豊永利行 – Part.02 メジャー・デビュー曲「Reason…」

豊永利行 - Part.02 メジャー・デビュー曲「Reason…」

M-150108-YS01

豊永利行

2014年12 月にメジャー・デビューを果たした豊永利行。彼自身がキャラクターを担当する「デュラララ!!」の世界観に寄り添いながら書き下ろしたという、「Reason…」について聞く。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之
PHOTOGRAPHY BY 冨田 望


R-150108-YS02

中二病っぽいこともやって……


──メジャー・デビュー・シングル「Reason…」はPS Vitaゲーム「デュラララ!! Relay」の主題歌。豊永さんが作詞・作曲を手掛けていますが、どんなふうに制作されたのですか?

豊永利行 きっかけはアニプレックスのプロデューサーの方が僕のライブを観て、興味を持ってくれたんですよ。その前にもアニメ「デュラララ!!」第1期から派生したwebラジオ番組「デュララジ!!」で、一緒にパーソナリティをやっていた花澤香菜ちゃんにお礼の歌を贈るという、なんとも中二病っぽいこともやって……。

R-150108-YS03

1曲の中でいろんな登場人物を感じられるような歌


──「デュラララ!!」ファンの間でも大きな話題になった「花」ですね。

豊永 いつの間にか曲が独り歩きしてくれて、当時はびっくりしましたね(笑)。そういう活動のなかで、“作詞・作曲を含めて、PS Vitaゲーム「デュラララ!! Relay」の主題歌をお願いしたい”というオファーをいただいたんです。企画会議などにも参加させてもらって、楽曲の方向性を考えていったのですが、僕としてはメジャー・デビューらしさをしっかり出したいというか、インディーズ時代の楽曲とは差異をつけたいという思いもあったんですよね。結果的に「デュラララ!!」の世界観に沿いながら、今までとはかなり色が違う曲になったという自負はあります。生のバンド感がありつつ、どこか懐かしい、80年代の洋楽っぽいイメージもある曲じゃないかなって。

──歌詞に関しても、「デュラララ!!」の世界を反映している?

豊永 そうですね。以前は自分の思いをストレートにぶつけた直情的なものが中心だったんですが、「Reason…」はクールで謎めいたイメージになっています。何よりも「デュラララ!!」は群像劇なので、1対1で伝えるのではなくて、1曲の中でいろんな登場人物を感じられるような歌にしたかったんですよね。

R-150108-YS01

“現実世界は怖くない”というメッセージ


──カップリング曲の「リフレクション」については?

豊永 レーベルの方からは「カップリング曲は豊永さんの色で、自由に書いてください」と言っていただいたのですが、僕としてはやはり「デュラララ!!」とリンクさせたかったんですよ。アニメ「デュラララ!!」で僕が演じる竜ヶ峰帝人くんは、引きこもりではないんですが、インターネットの電脳世界を生きているようなキャラクターで。僕自身も高校時代、同じような状況になっていたことがあるんですが、周りの方々の支えによって、役者としての自分の道を進むことができたんです。その経験を含めて“現実世界は怖くない”というメッセージを伝えられたらなという気持ちはありましたね。


◆今週の1曲

テーマ:超強面の先輩が意外に優しかったときに聴きたい曲
THE BLUE HEARTS「人にやさしく」

豊永 ガツガツしているように見える人にも優しいところがある。“やっぱり、みんな人間なんだな”ということを勢いのあるバンドサウンドと一緒に感じてもらえると思います。学生時代にバンドをやっていたとき、この曲もカバーさせてもらったことがあるんですよ。すごくいい曲だし、自分自身の印象にも残っていますね。


M-150105-YS31

リリース情報

2014.12.17 ON SALE
SINGLE「Reason…」
アニプレックス

J-150105-YS31

[初回生産限定盤/CD+DVD]¥1,600+税
[通常盤/CD]¥1,200+税

詳細はこちら

オフィシャルサイト


CONTENTS

Part.01 豊永利行の音楽活動
Part.02 メジャー・デビュー曲「Reason…」
Part.03 豊永利行の好きな音楽
Part.04 豊永利行の2015年

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人