【動画アリ】柔らかな印象を与える、Czecho No Republicの“かわいい”新曲

【動画アリ】柔らかな印象を与える、Czecho No Republicの“かわいい”新曲

Czecho No Republic

優しさと温もりとほんの少しの切なさを溶け込ませた、Czecho No Republicらしいラブソング「For You」について、武井優心(vo、b)とタカハシマイ(cho、synthesizer、percussion)のふたりに語ってもらった。

INTERVIEW & TEXT BY 吉田可奈


ついにこの曲が成仏できるときが来た!


──新曲「For You」は、どんなきっかけで生まれた曲なのですか?

武井優心 実はこの曲は、かなり前からストックとしてある曲だったんです。でも、アレンジに困っていて、リリースはもちろん、ライブでさえ披露してなくて。

タカハシマイ とはいえ、メンバーもこの曲が好きで、リリースする機会をうかがってたんですが、なかなかいいタイミングが来ず。そんなときに「ポッキー」のCMソングのお話をいただいて、“この曲はかわいらしさがあるから合うんじゃない?”ということになったんです。

──“ポッキー=かわいい”というイメージだったんですね。

武井 どちらかというとキュート系お菓子だよね? 「よっちゃんイカ(カットよっちゃん)」に比べたらキュートでしょ?

タカハシ たしかに(笑)。どっちもおいしいけどね。

──そこで、悩みの種だったこの曲が開花する日が来たと。

武井 はい。開花というよりは、“ついにこの曲が成仏できるときが来た!”と思いました(笑)。いいタイミングなので、これまでの歌詞もアレンジも思い切り変えて、新しく蘇らせたんです。

武井さんの高い声を
活かしたほうがいいかも


──そこでメイン・ボーカルをタカハシさんに?

武井 そうですね。この曲が完成したときに、あまりにかわいらしい曲になったので、俺が歌うのはどうなんだ? って思ったんです。そこでタカハシに「ちょっと歌ってよ」ってお願いしたら、なんと最初は「え~、私!?」って嫌がられてしまい(笑)。

──嫌がったのですか(笑)。

タカハシ 最初にこの曲を聴いたときに、すごくかわいい曲だと思ったので、女子の私が歌ったら、ちょっと甘くなり過ぎるんじゃないかなって。元々、私の声は突き抜けるような強い声ではないので、武井さんの高い声を活かしたほうがいいかもって思ってたんですよ。

──すごくロマンチックな歌詞ですし。

武井 そうなんですけど……そこは説得してお願いしました(笑)。

そんな恥ずかしいこと聞くんですか?


──でも、ただ幸せな曲では終わらないのが、Czecho No Republic(以下チェコ)らしさと言いますか。

武井 あ、気づきましたか(笑)。最初に「For You」という言葉は曲と同時に出てきたんですけど、そこから歌詞の世界を広げるとしたら、やっぱりラブソングだと思ったんですよね。でも、ただの幸せな曲ではなく、亡き人を思うような歌詞にしたかったんです。そんな人たちが、自分勝手に自己完結して、自分を落ち着かせるという人をイメージして書きました。実は、そういう人ってたくさんいると思うんですよ。例えば、写真や動物などに普通に話しかけている人っているじゃないですか。

──「かわいいー!」って野良猫に近づいてみたり。でも、武井さんもペットには話しかけていたんですよね?

武井 そんな恥ずかしいこと聞くんですか? まぁ……話しますけど(笑)。

タカハシ どんなこと話していたの?

武井 言いたくないよ(笑)。自分だって話しかけてるじゃん!

タカハシ あれは完全に無意識なんですよ。でも、そういうことをすることで、穏やかな気持ちになったりするんですよね。

武井 そうそう。それが自己完結だと思うんですよ。そんな気持ちを表現した歌詞です。

跡形もなく消去されました(泣)


──サビでは美しいコーラスが印象的でした。

タカハシ この曲をレコーディングするときに、歌モノを歌い上げるという感覚ではなくて、バンド感を出したかったんです。だからこそ、メンバーのコーラスが活きるようなアレンジになりました。メンバーみんながコーラスをできるところもチェコの強み。サビや大サビも違うメロディのコーラスが入っているので、注目して聴いてもらえたらうれしいですね。

武井 あと、この曲ではトランペットの生音を使用したんですよ。

タカハシ 最初は私が鍵盤でトランペットの音色を収録していたんですが、締め切りギリギリになって武井さんが「やっぱり生楽器がいい」と言い出して、急遽、プロの方に吹いてもらったんです。私、すごく練習してレコーディングしたのに、ちょっとガッカリしちゃいました。

武井 そうね。後から全部タカハシが弾いたトランペットは消したからね(笑)。

タカハシ そうなんですよ! すごく真剣にレコーディングしたから、生楽器が入ったとしても私の鍵盤で弾いたトランペットの音色は少しは生きていると思ったんですけど……跡形もなく消去されました(泣)。

武井 まぁ、生楽器には勝てない(笑)。

タカハシ でも、結果的にすごくいい曲になったので、必死に自分を説得しました。

ずっと悩んでいたことがひとつ解決した


──チェコの楽曲はリリースごとに、いい意味で予想を裏切る出来栄えになっていますが、曲作りをすればするほど、理想の音色を鳴らせるようになってきたのではないですか?

武井 う~ん……。まだまだ知らないことが多いので、そこには到底及ばなそうですね。毎回勉強することも多いし、頭で鳴っている音を完璧に再現するのはなかなか難しいんです。そういえば、昨日エンジニアの方にお会いして、いい機材とテクニックを教えてもらったんです。おかげでずっと悩んでいたことがひとつ解決したんですよ。次はそのテクニックを使って、さらにいい曲を作ってやろうと企んでます。

──なるほど。では次作も驚かせてくれることを楽しみにしていますね!

武井 はい。期待に答える自信はあるので楽しみにしていてください。

【動画テーマ】“So Cute(=かわいい)”な出来事


リリース情報

2015.02.04 ON SALE
SINGLE「For You」
日本コロムビア

J-150205-YS01

[ワンコインシングル(CD)]¥500+税
[DVD付きシングル(CD+DVD)]¥1,800+税

詳細はこちら


ライブ情報

Oh Yeah!!!!!!! TOUR
02/12(木) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
02/13(金) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人