豊永利行 – Part.04 豊永利行の2015年

豊永利行 - Part.04 豊永利行の2015年

M-150113-YS31

豊永利行

いち表現者として、活動の場を広げる豊永利行。本格的な音楽活動をスタートさせ、今後の活躍に期待が集まる彼に2015年の抱負を語ってもらった。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之
PHOTOGRAPHY BY 冨田 望


R-150113-YS33

いい意味で流されてみようという気持ち

──「Reason…」によって、“アーティスト・豊永利行”さんの存在はさらに注目されると思います。2015年の活動はどうなりそうですか?

豊永利行 これは音楽活動に限ったことではないんですけど……俺は元々、自分がやりたいことや「こうしたほうがいいと思います」という意見を包み隠さず言うタイプだったんですよ。スタッフさん、プロデューサーの相談の輪に入りたがるというか。今はそうじゃなくて、制作チームがやろうとしていること、表現したいと思っていることを読み解きたいんですよね。おこがましい言い方かもしれないですけど、いい意味で流されてみようという気持ちが強くなっていますね。

──そういう意識の変化は何がきっかけだったのですか?

豊永 インディーズ時代のライブ活動、メジャー・デビューを経て、「他のアーティストはどんなふうにやっているんだろう?」と思ったことが大きいですね。そういことを考えいているうちに「周りの人たちは自分に何を求めていて、何を表現してほしいと思っているんだろう?」と考えるようになったので。

R-150113-YS32

周りの皆さんの助けが必要不可欠

──シンプルに“大きい会場でライブをやりたい”という気持ちなどはないですか?

豊永 “結果として、そういうことが出来たらうれしい”という感覚ですね。もちろん、“少しずつステップアップしていきたい”とか“いつかは横浜アリーナで……”みたいな気持ちもあるんですよ。ただ、それを目標にするのではなくて、感謝の思いを持って、一つひとつ取り組んでいくことが大切かな、と。ひとりでは何もできないし、周りの皆さんの助けが必要不可欠ですからね。若いときはかなり尖っていたというか、だいぶ迷惑もかけたと思いますが、今は“みんなでひとつの作品を作る”というのが楽しいので。

R-150113-YS31

「あのアニメの主題歌だ!」

──アニメ作品とのコラボレーションも増えていくのでは?

豊永 そうなってくれたらいいですよね。ドラゴンボール世代なので、影山ヒロノブさんの歌などもよく聴いていたので……僕が子供のときに観ていたアニメの主題歌は、そのアニメのためだけに作られていたものが多かったと思うんです。曲を聴けば、「あのアニメの主題歌だ!」とすぐにわかるっていう。そういう曲を自分で作って、皆さんに提供できるとしたら、こんなにうれしいことはないなって思いますね。


◆今週の1曲

テーマ:大事なセリフをキメたいときに限って盛大に噛んでしまった……ときに聴きたい曲
とんねるず「ガラガラヘビがやってくる」

豊永 パニックみたいな感じの曲がいいかなと思って。“ガラガラヘビ”を“噛み噛みヘビ”に引っ掛けることもできるし(笑)、“ガラガラヘビがやってくる〜”って歌いながら、その場から逃げてもいいし。この曲がヒットしていた頃、とんねるずさんの番組をいつも観てたんですよ。あとは「ダウンタウンのごっつええ感じ」も。お笑いとニュース番組が好きでした。


M-150105-YS31

リリース情報

2014.12.17 ON SALE
SINGLE「Reason…」
アニプレックス

J-150105-YS31

[初回生産限定盤/CD+DVD]¥1,600+税
[通常盤/CD]¥1,200+税

詳細はこちら

オフィシャルサイト


CONTENTS

Part.01 豊永利行の音楽活動
Part.02 メジャー・デビュー曲「Reason…」
Part.03 豊永利行の好きな音楽
Part.04 豊永利行の2015年

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人