ファンのみんなを引っ張っていく!ソナポケの男らしさにドキッ!!

ファンのみんなを引っ張っていく!ソナポケの男らしさにドキッ!!

ソナーポケット

Part.04「誰よりも頑張ってる君へ」「笑顔の理由。」「春」

ソナーポケットのニュー・アルバム『ソナポケイズム⑤ 〜笑顔の理由。〜』特集第4回! ko-daiの熱い想いが込められたソロ曲「誰よりも頑張ってる君へ」。ソナポケの新境地とも言える和テイストの「春」などまだまだ尽きない今作の魅力をお届け!

INTERVIEW & TEXT BY 猪又孝(DO THE MONKEY)
PHOTOGRAPHY BY 山本さちこ


これは“頑張れ”って言わない応援歌なんですよね

──ko-dai のソロ曲「誰よりも頑張ってる君へ」はどんなキッカケで書いたの?

ko-dai 世の中には“頑張れ”っていう曲が多いけど、みんな頑張っているよなと思って。ツイッターのDMを読んでいると、ニートでも頑張っているし、頑張っているから悩んでいるし、頑張っているからもがいている。自分もそういう時期に“頑張れ”って言われるのがものすごく嫌だったし、そういうヤツらにかける言葉は“頑張れ”じゃないなと改めて感じたんです。じゃあ、頑張れって言わない曲を書こうと。これは“頑張れ”って言わない応援歌なんですよね。

──“頑張れ”の代わりに、“大丈夫だよ”と歌っているところがポイントだよね。

ko-dai そう。頑張っている人を安心させたいっていうのがいちばんデカくて。このCDを手にした人の周りにも、きっと頑張りすぎて悩んでいる人はいると思うんで、そういう人たちに向けて歌ってもらえないかなっていう願いもあるんです。それで悩みのひとつでも減るんじゃないかなって。

──「笑顔の理由。」は去年11月にリリースした曲だけど、そのタイトルをアルバムのサブタイトルにした理由は?

ko-dai “笑顔の理由”という言葉は本当に魔法のような言葉で、ソナーポケットにとっては、この言葉=オーディエンス、この言葉=ソナサポだったりするんです。このアルバムを手にとってくれる人が僕たちの笑顔の理由だし、その人たちはこのアルバムが笑顔の理由になってくれたらいいなっていう。その気持ちをちゃんと伝えるために、サブタイトルにこの言葉があったほうがいいなと思ったんです。

このアルバムに関しては男らしくなったかな

──じゃあ、今回のアルバムにはいつも以上にファンへの感謝が込められていると。

eyeron 込めてますね。

ko-dai 感謝プラス、そろそろ俺らが引っ張っていこう、ぐらいの強さは出てきたかな。これまでは「みんなで一緒にいこうね」とか「俺らを連れてって」とか言ってきたけど、なんかダサいというか(笑)。

matty 他力本願な感じがね(笑)。

ko-dai そう。けど、もう7年目を迎えるわけだから、ファンをグッと引っ張っていく強さを持たないと。だから、このアルバムに関しては男らしくなったかなと思っています。強さがちょっといつもより出ているかなって。

──通常盤のボーナストラック「春」は、和テイストのしっとりした曲ですね。今回はEDMが新味だけど、これもすごく新境地を開いてる。

eyeron やってそうで、やってなかったタイプの曲なんですよね。

ko-dai これはボーナストラックにするか最後まで迷ったんです。出来上がって聴けば聴くほど、“これ良くね? これボートラ?”って(笑)。

matty 味が出てくるんだよね。聴けば聴くほど新しい部分が見えてくるスルメ系。ちゃんと音をミックスしてもらったものを聴いたときに、3人とも「いい!」っていう言葉がまず出ましたから。シングルにしても良かったなって思うくらい。

ko-dai アルバムの発売は2月25日なので、卒業を迎える人も多いと思うんですよ。そういう人にも聴いてもらえると嬉しいですね。

リリース情報

2015.02.25 ON SALE
ALBUM『ソナポケイズム⑤ 〜笑顔の理由。〜』
徳間ジャパンコミュニケーションズ 

J-150206-FY-1906

[初回生産限定盤/CD+DVD]¥3,333+税
[通常盤/CD] ¥2,870+税

詳細はこちら


ライブ情報

“ソナポケイズム Vol.5”
詳細はこちら


オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人