アーティストに聞きました!SCANDAL/KNOCK OUTMOKEY

アーティストに聞きました!SCANDAL/KNOCK OUTMOKEY

トークテーマ「この人、モテるだろうなと思った瞬間」

Part.04 男女編

インタビューを行ったアーティストに、共通テーマで語ってもらう企画。12月のトークテーマは「この人、モテるだろうなと思った瞬間」特集。今回の2アーティストから聞いた話から、男女共通のモテ・ポイントを発見! モテる人はこんなことができる……一体どんなことでしょうか? 

【今後の登場予定アーティスト】スキマスイッチ/Silent Siren/ぽこた


SCANDAL

M-141202-BA-1145L→R TOMOMI(b、vo)、HARUNA(vo、g)、RINA(ds、vo)、MAMI(g、vo)

TOMOMI(b、vo)

人を誉めるってすごく難しいし、わざとらしくなく誉めるのって、なかなかできないと思うので、その人のいいところや細かなところに気づいたときに、さりげなく、さらっと誉めることができる人って、男女問わず素敵だなって思います。

HARUNA(vo、g)

気分やシーンに合わせて、気持ちのいいサプライズをさらっとできる人っていいですよね。あと、何気なく言ったひと言を覚えていてくれている人も、モテると思います。言った本人はすっかり忘れている言葉や気持ちをちゃんと心に留めておいてくれたんだなって。クリスマスや記念日をちゃんと覚えていてくれる人って、「またこの季節が来たね」なんて会話ができる。そういうちょっとしたさりげない言葉にグッときちゃいます。

RINA(ds、vo)

さりげなさは大事ですよね。一緒に食事をしていて、誰かの飲み物がなくなったら、次、何を飲む? って聞いてくれたり。今となっては、小皿に取り分ける女子って、自然にやっているのに引かれちゃうのかもしれないけど(笑)。

MAMI(g、vo)

何をするにしても、何を言うにしても、いつもやっている人だったらさりげなくできるけど、普段やっていない人は、無理してやってることがバレちゃうと思います。さりげなくやるって難しいですよね。演出になっちゃダメなんです。

最新インタビューはこちら
オフィシャルサイト


KNOCK OUTMOKEY

M-141114-FY-1416L→R ナオミチ(ds)、dEnkA(g)、w-shun(vo、g)、亜太(b)

w-shun(vo、g)

気配りできる人だと思いますね。例えば居酒屋で「そこのお皿空いてるね。ちょっと片づけちゃうね」とか、空いているグラス見て「次、何飲む?」みたいなのが気を使っている感じじゃなく、さりげなくできる人を見たときにスゴいなって思って。自然にナチュラルにその気配りができる人っていうのはいいなって思います。さりげなくて、嫌味にならない人は、いいなって思います。それは男女問わず、モテですよね。

dEnkA(g)

何にでも好奇心があって、話題が広い人。それも若い発想を持っている人はモテるなって思うんです。例えばうちのサウンドプロデューサー(大島こうすけ氏)ですね。話を拾えるし、さらに広げるし、経験も豊富。しかも思考が固まっているわけでもなく柔軟なんですよ。話をしていて楽しいし、この男はきっとモテるんだろうなぁ……と日々思っていますね。好奇心がないとそれだけの幅広い話題を出せないし、若い発想があるからこそどんな世代の人とも話せる。そのセンスは本当にモテだと思います。

亜太(b)

人見知りしない人ですね。自分が人見知りだから余計にそういうタイプの人に目が行くのかもしれないんですけど、誰とでもフランクに話せる人は、男女問わずにいいですよね。自然とみんなが一緒に話せるような空気にしていたり、無意識的に話の輪を作ってくれていたり。そういうフランクさを持っている人はモテるなって感じます。躊躇してしまうような場所にもイケちゃう人っているんですよね。嫌味なく。海外のアーティストでもさらっと自然に話せる人って印象的ですよね。

ナオミチ(ds)

料理ができる人はスゲェってなりますね。その腕が欲しいってなります。男女問わずなんですけど、さらっと料理できちゃうのはいいですよね。dEnkA(g)も実はそうなんですよ。最近よく作ってもらっているんですけど、この腕は欲しいって思いますね。本当に。パスタとかでも、ロブスターを買ってきて、目の前でバサッと捌いて作ってくれたんですけど、カルボナーラとかミートソースとかじゃなく、ロブスターのトマトクリームパスタ作ってくれて、それを眺めながら“俺もできたらモテるかな”と思いましたね。

最新インタビューはこちら
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人