自身も新鮮さを感じられたと語る、MWAMの新曲「Dive」

自身も新鮮さを感じられたと語る、MWAMの新曲「Dive」

MAN WITH A MISSION

Part.03 「Dive」

「Seven Deadly Sins」に続き、ドン・ギルモアがプロデュースを務めた「Dive」では、新鮮さを感じられたと語るJean-Ken Johnny(g、vo、raps)。その真意とは?

INTERVIEW & TEXT BY 竹内美保


彼ガ考エテイルコトトイウノガ
非常ニ興味深カッタ

──もう1曲、ドン・ギルモアがプロデュースしているのが「Dive」。Jean-Ken Johnnyさん作の疾走感と高揚感のあるナンバーですね。

Jean-Ken Johnny コノ楽曲モメロディトイウモノニフォーカスヲ当テテ、楽曲制作トアレンジヲ一緒ニヤラセテイタダイタンデスケレドモ。自分ノ楽曲ヲ違ウ人ガ咀嚼シタリ、解析シタリスルト“アッ、コウイッタモノニナルンダ”ッテ……ココデノ作業デハ、新鮮サバカリ感ジテイマシタ。

──Johnnyさんの王道的な楽曲と感じていましたが、ご自身のなかでは新鮮だった。

Jean-Ken 「Dive」ハドチラカトイウト情報量ノ多イ楽曲ダトハ思ウンデスケレド、今マデノアレンジデストカ咀嚼ノ仕方トドン・ギルモアトヤッタトキノ解析ノ仕方ガ全然違ウンダナトイウノヲ感ジマシテ。デモ、彼ガ考エテイルコトトイウノガ非常ニ興味深カッタノデ、スゴクイロイロ相談シナガラ作ッタ楽曲デス。自分ノ楽曲ノ可能性ノイロンナ側面ヲ見サセテモラッタトイウカ、ソウイウ印象ヲ受ケマシタネ。一緒ニヤッテミテ。

自然トソウイウフウニ言ッテシマウ

──いちばん興味深かった点はどういったところでしたか?

Jean-Ken ソレコソマタメロディノ話ニナルンデスケレドモ。彼ハ“ソレハソンナニ簡単ニシナクテモイインジャナイノ?”ッテイウクライ、メロディノ並ビヲシンプルニスルコトヲ提案シテキタンデス。デモ実際仕上ガリヲ聴クト、私ガ当初考エテイタモノトハ言葉ノ入リ方ガ全然違ウンデス。言葉ノ伝ワリ方ニストレスガナイトイウカ。ズット彼ガ言ッテイタノハ「Sink into one’s teeth」。“自然トソウイウフウニ言ッテシマウ”トイウ意味ナンデスケレド、一緒ニヤリナガラヤットソレガ理解デキタ気ガシマス。

スゴク重要視シテオリマスノデ

──歌の聴き心地のよさというか声のよさも際立って感じたのは、その効果でしょうか?

Jean-Ken ソウダト思イマス。

──個人的にはリフのかっこよさに心惹かれました。ちょっと跳ねているような。

Jean-Ken アリガトウゴザイマス。私自身、ギター・リフトイウモノヲスゴク重要視シテオリマスノデ、ウチノサポート・ギターノE.D.ヴェダーサントハ何パターンカリフヲ作ッテ。恐ロシイメタルナリフトカモ考エタンデスケレド、コレハチョットアカンナトイウコトデ(笑)。イロイロ悩ミナガラ、ギター・アンサンブルハ結構凝ラセテイタダキマシタ。

リリース情報

2015.02.11 ON SALE
SINGLE「Seven Deadly Sins」
Sony Music Records

J-150212-YS01

[初回生産限定盤/CD+DVD]¥1,700+税
[通常盤/CD]¥1,200+税

詳細はこちら


ライブ情報

MAN WITH A MISSION「Seven Deadly Sins TOUR 2015~七つの対バン~」
詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人