今まで支えてくれてたあなたへ贈る、家入レオからのラブレター

今まで支えてくれてたあなたへ贈る、家入レオからのラブレター

家入レオ

Part.04 アルバム解説3“音楽と支えてくれた人へのラブレター”

デビューから駆け抜けて来た家入レオの音楽生活を支えてくれたのは、やっぱり応援してくれるファンの存在。しかしそこに“音楽”という存在がなければ、ここにはいることができなかった──。そこで、彼女にとって大切な“音楽”について語る。

INTERVIEW & TEXT BY 恒川めぐみ
PHOTOGRAPHY BY 青木早霞


改めて歌で「ありがとう」を言えたらいいなと思って

──このアルバム『20』を制作したことで、自身の音楽に対する思いを再確認できたそうですが、たしかに「TWO HEARTS」という曲なんかも“君”に“音楽”を当てはめてみると、レオさんから音楽へのラブ・レターのように聴けますね。

家入レオ あ、それはすごくありますね。今作は“君”って言いながら音楽のことを歌うことが多かったんですよ。それが聴いてくださる方にも伝わったらうれしいです。「Still」も「“音楽のことは大嫌いだ!”って思えたらどれだけ楽だろう」って思うほど、悪戦苦闘しながら作った曲だったんですけど、やっぱり好きなんですよね。どんなに苦労してもやっぱり曲を作って詞を書いて、演奏して歌う、ということが無性に楽しいから。本当に音楽ってずるいなぁと思います(笑)。

──まるで音楽に恋している状態ですね。

家入 そうですよね(笑)。良いときもあれば、なかなかフレーズが出てこなくて悶々とすることもあるし、「昨日はよかったのに、どうして今日は同じように聞こえないの?」って、裏切られたような気分にさせられることもある。でも、ここまで歌い続けてきたからには、もうあとには引けない。私はこの道で頑張るしかない! って身が引き締まる思いがしています。

C-150213-BA-1830

──たぶん、それは “音楽と生きていく”というひとつの覚悟なんでしょうね。それがこのアルバムには詰まっている気がします。

家入 今、普通に音楽をやれている環境は、実は全然普通なんかじゃなくて、尊いものなんだなって、しみじみ感じています。そういう環境を作って、私が音楽を志した13歳のときから見守ってくれている人に感謝を伝えたいですね。そして、もちろんデビューしてから支えてくださっているファンの方だったり、心と心でちゃんと繋がれている人にも、改めて歌で「ありがとう」を言えたらいいなと思って、アルバム最後の曲「Last Song」を作りました。

──“Last”にはどんな気持ちを込めているんですか?

家入 このアルバムは、“20”って名づけながらも、私は10代の締めくくりだと思っているんですね。10代最後に私が作ったもの、という意味での“Last”でもあります。と同時に、この先の未来へ自分を送り出す曲でもあるので、これからも音楽を信じて……私にはそうすることしかできないので、音楽を信じて一歩ずつ進んでいきたいですね。でも、私は博多っ子なので“見てろよ~!”っていう強情な精神も秘めて(笑)、音楽と一緒にさらに上を目指したいと思います。

C-150213-BA-1831

リリース情報

2015.02.25 ON SALE
ALBUM『20』
Colourful Records/ビクターエンタテインメント

J-150212-BA-1641

[初回限定盤/CD+DVD]¥3,400+税
[通常盤/CD]¥2,900+税


 詳細はこちら 


ライブ情報

“家入レオ 4th ワンマンTour ~20 twenty~”

05/04(月・祝)東京・日比谷野外大音楽堂
05/09(土)北海道・札幌ファクトリーホール
05/16(土)宮城・仙台Rensa
05/23(土)広島・BLUE LIVE 広島
05/24(日)香川・高松オリーブホール
05/30(土)福岡・福岡市民会館
05/31(日)鹿児島・鹿児島CAPARVO HALL
06/04(木)石川・金沢EIGHT HALL
06/12(金)栃木・エニスホール(野木町文化会館)
06/14(日)愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール(名古屋市民会館)
06/21(日)静岡・三島市民文化会館
06/24(水)茨城・鹿嶋勤労文化会館
06/27(土)兵庫・三田市総合文化センター 郷の音ホール
06/28(日)大阪・大阪国際会議場メインホール(グランキューブ大阪)
07/04(土)東京・渋谷公会堂

 詳細はこちら 
 オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人