DIVの魅力を完全網羅したアルバム『SECRET』が完成!

2015.02.27

DIVの魅力を完全網羅したアルバム『SECRET』が完成!

DIV

ジャンルにとらわれることなく多彩な楽曲を取り揃え、バンドのレンジの広さを象徴することになった2ndアルバム『SECRET』。自由度を増したDIVが本作で見せたかった景色とは?

INTERVIEW & TEXT BY 山本弘子


スタイルはブレてなかった

──アンビエント、EDM、デジタル・ロックなど、様々な音楽要素を取り入れつつ、都市的でありながら、アグレッシブなバンドの魅力を表現した、2ndアルバム『SECRET』。出来上がった本作をどう捉えていますか?

CHISA 2013年にリリースしたシングルから新曲も含めて、現在までの曲が収録されているアルバムなので、自分でもこのアルバムを聴いて振り返ることができましたね。応援してくれた人たちと一緒に歩んできた道とこれから築いていく道の両方が見えるものになったと思います。

satoshi この2年間にDIVがどういう活動をして、どういう音楽を作ってきたがわかるアルバムが『SECRET』だと思います。2014年にリリースしたシングル「漂流彼女」を聴いてやっぱりいい曲だなと思ったり、1曲1曲にちゃんと思い出がある。それは自分たちの作る音楽に真摯に向き合ってきたからで、そう思うと感慨深くなりましたね。

将吾 DIVを始めたときから個人的なことなんですけど、ギターのプレイやフレーズで自分らしさを突き通したいというのがあって。出来上がったアルバムを聴いて、自分のスタイルはブレてなかったと思いました。

ちょび 2013年から3ヵ月スパンで作品を出し続けてきたんですが、やっと冷静に聴けるようになりましたね。新曲に関しては、またDIVの新しい色を出せましたし。

今まで以上に自分を出すようになってきている


──新曲で特にチャレンジしているナンバーは?

ちょび リード・トラックの「SECRET NIGHT」は今までになかった色の曲ですね。サウンド的にもEDMを取り入れていて。

CHISA 元々ダブステップとバンドサウンドの融合というテーマは前から僕のなかにあってカップリングでも試していたんです。今回はジャケットやミュージック・ビデオなどのアートワークも含めて表現しているんですけど、今まで実験していたことが満を持して形になった感じですね。ぶ厚いデジタル・サウンドとバンド・サウンドをミックスした曲をリード曲にしたかったので。

──アルバムのタイトル自体を“SECRET”にしたのは、なぜですか?

CHISA 「SECRET NIGHT」から取ったんですけど、それ以外にメンバー全員が書いている歌詞から感じたことも要素になっています。みんな今まで以上に自分を出すようになってきていて、近くにいるからこそわかる表現もあるし、“ああいう出来事があったからこの歌詞を書いたんだろうな”と思ったりとか、そういう意味でも秘密がいっぱい詰まっているから“SECRET”かなと。

最後に光を掴むみたいな

──ジャケットのアートワークのアイデアを出したのもCHISAさんなんですよね?

CHISA 最初は監修するつもりはなかったんけど、写真にしても、絵にしても、言葉で説明するより実際に描いたほうが早いなと思ってラフを作ってやりとりしました。ジャケットは「SECRET NIGHT」の世界観ですね。音がたくさん散りばめられている感じを絵で表現したかったんです。

──ミステリアスで鮮烈ですよね。さっき都市的という言い方をしましたが、このアルバムはコンクリートなテイストの曲から始まって、後半へ進むにつれ、生々しくてヒューマンな曲に移行する印象を受けました。カオスな世界からシンプルな精神性に立ち返るメッセージ性が感じられて、ポジティブな「Point of view」で締めくくられるという。

CHISA 1stワンマン・ツアーのセットリストを意識して曲順を決めたんですが、そういうイメージですね。カオスを通過して浮遊感のある世界に行って、最後に光を掴むみたいな。聴き終わったときにすっきりした気持ちになれるんじゃないかと思います。

satoshi まさに僕らがライブで感じてほしいことを今、言っていただいた感じです。DIVって白か黒かに分けられないバンドなんですよ。初回生産限定盤のジャケットのアートワークも、いい意味でカオスな感じがこのバンド自体を表していると思う。抑えきれない衝動が渦巻いていていろんな色が溢れているのがDIVだと思っているので。

想像ができないぐらいに楽しみ

──なるほど。“DIV 2nd Album 「SECRET」 release oneman tour 「Dawn of the Secret night」”はどんなライブになりそうですか?

ちょび 今までにない色の新曲が収録されたアルバムをライブでどういうふうに表現したら楽しめるのか、メンバーと話し合っているところです。DIVは演出にもこだわっているバンドなので自分たちの持ち味をしっかり出せるツアーにしたいと思っています。

将吾 『SECRET』を聴き込んでライブハウスに来てくれたらより楽しめると思います。生ならではの迫力があると思うし、音源とはまた違う響き方になるので。

CHISA もちろん、気軽に来てもらっても楽しめると思うんですが、いろいろなバンドがいるなか、僕らは楽曲制作にいちばん比重を置いて取り組んでいるので、まずは曲を聴いて歌詞を見てもらうと、より感じ方が広がると思います。例えば「STORY」というラブ・バラードは冬ソングだけど、その奥には来てくれる一人ひとりが人生のストーリーの主人公になれるようなライブにしたいという想いを込めていたりとか……。今回はファイナルの東京・LIQUIDROOMを含め、ライブハウスなのでDIVのアグレッシブな面が出せると思います。

satoshi ファイナルまであと約4ヵ月ありますからね。僕らも日々成長していくので、どうなっているのか想像ができないぐらいに楽しみですね。


リリース情報

2015.02.25 ON SALE
ALBUM『SECRET』
Danger Crue Records

J-150225-YS01

[初回生産限定盤/CD+DVD]¥3,700+税
[通常盤/CD]¥3,200+税

詳細はこちら


ライブ情報

DIV 2nd Album 「SECRET」 release oneman tour 「Dawn of the Secret night」
詳細はこちら

オフィシャルサイト
スペシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人