こんなにまっすぐな人はいない!AAAリーダー・浦田直也の素直すぎる性格!

こんなにまっすぐな人はいない!AAAリーダー・浦田直也の素直すぎる性格!

マダムミハエルの恋愛部【活動22】

ネームリーディング・アドバイザーのマダム・ミハエル氏を顧問としてお迎えし、“いい女”“いい男”になろう! というスローガンのもと、スタートした「恋愛部」。かっこいい男性アーティストをお招きして、“いい男”とは? を学んだり、恋愛相談から見えてくる“恋の駆け引き”“恋愛の掟”を学んだりしているこの連載。今回は、AAAのリーダー浦田直也を分析しちゃいます!

20140112KK1559 浦田直也(from AAA) 

気に入った人のことは徹底的に守るし、正義感もすごく強い

ミハエル 名前を書いていただいて、そこから受けるインスピレーションをお話していきますね。

浦田直也 超楽しそう!

ミハエル よかった(笑)。

浦田 あー、でも怖いな。実は最近、ソロの活動で使ってた名前を大文字“URATA NAOYA”から“urata naoya”に変えたばかりなんですよ。ダメだって言われたらショックだなー。

ミハエル それもあとで、みてみましょうか。では、最初に受けた人となりをお話していきますね。

浦田 あぁー、超楽しい!

──まだ、何も言われてないのに!(笑)

ミハエル すごいエネルギーの強い方ですね。それなのに、一歩引いてるようなイメージがあって、人をたてるし、でしゃばらない。本当は、すごくまっすぐな人で、ものすごく強い人。曲がったことも嫌いだし、嘘を言われるのも嫌いですよね。言い訳されるのとか大嫌いじゃないですか?

浦田 もう、ホントそうです! 

ミハエル スタッフの人とかで言い訳ばかりして、謝らない人とか、受け付けなさそうですね。

浦田 スタッフさんだけじゃなく、人との関係性においてそういう人がいたら、シャットアウトしちゃう感じかもしれないです。ダメだと思ったら、ダメなんですよ。だからもしその人が巻き返しを図るために、良いことをしたり頑張って優しさをみせたとしても、もうダメなんですよね。しかも勘が鋭いみたいで、パッと会った瞬間にだいたい“この人好きかも”とか“この人苦手かも”とかわかっちゃうんですよ。

ミハエル 根っこの性格は激しいんですよね。でもその性格を今の時代に出してしまうと、生きていけないということを学んだみたい。日本って曖昧な文化だから、“愛想笑い”で生きて行けばいいんだっていうことを知って、ホントは全部見抜いているのに、“見抜いてないフリ”をすることを覚えちゃったみたいですね。

──世の中を渡っていく為に、身につけた術なんですね、きっと。

浦田 うわ〜、やっぱり超楽しい!

ミハエル でも本当に、まっすぐで強い人なんですよ。

浦田 みんなに、まっすぐすぎて逆にひん曲がってるんじゃないかって言われる(笑)。

ミハエル そんなことないですよ! 本当に素直。そして、リーダー気質ですね。気に入った人のことは徹底的に守るし、正義感もすごく強い。前進あるのみって思ってますよね?

浦田 後ろ、まったく見てないです。

ミハエル 初めて会いましたよ、こんなにまっすぐ前しか向いてない人。

浦田 後ろを振り返ってる1秒がもったいないって思っちゃうんですよ。後悔はしても、次に繋げるためにどうするかということを考えてます。

ミハエル この前向きさはどこから来るんだろう? お母さんかな? お母さん、勘が鋭くないですか?

浦田 そうなんです。虫の知らせじゃないんですけど、自分が体調悪かったりすると突然電話してきたりするんです。精神的に弱ってると、必ず電話がかかってきたり。

ミハエル 直感はお母さん譲りかもしれないですね。でもお父さんがお母さんの直感を実現して行く役目を持っていると思うんですよ。その行動力の部分はお父さん譲りのところもあるんです。

浦田 じっとしているのが嫌いですね。

ミハエル やってみなきゃわかんないじゃん、って思ってますよね。だからグチグチと言って何も行動しない人には気をつけたほうがいいですよ。マイナスのパワーって強くて体に浸透しやすいから、そういう人には気をつけたほうがいいかも。

浦田 人が病んでたりすると、引っ張られちゃうんですよね。

ミハエル 思考を奪われて、マイナスに洗脳されちゃったりしないように気をつけないとね。

浦田 誰の話も聞けないくらい、閉じてしまうこともあるんです……。

裏表がないし、いつも直球勝負

ミハエル 裏表がないし、いつも直球勝負だからですよ。でもいろんなことを感じているのに、言えない時がありませんか? 言っちゃうと角が立つと思って。

浦田 (パチパチと手を叩いて同意)でも逆にそれを武器に使うことがあります。“言わないだろうなって、思ってるな”って話していくうちに感じたら、あえてボソッとひと言だけ言って、シーンとさせちゃうことがあって。でもそうしちゃう自分に反省することもあるし、怖いな……って思う瞬間もある。

