清木場俊介ROCK&SOUL 2014“MY SOUNDS”

清木場俊介ROCK&SOUL 2014“MY SOUNDS”

清木場俊介

清木場俊介ROCK&SOUL 2014“MY SOUNDS”

2014.12.14(sun)@東京国際フォーラム ホールA

“ロックスター”とは彼のことだと言えるほど、この年代にして唯一無二の存在となっている清木場俊介。いったい彼の魅力とはなんなのか? 改めてツアーを通して、彼の凄さを実感した。唄の息づかいまで聴こえてきそうなレポートを届ける。

TEXT BY藤井徹貫 PHOTOGRAPHY BY関山一也


窓ガラスを曇らせる息づかいと木枯らしにも聴こえてくるビブラートは芸術的ですらあった

 清木場俊介はつねに言う。「唄はライブで育つ」。観客と直に向き合い、その日その時の感情に従って唄い、会心と歯痒さを繰り返すことにより、唄は作者である彼すら想像していなかった力を持つようになるということ。

ZL8D0955

 ソロ10周年を締めくくる全国ツアー“MY SOUNDS”。ファイナルである12月14日・東京国際フォーラム。この日、清木場はライブで育った唄とはどういうものかを聴かせてくれた。

 清木場コールの中、バンドメンバーに続き、下手より歩いて登場した清木場。劇的な演出もなく、観客を煽ることもせず、唄い始めた「Pieces」。アルバム『MY SOUNDS』に収録されているその曲は主役ではなく脇役だと思っていた。アルバムの主役は「Spirit」や「REAL」であり、冒頭の「ROCK★STAR」とラストを飾る「One and Only」。しかし、清木場は脇役をコンサートのオープニングナンバーに大抜擢。そして、ツアーを通して、唄い続けてきた。結果、明らかに深みも凄みも増している。育っている。有言実行だ。

ZL8D1044

 続いて「REAL」。生まれながらの主役といえる1曲。ハードなギターが唸ると、それを打ち消すほどの歓声とそれを打ち砕くほどの拳。観客の拳が躍る。ナックル・ダンスと言いたい光景が国際フォーラムに広がった。

 ライブ序盤から主役級の唄が続く。「Spirit」もその1曲。腹の底から“その訳は…唯一つ!”と唄い、指を1本立て、ギラッと眼を輝かす。この先、10年、20年、いや、清木場が唄い続ける限り、この決めフレーズと決めポーズもまた育ち続けるだろう。

ZL8D1057

 ライブ中盤は4曲連続のバラード。中でも特筆すべきは「愛してたはずなのに」。歌詞の中に季節は出てこないが、寒々しい景色が見えてきた。窓ガラスを曇らせる息づかいと木枯らしにも聴こえてくるビブラートは芸術的ですらあった。

 後半はハードな「JACKROSE」から。衣装を着替えた清木場が再登場。清木場ライブはただ観ているだけ、ただ聴いているだけじゃ、済まされない。声を出して、唄って、拳を躍らせ、タオルをブンブン振り回して、笑って泣いて……。

MPS_3838

 アンコールは「うつろいゆく世界で」から。これもアルバム『MY SOUNDS』の中では脇役のはずだ。しかし、ステージの清木場は言った。「ツアーで唄うに従い、ライブでの10年間の俺たち(清木場と観客)を唄ってる曲に仕上がってきた」。歌詞を書いているとき、あるいはレコーディングしているときには、想像していなかった景色をツアーで唄いながら見たに違いない。まさに作者である清木場の想像を越えて育った1曲だ。

 アンコール2曲目は「今。」。倒れてしまいそうな自分のために唄っていたら、たくさんの観客の心も救っていた1曲。だから、清木場は自分のためではなく、いつしかライブに来る人たちのためにこの曲を唄うようになっていった。作者である清木場が想像してなかった力を持つようになった代表曲でもある。

 3曲目は「Shining」。清木場によると、「春頃にはみんなの元に届くはず」の新曲。ロック好きなら、イントロからゾクソクが止まらないバラードだ。待ってました! と、思わず声が出そうになった。

ZL8D1114

 すべての演奏が終わったところでサプライズ告知。3月末からの1ヵ月間で16公演を行うライブハウスツアーだ。場内が騒然となる。さらに5月5日の“男祭 2015”(男性限定ライブ)の開催も発表された。

 こうしてソロ10周年を最高の形で締めくくった清木場だが、新春早々、自分を追い込むトレーニングを始めなければならないだろう。2日に1公演というハードスケジュールに負けない体作りのためだ。2015年も清木場俊介は高い理想に向かって急な坂道を突っ走る。


LIVE情報

“清木場俊介 LIVE HOUSE TOUR 2015”
03/28(土) 千葉・柏PALOOZA
03/31(火) 福島・郡山Hip Shot Japan
04/01(水) 青森・青森Quarter
04/03(金) 北海道(札幌)・PENNY LANE24
04/04(土) 北海道(函館)・金森ホール
04/08(水) 茨城・水戸ライトハウス
04/11(土) 岐阜・club-G
04/12(日) 静岡・SOUND SHOWER ark
04/14(火) 長野・長野 CLUB JUNKBOX
04/18(土) 鳥取・米子laughs
04/19(日) 広島・広島クラブクアトロ
04/21(火) 高知・高知キャラバンサライ
04/22(水) 香川・高松オリーブホール
04/25(土) 熊本・熊本B.9 V1
04/26(日) 鹿児島・鹿児島キャパルボ
04/29(水・祝) 山口・周南TIKI-TA

“男祭2015”
5/5(火・祝) TSUTAYA O-EAST

詳細はこちら


SETLIST

  1. Pieces
  2. REAL
  3. 悲しきRock’n Roll
  4. again
  5. Long Ride 〜エバビーチの果てに…〜
  6. Spirit
  7. 愛してたはずなのに
  8. 幸せな日々を君と
  9. Honey
  10. Dear
  11. 人間じゃろうが!
  12. JACKROSE
  13. 唄い人
  14. ROCK★STAR
  15. さよなら愛しい人よ…
  16. JET
  17. LONG MY WAY
  18. One and Only

ENCORE

  1. うつろいゆく世界で
  2. 今。
  3. Shining
  4. かっぱぎロックンロール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人