高橋洋子が『クロスアンジュ』を温かく包む「真実の黙示録」

高橋洋子が『クロスアンジュ』を温かく包む「真実の黙示録」

今回は、2014年10月から放送中のTVアニメ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)』(以下、『クロスアンジュ』)の後期OPテーマとして、1月からオンエアされている「真実の黙示録」を紹介したい。

TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のOP曲「残酷な天使のテーゼ」やアニメ映画『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 DEATH & REBIRTH シト新生』の主題歌「魂のルフラン」など、誰もが聴いたことがあるだろうヒット曲を持つ高橋洋子の約1年10ヵ月ぶりとなるシングルでもある「真実の黙示録」は、『クロスアンジュ』でヒロイン・アンジュへのメッセージを込めた母性に満ち溢れたナンバー。「残酷な天使のテーゼ」「魂のルフラン」と同じく作曲&編曲を大森俊之が担当し、作詞は高橋自身が担当するこの曲は、荘厳なコーラス・ワークも印象的で、アニメの世界観同様壮大な楽曲に仕上がっていて必聴の一曲だ。

一方カップリングには、高橋が作詞・作曲を担当した「新しい星」を収録。こちらも『クロスアンジュ』のために書かれたかのような愛に溢れた美しいバラードで、「真実の黙示録」から一転、音数の少ないシンプルなアレンジとともに、高橋の温かくも力強いボーカルが心に沁みてくるナンバー。特にタイアップ曲というわけではないそうだが、作品のどこかで流れてもおかしくないくらい『クロスアンジュ』の世界観にぴったり合っている楽曲だ。

オリジナル・アニメとして、怒涛の展開も話題になっている『クロスアンジュ』。物語も後半に入り、クライマックスに向けてどのようなストーリーが待ち構えているのか、楽しみながら見続けていきたい。

TEXT BY 星野康直(リスアニ!)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人