『SMAP×SMAP』にも出演したアイドルへ取材中にお願い!「その衣装撮らせて!!」

INTERVIEW & TEXT BY 諏訪圭伊子


勢い増すCheeky Paradeの艶やかな衣装を撮ってきた!

今年秋にニューヨーク最大の音楽フェス“CBGB”に招待され、タイムズスクエアのど真ん中のステージでパフォーマンスをぶちかまし、一挙にその名を広めてきたCheeky Parade(以下、チキパ)。11月には『SMAP×SMAP』に出演、キャラの濃さと「小生意気で攻撃的なCheeky Paradeです!」という自己紹介が反響を呼び、翌11月11日のHOT!ワードでは、では、なんと「ポッキー」を抑えて1位になるという大フィーバーぶりを見せました。そのときに着ていたチキパの衣装も「派手派手しくて面白い!」と、あちこちで大きな話題に。しかもうしろに刺繍された文字はメンバーの個性に由来してるとのことで、雑誌の取材中に、スタジオの済みっこで撮影させてもらうことに。急なお願いにも快く撮影に応じてくれたチキパの皆さん、全然小生意気じゃなくていい子たちでした!(キャラ潰し!?)

◎渡辺亜紗美「笑顔」

C-20141225-1941

「ライブ中の笑顔がすごくいい」との理由で、この言葉に。しかし本人は「楽しすぎてクシャってなるので、かなりブサイクになります」とのこと。ブサイクだけどいい笑顔を、ライブで確認するのもまた一興!? ちなみに絵はお相撲さんですが、本人は超スレンダーです。

◎関根優那「棟梁」

C-20141225-1942

チキパのリーダー・関根さんは「棟梁」。「親方とか監督とかじゃなく、棟梁っていうのが渋いなって。日本中のリーダーを代表して、日本を背負ってるつもりで着ています」。しかし最初、この漢字が読めなかったというのは、ここだけの話にしてほしいとのことです。

◎島崎莉乃「清楚」

C-20141225-1943

結成当時から「私は清楚キャラ」と言っていたものの、良識派の性格が買われ、今では“チキパのお母さん”という立ち位置の島崎さん。今回この字になったのは「日頃メンバーの面倒を見てるご褒美かも」とのこと。商売繁盛の恵比寿様を背負い、今日もチキパを切り盛りします!

◎鈴木友梨耶「姉御」

C-20141225-1944

チキパに実の妹・真梨耶ちゃんがいることから、即この字に決まったとのこと。「ファンの人にも“お姉ちゃん”と言われることが多いです」と、見知らぬ弟いっぱいの友梨耶さん。歌が上手なうえ、MCでの話の回し方にも定評があり、ライブでも頼りになるお姉ちゃんです。

◎溝呂木世蘭「百花繚乱」

C-20141225-1945

チキパのおしゃれ番長・溝呂木さんは、華やかな「百花繚乱」を担当。「2ndシングル<C.P.U !?>にも出てきた単語で、花が咲き乱れるという意味。チキパ自体を表している言葉でもあります」。ということで、チキパを背負っている溝呂木さん。「けっこう重荷です(笑)」。

◎山本真凜「歌姫」

C-20141225-1946

チキパのメイン・ボーカルの山本さんには“歌姫”の称号が。「この字をいただいてうれしいんですけど、自分としてはまだまだで、今は衣装負けしている状態」と謙虚なコメント。ちなみに歌もダンスもイケて、学校では成績トップといううらやましすぎる女子です。

◎永井日菜「男前」

C-20141225-1947

「ライブ中の顔つきが男前だね」と言われたのがきっかけで、こちらもあっという間に決まったパターン。日常生活の言動からすべてが男前とのことだが「いい字ですよね。カモンベイベーです」とご本人。「ウエルカム」と言いたかったのかな、というのは気のせいでしょうか。

◎小鷹狩百花「大阪」

C-20141225-1948

自称「大阪欲が強い」という小鷹狩さんはこの文字。「出身地の大阪が好き。みんなオープンで言いたいことも言えて、ストレスがないから長生き。将来はそんな大阪のおばちゃんになりたいです!」。大丈夫、このままだと確実になれそう! 将来が安泰な小鷹狩さんです。

◎鈴木真梨耶「天衣無縫」

C-20141225-1949

チキパの末っ子・真梨耶さんは、天真爛漫の意味を持つこの言葉。「騒がしいけど、人を元気にできるって言ってもらえます」。うしろに背負ってる雷神は、友梨耶お姉ちゃんの風神とワンペア。「でも、風神より雷神様のほうが強いんですよ!」と言い張りますが、根拠はないようです。

ちなみに新曲「CANDY POP GALAXY BOMB !!」のミュージック・ビデオでは、この衣装を着たチキパが、ニューヨークで縦横無尽に暴れまくっています。そちらもチェゲラッチョ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人