SKY-HIがレーベル・メイトのNIHA-C、Moroと共に捧ぐ、 レーベル賛歌

SKY-HIがレーベル・メイトのNIHA-C、Moroと共に捧ぐ、 レーベル賛歌

SKY-HI

Part.02 『BULLMOOSE presents FLOATIN’ LAB II』

SKY-HIの主宰レーベルより発売される、コンピレーション・アルバム第2弾『BULLMOOSE presents FLOATIN’ LAB II』。SKY-HIが期待を寄せるNIHA-CとMoroとの楽曲を中心に同作品について語ってもらった。

INTERVIEW & TEXT BY 大野貴史
PHOTOGRAPHY BY 山内洋枝(PROGRESS-M)


とにかく先に作っちまおう、と(笑)


──連続インタビューの2日目です。今回はコンピレーション・アルバム『BULLMOOSE presents FLOATIN’ LAB II』の収録曲について具体的にお聞きします。

SKY-HI ちなみにリード・トラックは2曲目の「BULLMOOSE ANTHEM」です。

──じゃあ、その曲のお話から。昨日も名前が出たNIHA-CさんとMoroさんと、そしてSKY-HIさんの3人によるレーベル賛歌。

SKY-HI NIHA-CとMoroを応援しようって決めたとき、まず最初に、こういうレーベルのテーマ的な楽曲を作ろうと思ったんです。逆に言えば、この曲ができれば、きっとコンピレーション第2弾の話が現実味を帯びるだろう、と思ったというか。象徴する存在がひとつあれば、その目標に向かって人間は進むんですよ……ということを経験的に学んできたから、とにかく先に作っちまおう、と(笑)。

R-150128-YS21

いけてる若い子たちとは
定期的に曲を作ったほうがいい


──そのあたりの行動力は非常にSKY-HIっぽいというか(笑)。

SKY-HI そのやり方で、どんどん開拓してきましたからね(笑)。で、この曲ではプロデューサー目線で自分が“BULLMOOSE”というレーベルに対して持ってるイメージであったり、やっていくべきだと思ってることであったり、こうありたいという希望であったり、そういうものを投影しました。

──フックがめちゃくちゃかっこいい。特にSKY-HIが登場するあたりなんかは……。

SKY-HI ボス感ありますよね(笑)。これを作って思ったのは、いけてる若い子たちとは定期的に曲を作ったほうがいいな、ということ。そうすることによって、まだまだ自分がいけてるか、ちゃんと勝ててるか、みたいなことが確認できるから。

R-150128-YS22

NIHA-Cと共演するのは秀太しかいない


──そんな3人に加え、サイプレス上野さんと十影さんも参加している「Get Booty」もインパクト抜群。でも、ちょっと内容には触れづらい面もありまして(笑)。

SKY-HI ですよね。十影さんのバースが衝撃的だ、とだけ言っておこう(笑)。

──NIHA-CさんとAAAの末吉秀太さんのコラボ曲「You Love Me」も話題になりそう。

SKY-HI 同じグループだから秀太を呼んだんじゃないか、とか。友達だから呼んだんじゃないか、とか。いろいろ邪推されると思うから声を大にして言いたいんだけど。そういうのは一切ない。単純に、この曲でNIHA-Cと共演するのは秀太しかいないと思ったから呼んだ。それだけ。この曲には実は俺も入りたかったんだけど、でも友達感が出ちゃうのが嫌だったから、あえて止めたんですよ。これだけ言っておいても勘違いする人がいるんだろうけどね(笑)。


【お知らせ】
DAILY MUSIC presents SKY-HI 公開取材開催決定

現在、同イベントの観覧希望者を募集しています(観覧希望の応募をいただいた方のなかから抽選で70組140名様をご招待)。皆様、ふるってご応募ください!!

観覧募集概要&応募フォームはこちら

リリース情報

2015.01.28 ON SALE
ALBUM『BULLMOOSE presents FLOATIN’ LAB II』
BULLMOOSE/SPACE SHOWER MUSIC

J-150128-YS12

¥2,222+税

詳細はこちら

2015.02.04 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Limo」
avex trax

J-150128-YS11

詳細はこちら


ライブ情報

SKY-HI TOUR 2015 〜Ride my Limo〜
詳細はこちら 
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人