これぞトミタ栞!「もしもワールド」な展開が満載の1枚が完成

これぞトミタ栞!「もしもワールド」な展開が満載の1枚が完成

トミタ栞

テレビ神奈川『saku saku』のMCとしても大活躍中のトミタ栞が待望の1stアルバム『もしもワールド』をリリース! 先日、神奈川・横浜BayHallで行われた2度目のワンマン・ライブも、持ち前の明るさと歌唱力で大成功! そんな彼女の“もしも”がたくさん詰まった、遊び心満載の今作について話を聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY 恒川めぐみ


自分にとってはいちばんの成長だと思います

──初のフル・アルバムが完成して、改めて見えてきた自身の成長はありますか?

トミタ栞 シングル「HAPPY AND HAPPY」と「だめだめだ」を大塚 愛さんにプロデュースしていただいたことがきっかけで、音楽に対する向き合い方が変わった気がします。愛さんは、聞き取れないぐらいの小さな細かい音まで一つひとつ深くこだわる方なんですね。そんな愛さんとアレンジャーさんとのやりとりを聞いているうちに、徐々に音作りを理解できている自分がいて。


──作品全体で、コーラス・パートやハーモニーの組み方も巧みですよね。

トミタ そうなんですよ! 今まではひとつのメロディ・ラインに対して、ハモをつけるのにかなり時間をかけたり、ディレクターさんやアレンジャーさんが指示してくれたものを歌っていたんですけど、ここ最近は直感的に気持ちのいいラインをとれるようになってきました。ハモリひとつで曲の世界観がグッと深まるのもわかるようになったし。“耳が慣れる”感覚っていうのかな。意識して音を聴けば、どんな音もちゃんと聞こえてくる。その変化が自分にとってはいちばんの成長だと思います。

──今作では作詞・作曲にもトライしてますよね?

トミタ 「もしもワールド」と「強がり太陽」ですね。たぶん、それも愛さんと一緒に作ってきたなかで、具体的に挑戦できたことだと思うんですよ。自分で作った曲のイメージを形にしていくときに、例えば柔らかい音にしたいなと思ったら、アレンジャーさんやディレクターさんに「この状態からどんな音を減らせばいいんですか?」って、細かい部分を追求したり、具体的な意見が言えたり。そんなことが言える自分にちょっとびっくりしています(笑)。

──曲が完成していく課程を楽しめた?

トミタ すごく楽しかったです。最初にできたのは「強がり太陽」だったんですけど、前々からボイス・メモにメロディを録音していたんですね。自分が作ったものがアレンジでどれだけ形になるのかを知りたかったんですけど、実際にオケがついたときに私の想像を超えた、すごくキャッチーな曲に仕上がってきたので、すごくうれしかったです。それがある程度形になったときに「もしもワールド」を書きました。

“もしも私がここにある曲たちの主人公だったら?”

──アルバムのタイトル曲ですね。

トミタ 自転車に乗っていたときにサビのメロディを思いついたんですけど(笑)、そこにちょっと変わった“間”を入れることで、面白い質感になるのかなぁと思って。自分が持ち得るアイディアを絞り出した自信作だったので、アカペラで入れていたデモにオケがついて返ってきたときの感動はすごく大きかったです。もちろん自分でも完成イメージをしっかり持っていたので「サビのこの間を活かしたいです」「こんな雰囲気の音を入れたいです」って想いは伝えましたけど、メイクしていなかった子がキレイに衣装を着せられて、メイクもされて帰ってきた感じ?(笑) でも決して派手じゃなくて、その子の魅力がきちんと引き出されて戻ってきた感じがしました。これ、イントロをピアノで始めるかドラムから入るかで、最後の最後まで悩んだんですよ。ドラムからスタートすれば躍動感が出てかっこいいんですけど、ピアノで始まったほうが、この曲の輝きみたいなものが格段に違う気がして。

──それだけ表現したいことが明確にあったんですね。

トミタ そうですね。1stアルバムでトミタ栞の世界をきちんと確立したかったので。「もしもワールド」という曲には、もしも私がこの道を歩き続けたら、みんなはどんな顔をするだろう?……私にも何かできることはあるんじゃないか、という気持ちを歌詞にしたんです。そして“もしも私がここにある曲たちの主人公だったら?”という想像を膨らませていつも歌っているので、その世界観を1枚にギッシリ詰め込みたいという意味で、アルバム・タイトルにもしました。

──大塚愛さんが楽曲提供した新曲「RounD」の歌詞の最後、“キミのセカイ”という言葉が、トミタさんが創り上げた「もしもワールド」にきちんと還っているところが秀逸だなと思いました。

トミタ アルバムの曲がすべて揃って、この曲順に並べて聴いたときに「すごい! “セカイ”で終わってる! “もしもワールド”に繋がった!」って、自分でも驚きました。幻想的な音作りの面白さもいろいろなところで感じられるし、ボーカルやコーラスにもたくさんの表現を取り入れているので、大好きな曲です。新鮮さもありつつ、今のトミタ栞らしい世界観のある1曲だと思っています。

──今後、どんなトミタ栞ワールドを作っていきたいですか?

トミタ 自分の個性がもっと色濃く出る曲作りができたら最高ですね。「作曲しました」って言わなくても、「これ、トミタ栞のメロディだよね?」って、オリジナリティを感じてもらえるようになりたいなぁ。そんなふうに、今後の自分にもワクワクできるアルバムができて、もう大満足です!


リリース情報

2015.02.18 ON SALE
ALBUM『もしもワールド』
EPICレコード
T-150213-BA-1950

[初回生産限定盤/CD+DVD]¥3,241+税
[通常盤/CD]¥2,778+税

詳細はこちら


ライブ情報

“トミタ栞 ライブ2015 ~誕生日関係なく追加公演です!~”

04/29(水)東京・代官山UNIT

詳細はこちら
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人