関西に拠点を置くビジュアル系バンドに注目!

2015.02.06

TEXT BY 藤谷千明

新たなビジュアル系シーンは関西から始まるかもしれない?

ビジュアル系のルーツを遡るときに「関西」という土地のことは外せません。ビジュアル系に大きな影響を与えたDEADENDは関西出身のバンドですし、黎明期には「東のX(JAPAN)、西のCOLOR」と呼ばれ、東京と関西がある意味ライバルのような状態でシーンが盛り上がっていたこともあります。「誰よりも目立つ」というビジュアル系の精神は関西人の基質に合っているのかも。新たなビジュアル系シーンの流行は関西から始まるかもしれない……ということで今回は関西に拠点を置いて活躍するインディーズ・ビジュアル系バンドを紹介したいと思います。

■Sadie

今年結成10周年を迎える関西の雄、Sadie。4月には大阪・大阪城野外音楽堂でのライブも決定しています。

■the Raid.

キラキラした楽曲が人気のバンド。ちなみにthe Raid.ファンのことは「レイダーズ」と呼ぶそうです。

■FEST VAINQUEUR

関西を中心に活動中のFEST VAINQUEUR。確かな演奏力とエンターテインメント性溢れるライブで知名度は全国区。

■パノラマ虚構ゼノン

京都に拠点を置いて活動するパノラマ虚構ゼノン。「ヘドバンド」を自称するように、激しいライブに定評があるようです。

■マイナス人生オーケストラ

サブカル路線を貫くマイナス人生オーケストラは、東京・TSUTAYA O-WESTワンマンライブも決定しています。

拠点は関西でも、こちらにあげたバンドは全国へライブに行くことも多いので、ぜひ一度チェックしてほしいと思います!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人