ファンキー加藤の本気はここにも!アンコール「紫陽花」

ファンキー加藤の本気はここにも!アンコール「紫陽花」

ファンキー加藤

Part.04 武道館を振り返って~爆笑カラオケ映像「紫陽花」の撮影秘話

記念すべきソロ初ワンマン・ライブ本編終了直後、熱気冷めやらぬファンからの声援によりアンコールへ突入! ん? さっきまでの緊張感はどこへやら。アンコールで披露された“あの曲”で武道館が大爆笑に包まれる!?

INTERVIEW & TEXT BY 宮本英夫
PHOTOGRAPHY BY 駒井夕香、笹原清明、堂園博之


「スーツに肩パッドが入ってて……」


──いろいろ楽しい演出もありましたけど、やっぱり最高なのはアンコールの「紫陽花」でしょう。ファンキー加藤主演のカラオケ映像がバカ受けで。

ファンキー加藤 あれはねぇ、ライブ中なのに、あんなに自分に視線が向いてないのは初めて(笑)。おかげで休めました。ライブの映像を見ると、すごい気を抜いて歌ってるんですよね(笑)。

──特典映像として入るので、皆さんお楽しみに(笑)。でも本当よくやりましたね、あそこまで。

加藤 あれはアイデアが浮かんで、すぐにスタッフに言ったんですよ。「スーツに肩パッドが入ってて……」って。

──そこから入る(笑)。

加藤 絵コンテを書いたんですよ。昔のスナックにあるカラオケの古くさい映像をイメージして、「こういうことをやりたいんです!」って。で、最後のオチでずっと顔が見えなかった男が俺だったみたいな。そしたらすぐ衣装も用意してくれて、相手役の女性も3~4名選んでくれたんですけど、まず最初に二十代前半の子を外しました。昭和の香りがしないから(笑)。30前後のいい感じの、僕の好きなタイプの子で行きましょうということで、歌舞伎町の場末のキャバレーみたいなところを借りて撮影したんですよ。ちょっと怖い場所なのに、そこをあの服で歩いたんですよ。

R-150129-YS041

「昭和はこれですから!」

──それは絶対絡まれるパターン(笑)。

加藤 あの映像を作ってるときは本当に楽しかった。ふざけるときは全力ですよ。最初、女の子のメイクが終わったときに、俺とマネージャーで「どう思います?」「うーん、ちょっと平成寄りっすね」とか言って、ヘアメイクさんに「もうちょっと眉毛太くしてもらっていいですか」って女性も戸惑うぐらいに(笑)。もちろん、「昭和はこれですから!」って、俺もバコーンと眉毛を太くして、肩パッド2枚入れましたよ。あれも昔のダブルのスーツを用意してもらって……(撮影時を思い返しながら)めっちゃ楽しかったなぁ。またやりたいなぁ。「紫陽花」っていう漢字のフォントにも超こだわったんですよね。絶対今は使わないフォント(笑)。あのときは本当に楽しかったな。

R-150129-YS042

みんなの爆笑は耳に残ってますよ

──もしかして、いちばんお金と時間がかかってるんじゃないか(笑)。

加藤 かかってるんですよ、実は。それが2分30秒ぐらいで終わっちゃうところがまたいい(笑)。今でも、武道館でのみんなの爆笑は耳に残ってますよ。これからは、こういうところも俺が担っていかないと。

──それ、MCでも言ってました。

加藤 そうなんですよ。今後のひとつの課題として、もう少しファニーな要素もライブに入れてもいいかなと。FUNKY MONKEY BABYSではDJケミカルというモンスターにお任せしていたんですけど、そこをソロでは自分自身が練りに練った面白さで提示していかないと。頭からケツまであの調子じゃ、お客さんも疲れちゃうので、肩の力を抜けるパートを作ろうと思って。ツアーに向けて、今はそこを一生懸命考えてますね。

R-150129-YS043

リリース情報

2015.02.04 ON SALE
DVD & Blu-ray「I LIVE YOU 2014 in 日本武道館」
ドリーミュージック・

J-150129-YS011

[DVD]¥5,370+税
[Blu-ray]¥6,296+税

詳細はこちら


ライブ情報

ONE FOR HALL TOUR 2015
詳細はこちら
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人