【第11回】OLDCODEX・Ta_2のハイレゾ音源&ハイエンドイヤホンへの道

2015.02.05

【第11回】OLDCODEX・Ta_2のハイレゾ音源&ハイエンドイヤホンへの道

【第11回】OLDCODEX・Ta_2のハイレゾ音源&ハイエンドイヤホンへの道

OLDCODEX

【第11回】OLDCODEX・Ta_2の
ハイレゾ音源&ハイエンドイヤホンへの道

Ta_2(vo)がお送りする「OLDCODEX・Ta_2のハイレゾ音源&ハイエンドイヤホンへの道」第11回。前回は相棒のYORKE.(painter)を交え、ハイレゾ音源をテーマにクロストークを行ったが、今回は実際にハイレゾ音源を聴いたときの印象について聞いてみた。

INTERVIEW BY 野村ケンジ
TEXT BY ジャガー
PHOTOGRAPHY BY 冨田 望
STYLING BY 工藤 明(YORKE.)


《Part.02 聴いた印象》

R-150202-YS53

ハイレゾ音源を聴くとソワソワする


YORKE.
 初めてハイレゾ音源を聴いたときは衝撃だったね。耳から入ってくる音が、ダイレクトに血に入ってくるような感じがした。(音が)入ってきて、数秒後に体中にパーンって広がっていく感覚……すごく立体的っていうのかな。

Ta_2 “こんなところでこんな音が鳴ってたんだ! すげぇ”って発見があったり、どこでどの音が響いているのかっていうのもわかるから、聴いてるうちに距離感を掴むんだよね。で、そういういろんな要素が合わせると、YORKE.がいう“立体的に聴こえる”になるんだと思う。

YORKE. 普段、音楽を聴いて平面に絵を描くことが多いんだけど。スタジオにいるときは勝手に手がね、(自由に揺らしながら)こう動くんだ。立体的に感じられるから、ハイレゾ音源を聴くとソワソワする。街歩いてても「このビル動くんじゃないか?」って思ったり。自分のなかでワールドが広がっちゃってるから、ちょっと危ないんだけど(笑)。

R-150202-YS54

彼、ウィキペディア並だから(笑)


Ta_2
 あー、それすげぇわかる。意識がどんどん曲に引きずり込まれていくから、聴いてる音楽によって、街の景色が変わってきたり。楽しいけど、集中し過ぎると他が見えなくなるから、たしかに危ない(笑)。

YORKE. 妄想がハンパなく広がるからね。前に、野村さん(オーディオ&ビジュアル・ライターの野村ケンジ氏)からいただいたイヤホンで音楽聴きながら外に出たんだけど、俺2時間くらい歩くのが止まんなくて……というか、気づいたら2時間経ってたんだよね。それぐらい(音楽の世界に)入っちゃってたなぁ。でも、それが音楽の本質というか、強さだと思うんだよね。どんな環境で聴いても、聴いている間はその世界にいることができるっていうのが良さというか。ただ、Ta_2が言ってるオーディオの知識は、正直聞いてるだけだとわかんないんですよね。彼、ウィキペディア並だから(笑)。

Ta_2 あはは。えっ、そう?(笑)

R-150202-YS51

両方の好奇心が今ものすごく高まってる


YORKE. 
知識量が違うから(笑)。野村さんとTa_2の話は本当すごい、一度みんなに聞いてもらいたいね。途中から俺はついていけなくなっちゃうけど。でも、実際にハイレゾ音源聴いたり、ハイエンドイヤホンで好きな音楽を聴いてみると直感的に理解できるから、ぜひみんなにも体感してもらいたいね。

Ta_2 今、いろんな形で“音好き”の努力の成果が世に出てきてるっていうのも面白いところで。例えば、すでにMP3データの音源をアップコンバートしてちょっとハイレゾに近い音で聴けたりするアプリやソフトがあったりするんですけど、そうやってこれまで試行錯誤されてきたことが一つひとつ形になってるのがうれしくて。ハードの進化はCDでしばらく落ち着いてるけど、その代わり“デジタルでももっと面白いことができるんじゃないか?”っていう作り手側の探究心と“いい音で音楽を楽しみたい”と思うユーザー側、両方の好奇心が今ものすごく高まってるから、これからさらに音楽が面白くなってくるんじゃないですかね。

R-150202-YS52

<第10回 第11回 第12回>


リリース情報

2015.04.01 ON SALE
MINI ALBUM『pledge』
Lantis

J-150319-YS01

[CD+DVD]¥2,800+税

詳細はこちら

OLDCODEX オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人