンソク もしかしたら、こういうふうに表現することもできるかもしれません。これまでの2作は“グンちゃんとみんなのアルバム”で、そして新しい作品は“僕と君のアルバム”だと。

──たしかに。前2作よりも個人的で親密な匂いがします。

グンソク グンちゃんではなくてチャン・グンソク。『モノクローム』はチャン・グンソクのアルバムなんです!

知ってもらいたいっていう気持ちのほうが強いんです

──初めて聴いたときは本当に驚きました。だって、これまでのようにグラマラスな楽曲がないし。やんちゃな表情もないし。グンソクさん、なんか弱ってるのかなって心配になった。

グンソク あははは(笑)。シリアスな雰囲気が全体にありますからね。でも正確に言えばシリアスっていうのとはちょっと違うんですよ。正直に作ったらこうなった、というだけ。シリアスなことが重要なわけじゃない。正直っていう部分が今回のポイントです。でも驚かれるのは理解できます。このテーマをプロデューサーさんに伝えたときも最初は混乱してましたし。

──プロデューサーは、これまでと同じチェ・チョロさんですか?

グンソク そうです。彼は“次のアルバムのイメージはレッドかな?”みたいに考えてたようなんですけど。そしたらいきなり“人生”とか“1対1”とか想定外のテーマを僕が言い出したからパニックになった(笑)。でも、あとから“このタイミングで自分自身と向き合ったアルバムを作るのはいいことかもしれないね”って言われました。

──自分の人生について深く考えるようになった理由や原因は? 何か思いあたる出来事はありますか?

グンソク 何かなあ……1年ぐらい前に大学を卒業したことが関係あるのかな?

──え? グンソクさんって1年前まで大学生だったんですか?

グンソク そうなんです(笑)。今は大学院に通ってます。去年からひとり暮らしをはじめたんですけど、それも関係があるかも。あとは年齢的なものもあると思います。韓国の数え歳では、この1月で僕は29歳になったんです(満年齢では現在27歳)。30歳が近付いていることによって、もっと成長しなくちゃいけないな、という気持ちが強くなってることは間違いありません。

──地味なアルバムだと思われるんじゃないか。そういう不安はありませんでしたか? だって、これまでのような色鮮やかなチャン・グンソクを求めているファンも多いのでは?

グンソク でも、だからといって、これまでのキャラクターに閉じこもっていたら新しい自分や本当の自分の姿を見せられないじゃないですか。

──これまでのイメージを壊すことは怖くないんですか?

グンソク 全然怖くないですよ。これまでに見せてない部分がたくさんあるから、それを知ってもらいたいっていう気持ちのほうが強いんです。

日本のファンの方と思いを共有しやすくなると考えたからです

──日本語への徹底的なこだわり。それも『モノクローム』の大きな特徴のひとつだと思うのですが。

グンソク それはすごく大切な要素です。大変でしたけど(笑)。

──サビまで完全に日本語で歌っている楽曲が多いですもんね。

グンソク 今回は最初から日本の作詞家さんにお願いしたんですよ!

──これまでは、まず韓国語の歌詞があって、それを元にした日本語詞を乗せていたんでしたっけ?

グンソク 半分ぐらいは、そういった作り方でしたね。でも今回は全曲、最初から日本語の歌詞を依頼したんです。

──どうして?

グンソク ちょっと複雑な話になるかもしれないんですけど……。

──構いませんよ。

グンソク 僕自身のそのままのストーリーを歌うよりも、きちんと加工して包装された世界観を歌いたかったんです。

──ん?

グンソク 日本語の歌詞って、すごく情緒があるじゃないですか。そういう日本ならではの情緒を表現することで、その曲を聴く人の心に訴えたかったんです。だから日本の作詞家の皆さんの力をお借りすることにしました。

──自分の気持ちをそのまま吐き出すのではなく歌として作り込まれた世界観のほうがよかった、ということ?

グンソク そういうことです。

──でも、それって、さっきの“ありのままの僕の心の中を知ってほしい”という発言と矛盾しませんか?

グンソク どう言えばいいかな……俳優がドラマや映画に臨むような感じに近いのかもしれない。いや、それともちょっと違うかな。自分の気持ちを伝えることを第一の目的としつつも、そのための仕掛けとしてプロの作詞家さんによる舞台設定が必要だったというか。そうすることで結果的に、ありのままの気持ちが伝わりやすくなるというか。

──ということは、それぞれの歌の核の部分にはグンソクさん自身の気持ちがあるわけですか?

グンソク もちろんです。だから詞のテーマや設定は作詞家さんと何度も話し合いました。韓国に来ていただいた方もいますし、どうしても会えない方はプロデューサーさんが日本に行って僕の思いを伝えてくれました。そうやって書いてもらった歌詞ばっかりです。

──だから、なんとなく全体のムードが揃っているんですね。

グンソク どの曲も僕自身の気持ちからスタートしてますからね。情緒ということに関して言えば歌い方で意識した部分もあります。例えば、詞の中に“グッドラック”という言葉があったとします。以前の僕なら“グッラッ”って英語の発音で歌ってたと思うんです。でも今回のアルバムでは“グッドラック”ってはっきり歌うようにしました。そのほうが日本のファンの方と思いを共有しやすくなると考えたからです。

──そういえば「ロードレース」という曲には“ラジオ”という単語が出てきますが……。

グンソク そう! それも今までだったら“レイディオ”って歌ってたはず。でも、あえてカタカナの発音にしてます。

【後編】は3月1日公開!


リリース情報

2015.02.25 ON SALE
ALBUM『モノクローム』
ポニーキャニオン

J-150227-BA-2036

[豪華初回限定盤/CD+DVD]¥6,800+税
[通常盤/CD]¥3,000+税

詳細はこちら


ライブ情報

LIVE TOUR
“2015 JANG KEUN SUK THE CRI SHOW Ⅲ”
【HALL】THE CRI SHOW 3 HALL

03/14(土)大阪・オリックス劇場
03/15(日)大阪・オリックス劇場
03/26(木)新潟・新潟県民会館
03/27(金)新潟・新潟県民会館
04/01(水)福岡・福岡サンパレス
04/02(木)福岡・福岡サンパレス
04/09(木)岡山・岡山市民会館
04/10(金)岡山・岡山市民会館
04/22(水)静岡・静岡市民文化会館
04/23(木)静岡 静岡市民文化会館
05/18(月)北海道 ニトリ文化ホール
05/19(火)北海道 ニトリ文化ホール

【ARENA】

05/09(土)兵庫・ワールド記念ホール
05/10(日)兵庫・ワールド記念ホール
06/02(火)東京・日本武道館
06/03(水)東京・日本武道館

 詳細はこちら 
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人