フル・バージョンに隠された仕掛けにも注目!TRUE初のアニメEDタイアップ

フル・バージョンに隠された仕掛けにも注目!TRUE初のアニメEDタイアップ

『good!アフタヌーン』に連載されていた石川雅之による漫画をアニメ化した『純潔のマリア』。百年戦争時代のフランスを舞台に、戦争を嫌うが故にサキュバスを使って戦いを妨害し、戦争をかき乱し続けることで天使ミカエルの怒りを買い、純潔を失ったら魔力も失ってしまうという制裁を受けてしまった魔女、マリアの物語。そのストーリーを締めくくるEDテーマ「ailes」を歌うのが、女性シンガー・ソングライターのTRUEだ。

元々、唐沢美帆として歌手活動もしており、その後多くのアニメや声優の楽曲などに詞を提供しつつ、2014年2月にTVアニメ『バディ・コンプレックス』のOPテーマ「UNISONIA」でアニソン・シンガーとしてデビューしたTRUE。もちろん本作でも作詞を担当しており、『純潔のマリア』に寄り添った世界観でアニメに華を添えている。

美しいストリングスで幕を開ける「ailes」は、シンプルなメロディ・ラインに乗せた壮大なバラードでEDらしい一曲。TVのエンディングで流れている1コーラス目では、大きな愛を歌い上げる温かくも力強い歌声が心地よく、思わずその声に身を任せ……ようと思っていると、リズム・セクションの加入とともに2コーラス目からはいきなりのテンポ・アップで、それまでとは違う風景に。一瞬、その流れに驚きつつも、後半にむけてのテンションの高まる展開が気持ちよく、いい意味での「裏切り」に、してやられた感とともに耳から離れなくなるメロディが癖になっているのに気付く。TVのED映像だけではわからない、フル・バージョンの贅沢な仕掛けは一聴の価値ありだ。

さらに今回のシングルには、“Carnaval Remix”と“Consious Remix”と名付けられた「ailes」のリミックス・バージョンも2曲収録されている。表題曲で感じた驚きとともにさらなる表情を見せる各リミックス版を聴き比べてみるのもおすすめだ。

TEXT BY 星野康直(リスアニ!)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人