「れじっちゃう!?」治外法権~ライブレポート第3弾~

「れじっちゃう!?」治外法権~ライブレポート第3弾~

「れじっちゃう!?」治外法権~ライブレポート第3弾~

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ/BugLug/Blu-BiLLioN

「れじっちゃう!?」治外法権~ライブレポート第3弾~

“Resistar Records(レジスターレコーズ)のことをもっと知っちゃう!?” 今最も勢いのあるヴィジュアル系バンド「DOG inTheパラレルワールドオーケストラ」「BugLug」「Blu-BiLLioN」が所属するResistar Recordsの連載、「れじっちゃう!?」。2015年1月4日に渋谷公会堂にて行われた“治外法権-新春だよ全員集合!!2015-”の模様を3回に渡って公開!

INTERVIEW & TEXT BY 清水素子
PHOTOGRAPHY BY 河井彩美<AY-Beatrium>


第1弾のレポートはこちら! 
第2段のレポートはこちら! 

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ

C1-BA-1251

 トリのDOG inTheパラレルワールドオーケストラは、11月9日の舞浜アンフィシアター以来、これがなんと2ヵ月ぶりとなるライブ。まずは「さくらさくら」の琴の音が鳴り、幕の向こうから「会場のみなさん、イケますか?」と春が煽ると、場内はカラフルに瞬くミルキー・リングのきらめきでいっぱいになる。そこにミラー・ボールが下りてきて、よりファンタジックな空気が強くなるなか、演奏されたオープニング曲は最新シングル「エレクトリックパレード」。曲テーマでもある“夢の国”さながらのきらめき&ときめきを振りまく一方で、準々の柔らかなギター・ソロ後にすかさず緩菜のドラムがキメたりと、アンサンブルの呼吸もバッチリだ。加えて「ミラクルGO!」では、春の歌が弱さを受け入れつつも強く生きていこうというメッセージを逞しく発信。涙目になりそうな勇気を与えられた客席は大きく拳を、続く「ラブぴぽ」でも無数のタオルを振り、ホールでの披露は今回が初となる「StyleLover-Rubber:Style-」で座席と通路を越えて左右に民族大移動する。その壮観すぎる光景に、春も「引くほど楽しかった!」と興奮の色を隠せない。

 「今日のライブが楽しみで、昨夜は眠れなかった。そんな気持ちを忘れずに毎回のライブを頑張りたい」と春が2015年の抱負を語っての「ココロVIBES」では、準々がミズキ(g)やメイ(b)に向かって謎の踊りで迫るシーンも。久々のライブにテンション振り切っているのは、どうやらオーディエンスだけではないようだ(笑)。さらにDOGの始まりの曲「APPLE WORLD GO AROUND」に到ると、歴代のアーティスト写真がバックに流れ、春の語りかけるようなボーカルが“過去”を積み重ねた上にある“現在”を輝かせる。最後は“DOGちゃん6周年おめでとう!”の文字が正月結成の彼らを祝って我々の涙腺を緩ませ、ダメ押しにラストの「Doggy’s Party!!」曲中で今度は新しいアーティスト写真を解禁! そこに映し出された赤と黒を基調としたフォーマルな姿と、今のベストを詰め込んだライブは、2月18日発売の3rdアルバム『パラドッグス』が紡ぐ“未来”を確かに眩しく照らしていた。

セッション:一聖(vo)、準々(g)、宗弥(g)、メイ(b)、teru(key)、将海(ds)

C2-BA-1251

 メイン・アクト3バンドの余韻に浸る会場に「まだ遊べるかい! 珍しくバラードなんてやってみようと思います。THE YELLOW MONKEYで「JAM」」と一聖(BugLug)が語り掛け、寂しげなteru(Blu-BiLLioN)の鍵盤と宗弥(Blu-BiLLioN)のギター・アルペジオから最後のセッションがスタート。宗弥にドラムの将海(BugLug)と、他セッションに乱入して爆笑を巻き起こしてきたメンバーも、ここでは恐ろしく真摯なプレイでオーディエンスを聴き入らせ、トドメとばかり一聖のエモなボーカルと準々(DOG inThePWO)の泣きのギターが哀しい激情で場を圧倒する。さらに「せっかくだから、いっちゃんとイチャイチャしたいけど、次の曲でイチャイチャする図を想像したら、さすがの俺でも気持ち悪い!」と話す準々に、珍しく「イチャイチャできたらいいね」と優しく応えた一聖がタイトル・コールしたのは、Acid Black Cherryの「Black Cherry」! その瞬間、場内からは凄まじい悲鳴が沸いたが、それもそのはず。妖しい香りを放つピンクのライトのなか、メイ(DOG inThePWO)のランニング・ベースに乗って、恐ろしくエロティックな詞をセクシーな声音で歌う一聖はあまりにも艶めかしく、念願だった彼からのアプローチを受けた準々さえ、動揺のあまり後ろにひっくり返ってしまったほどだ(準々いわく「だって迫り狂ってくるんだもん!」とのこと・笑)。

 そこから3バンドのメンバー全員を呼び込めば、自撮り棒を手に現れた春(DOG inThePWO)が記念撮影を始めたり、優(BugLug)は「よいお年を!」と時空を超えたりと、ステージ上はてんやわんや。そのまま大セッションが始まって、下手ギター会の制作による「Resistar Recordsのテーマ」で6時間に及ぶイベントを締めくくる。演奏中、メイにコードを教えて先輩の優しさを発揮していた珀(Blu-BiLLioN)は、春に指名されて「今年1年Resistar Records一同で楽しいことをやっていこうと思うんで、よろしくお願いします!」と最後の挨拶を。終演後の映像では、夏恒例のツアー“治外法権VOL.5”を全国5都市で開催することも発表して、Resistar Records3バンドは2015年のさらなる飛躍へと走りだした。

春(DOG inThePWO)の2015年の抱負

 早く新曲がやりたいなぁと、心の底から思えるライブでした。アルバムを出す前の現時点ではベストなライブができて、すごく良い1年のスタートが切れたからこそ、新しいDOGに期待をしてもらえたらうれしいなぁと。きっとアルバムは予想外のものになるだろうし、そこでちゃんと良い新曲を作って一皮剥けないと、バンドとして次の段階に進めませんからね。今年も初心を忘れず頑張っていくんで、まずは2月18日発売のアルバム『パラドッグス』を楽しみにしていてください!

-続-


リリース情報

2015.2.18 ON SALE
ALBUM『パラドッグス』
Resistar Records
[初回盤A/CD+DVD]¥3,800+税
[初回盤B/CD+DVD]¥3,800+税
[通常盤/CD]¥3,000+税

詳細はこちら


ライブ情報

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ主催イベント『乱!!犬小屋』

詳細はこちら


“パラドッグス”ツアー第1弾 ホール・ツアー『春のワンワン大行進』

詳細はこちら
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人