Part.02 クマムシとは?

2015.02.10

Part.02 クマムシとは?

M-150202-YS21

クマムシ

シングル「あったかいんだからぁ♪」でCDデビューを果たした、お笑い芸人のクマムシ。今週はクマムシについて、まだ知られていないプロフィールについて聞いていきたい。

INTERVIEW & TEXT BY 武市尚子
PHOTOGRAPHY BY キセキ


R-150202-YS21

長谷川ひとりでクマムシみたいなもんですから……


──今週は結成の経緯などを聞いていこうと思うんですけど、“クマムシ”の由来は?

佐藤大樹 そういう虫がいるんですよ。

長谷川俊輔 緩歩動物といいまして、乾燥してても、火で炙っても死なない、地球最強の生物なんですよ。

佐藤 そうそう。宇宙空間でも生きられる虫なんです!

長谷川 最近、“あったかいんだからぁ♪”で知っていただいた方たちが、クマムシで検索すると、本家クマムシの結構グロテスクな画像が出てきて驚くっていうのが、クマムシあるあるです(笑)!

佐藤 最初、長谷川が考えたコンビ名が“黄昏れマーメイドオーケストラ”だったんで、絶対に嫌だから、なんとかしないと! と思っていたときに、ちょうどテレビでクマムシのことをやってて。「芸能界でしぶとく勝ち抜くために、何をやっても死なない不死身のコンビ名としてクマムシにしよう」って言えば納得するだろうと思って提案したところ……納得したんですよ、これが(笑)!

長谷川 そうなんです。いいなと思って(笑)。でも、僕がクマみたいな外見なんで「佐藤くん、クマムシの“ムシ”のほうになるけど、大丈夫?」って言ったんですけどね(笑)。

佐藤 むしろ、今なんか、長谷川ひとりでクマムシみたいなもんですから……(すねる)。

長谷川 最近こうやって結構すねるんですよ(笑)。

R-150202-YS23佐藤大樹

R-150202-YS22長谷川俊輔

突っ込みのくせにすっごい天然なんですよ(苦笑)


──ふたりはどういうきっかけでコンビを組むことに?

長谷川 お笑い養成所で会ったんですけど、これがまたすごい話しなんですよ。同じクラスだったんですけど、自己紹介のときに、こいつはネタを披露せず「僕、女の子好きなんで、僕とコンビ組んでくれたら、合コンとかセッティングするんで、よろしくお願いしま〜す!」って言ったんですよ。それで、完全にクラスで浮いちゃって。誰も近寄りませんでした。

佐藤 そうなんですよ、あれはかなり嫌われたな〜(笑)。で、僕は、同じく自己紹介のときにポルノグラフティの曲を全部パピプペポで歌うっていうネタをやった長谷川くんが気になってて。でも、彼は彼で顔が強面なんで、誰からも声をかけられていなかったこともあったんで、「一緒にコンビを組みませんか?」って僕から声をかけました。

長谷川 正直、「うわぁ〜、来ちゃったよ。この合コン野郎!」って思ったんですけど、1回くらい一緒にネタやってみっかと軽い気持ちでやってみたら養成所の先生の評価がすごく高くて。それで、そのまま養成所のライブに出ちゃえば? って誘われて出てみたら優勝しちゃったんですよ!

佐藤 ラッキーでしたよ。長谷川くんがネタ作るんでね。

長谷川 乗っかってんじゃないよ(笑)。

──佐藤くんが突っ込みなのでは!?

長谷川 そうなんですけど……佐藤くん、突っ込みのくせにすっごい天然なんですよ(苦笑)。

佐藤 まぁ、僕はその頃からこいつの歌ネタのセンスに気づいてたんでね。僕が長谷川を拾ってやったんです(きっぱり)。

長谷川 うるさいよ(笑)!

佐藤 ま、結成の経緯はそんな感じです。


◆今週の1曲

テーマ:完全アウェイな場所でネタを披露しなければいけないときに聴きたい曲

長谷川 BRAHMANの「TONGFARR」。これは、実際に勝負曲として聴いてます。イントロがすごく長い曲なんですけど、そこでだんだんテンションが上がっていくんですよ。

佐藤 Dragon Ashの「Here I Am」。俺はここにいる! みたいな歌詞の内容なんで、まさにそういうシュチュエーションにはぴったりなんじゃないかなと。

Dragon Ash「Here I Am」


リリース情報

2015.02.04 ON SALE
SINGLE「あったかいんだからぁ♪」
ZEN MUSIC

[初回限定盤/CD+DVD]¥1,574+税
[通常盤/CD]¥1,000+税

詳細はこちら

オフィシャルサイト


CONTENTS

Part.01 クマムシ、CDデビュー!
Part.02 クマムシとは?
Part.03 クマムシの好きな音楽
Part.04 クマムシのこれから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人