ドン・ギルモアを迎えた、MAN WITH A MISSION最新シングル

2015.02.16

ドン・ギルモアを迎えた、MAN WITH A MISSION最新シングル

MAN WITH A MISSION

Part.01 海外進出を見据えて

より自身の活動の幅を広げるために、ドン・ギルモアを招き完成させたニュー・シングル「Seven Deadly Sins」。バンドを代表して、Jean-Ken Johnny(g、vo、raps)に話を聞く。

INTERVIEW & TEXT BY 竹内美保


新シイ経験ニナルシ、刺激ニモナル

──今作「Seven Deadly Sins」の制作は、ドン・ギルモアをプロデューサーとして迎えられていますね。

Jean-Ken Johnny ハイ。我々MAN WITH A MISSION、日本人プロデューサーデハナク、アメリカ人プロデューサーヲ迎エ入レテ制作ヲスルノハ初ノ試ミダッタンデスケレド。アメリカノEPICカラ何枚カ音源ヲリリースサセテイタダクニアタリ、今後本格的ニ海外ノマーケットヲ意識シテ活動シテイクタメニモコノタイミングデ海外プロデューサーヲ迎エテミルノモイイノデハ? トイウオ話ガEPICノ方々カラアリマシテ。ソレハモウ自分タチニトッテ新シイ経験ニナルシ、刺激ニモナルノデゼヒヤッテイタイナト。ソレデ、ドン・ギルモアト曲制作ノ段階カラ一緒ニ作業シテ、レコーディングニ臨ミマシタ。

トテモ勉強ニモナリマシタネ

──海外を視野に入れつつの進化のためのトライ。制作はスムーズにいきましたか?

Jean-Ken 初メテノ体験デスカラコミュニケーションヲ図ルウエデハ苦労シタトコロモアリマスシ、アイデアノ交換ニオイテ衝突シタコトモアリマス。デモ今マデノヨウナ国内制作チームデ完結シタ作業デスト……自分タチダケノ思イ切リ純粋ナオリジナリティガ生マレテクル可能性ハ高イデスケレド、新シイ方ガ入ルコトニヨッテ違ウベクトルヤアラタナ側面ガ出テクルワケデス。デスカラ、彼カラ出タ新シイ意見ハ柔軟ニ取リ入レテ、曲ガ持ッテイルポテンシャルヤカラーヲ一緒ニ伸バシテイクヨウナ作業ヲシテイキマシタ。イチバン印象ニ残ッタノハ、イイ意味デシンプルニシテイクトイウ作業ニスゴクフォーカスサレテイルトコロデ。ソコハトテモ勉強ニモナリマシタネ。

音楽トイウモノニ対シテ情熱的ナ方

──新しい血を入れるじゃないですけれど、新しいアイデアや意見をうまく融合させながらの制作過程だったわけですね。

Jean-Ken ハイ、オッシャル通リダト思イマス。モチロン彼モアーティストノ個性ダッタリ、オリジナリティトイウモノヲ削グツモリハマッタクナイ人デスシ。スゴク音楽トイウモノニ対シテ情熱的ナ方ナノデ。「最終的ニハバンドガヤリタイコトヲ尊重シテヤッテイクツモリナンダヨ」トイウコトモオッシャッテイマシタシ。楽曲ノ元ハ今マデト変ワラズ、私ヤKamikaze Boyガ持ッテイッテ、ソノ素材ニ対シテ「コウイウ変化ヲ付ケテミタイ」「コウイッタアレンジニシテミテハドウダロウ?」トイウ彼カラノアドバイスガアル、トイウ感ジデシタ。

リリース情報

2015.02.11 ON SALE
SINGLE「Seven Deadly Sins」
Sony Music Records

J-150212-YS01

[初回生産限定盤/CD+DVD]¥1,700+税
[通常盤/CD]¥1,200+税

詳細はこちら


ライブ情報

MAN WITH A MISSION「Seven Deadly Sins TOUR 2015~七つの対バン~」
詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人