ミハエル 嫌だなと思った瞬間に、面白おかしく鋭いことをパッと言ってみたりする術を身につけておくといいかも。我慢する時間がもったいないじゃないですか。直感的に感じ取ってるわけだし、そう思った瞬間にスッと言えたらいいですよね。

浦田 なるほどねー。

ミハエル 冷たい人じゃ全然ないから、心配しなくていいですよ。仲間をものすごく守るし、やっぱり正義感が強い。ちなみに、さっきのアーティスト名ですけど、やっぱり小文字にしてよかったと思いますね。大文字だと逆に素の自分が出過ぎてしまっていたのかもしれない。小文字だとこうなりたいというアーティスト像を投影できるんじゃないかな。

浦田 大文字にした理由がそれだったんですよ。イメージをガッチリ作ってやりたくて、ドーンとした感じの英語の大文字にしたんですけど、最近肩凝るなーと思って。今は自分のやりたいことやって、名前が後からついてくる感じでいいかなって思うようになったから、なんか小文字にして記号っぽくしてみてもいいかなと思ったんです。

ミハエル 最初に思ってたことが、この小文字にしたことでうまくできるかもしれない。これからは、自分がイメージした像を表現できるようになるかもしれないですね。なんかプロデュースとかするかも?

浦田 したい!

ミハエル 女子の2人組……とかかな? すごく自分がやりたいことではあったけど、イメージが強くあるからできなかったことをやるのかもしれないですね。なんか未来的というか……ロボットとか、キューブリックの映画みたいな。

浦田 無機質な感じですよね。実はそういうの、すごく好きな世界観なんです。本当は表現したい世界観だけど、自分が今やることではないなと思っていたんですよ。

ミハエル Music Videoとかのイメージだと思うので、もしかしたら曲じゃなく映像とかなのかもしれないですけど。

浦田 どうしよう、映画監督!?

──世界の浦田!?

ミハエル 直也っていう名前も言いやすし、世界に出てもいいかも! ではそろそろ恋愛の話もしましょうか?

浦田 聞きたいです!

純愛って感じで、初恋の味がするみたいな雰囲気

ミハエル あれ? 今、好きな人……いなさそうですね……。仕事に興味がある?

浦田 あ……はい(苦笑)。

ミハエル 仕事が恋人だ(笑)。

浦田 今はそうですね。でも、好きな人ができたら仕事ができなくなっちゃうくらい、ハマっちゃうんですよ。

ミハエル 人生のパートナーみたいな人が出てくるといいですね。

浦田 欲しいですね。

ミハエル そんなにベタベタしない感じで寄り添える人がよさそうですね。

浦田 うわぁー。すごいんだけど!

──そういう感じの付き合い方が理想的だなと思ってるんだ。

浦田 そう!

ミハエル 意外とピュア。さっき無機質な感じを好むって言ってましたけど、恋愛になるとまったく違う! 純愛って感じで、初恋の味がするみたいな雰囲気。あぜ道とかを、手もつながずに寄り添って歩いてるようなイメージなんですよ。

──甘酸っぱい感じですね。

ミハエル そう。風景とかをただ眺めながら寄り添ってる。

──実際、そういうのを求めてたりはする?

浦田 そういうのがいい! 実際に「好きだよ」とか「愛してる」とか言葉にしたりしないし、メールもこまめにするとかしないし、ずっと一緒にいたいわけじゃないけど、一緒に居るとなったら“ザ・ドラマ”みたいなデートがしたいと思ってるかも。川沿いを歩くとか、ベンチで話すみたいなことをしたい。

ミハエル さすがです。だいたいね「愛してる」とか軽々しく言う人はあんまり信用できないから! 言わなくったって、気持ちは通じるから!

──突然、熱くなった(笑)。

浦田 (笑)。

本格的な恋愛話の後編は2015/1/21(水)公開予定!


PROFILE

ウラタナオヤ/7人組グループAAAのリーダー。urata naoya名義でソロとしても活動。1月14日に発売されるAZUのアルバム『Co.Lab』に参加。AAAとして1月28日リリースのシングル「I’ll be there」から、10周年を記念した7ヵ月連続リリースが開始。

オフィシャルサイト


<PROFILE>

mihaeruマダム・ミハエル

ネーム・リーディングアドバイザー。独自のネーム・リーディング・スタイルを確立。DM各局のゲスト出演や、女性誌にも頻繁に登場するなど、数々のメディア露出と共に、各界著名人のリーディングも行っている。(音楽雑誌「WHAT’s IN?」にて、毎月、生まれ月ごとの運勢を掲載中!)通常は東京・神宮前にて個人のリーディングを行う。◇ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人