会場に入った瞬間から楽しめる。ファンキー加藤のこだわり

会場に入った瞬間から楽しめる。ファンキー加藤のこだわり

ファンキー加藤

Part.02 武道館を振り返って~残すところと変えてゆくところ

昨年9月に行われた“I LIVE YOU 2014 in 日本武道館”。ソロとして初のワンマン・ライブということで、FUNKY MONKEY BABYS(以下ファンモン)からの流れを汲む部分とあらたなカラーを打ち出した部分について聞いてみた。

INTERVIEW & TEXT BY 宮本英夫
PHOTOGRAPHY BY 駒井夕香、笹原清明、堂園博之


J-POPが好きだし、日本語の歌が好き

──DVD & Blu-rayには入ってないけれど、開演前にずっと流していたBGMがあったでしょう。あの選曲は……。

ファンキー加藤 俺です。

──やっぱり。そうだろうなと思って、ライブ・レポートにも書いちゃった。合っててよかった(笑)。

加藤 さすがですね(笑)。僕がこの歳になるまでに影響を受けた、しかも邦楽のアーティストさんの代表曲をピックアップしました。BOØWY、サザンオールスターズ……。

──KICK THE CAN CREW、SMAPも。“らしいな~”と思ったし、もうその時点で、今日は100%のファンキー加藤を見せるつもりだろうなと思いました。

加藤 ちょっとおしゃれな洋楽とかを流すつもりはなかったですね。僕はJ-POPが好きだし、日本語の歌が好きなので。カラオケ気分で一緒に歌ってくれればいいなぁぐらいの感じで選びました。

R-150129-YS023

今という瞬間に解き放てれば

──そういうディテールが面白かったんですよ。ファンモンのライブでは「小さな恋のうた」をかけていたけど、その代わりに何をかけるのかな? とか。

加藤 残すところと変えていくところは、結構考えました。ファンモンとまったく一緒のことをすれば、スタッフさんも含めて楽かもしれないですけど、やっぱり何か変化していかないと、思い出に引っ張られたら駄目なので。繋がってきた過去と、繋げていく未来の両方を今という瞬間に解き放てればいいなと。

R-150129-YS021

今後も使いますよ(笑)

──まさにそれがこのライブのテーマだったと思います。開演前に恒例の“ファンモンエクササイズ”も“ファンキー応援団体操”に変わって。でも、やってることは同じという(笑)。

加藤 そうなんですよ(笑)。でも、あれは絶対残したほうがいいだろうなと。単純に、ライブ前に体を動かすだけでみんなのテンションが変わるし、かといってファンモンエクササイズをファンキーエクササイズにすると、スケールダウンした感じになっちゃうから。何か別のことをやろうと思っていて、考えてるうちに応援団がいいなって。すぐにマネージャーに話して……あれはどこだっけ? 埼玉? 学ランを買いに行ったのは。

──あはは。わざわざ買いに行った。

加藤 ああいう長ラン短ランって、東京にはもう売ってないんですよ。八王子にもない。だから埼玉の川越?

──川越にはまだありそう、とか言ったら怒られますね(笑)。

加藤 北関東にしかないんですよ(笑)。群馬とか茨城とかまで行かないと。たぶん、いちばん近いのが川越で。せっかく買って来てもらったので、今後も使いますよ(笑)。“ファンキー応援団体操”は続けて行くと思います。

R-150129-YS022

リリース情報

2015.02.04 ON SALE
DVD & Blu-ray「I LIVE YOU 2014 in 日本武道館」
ドリーミュージック・

J-150129-YS011

[DVD]¥5,370+税
[Blu-ray]¥6,296+税

詳細はこちら


ライブ情報

ONE FOR HALL TOUR 2015
詳細はこちら
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人