クリープハイプが暮れの元気なご挨拶として贈る(!?)、ニュー・アルバムが到着!

クリープハイプが暮れの元気なご挨拶として贈る(!?)、ニュー・アルバムが到着!

クリープハイプ

Part.01『一つになれないなら、せめて二つだけでいよう』

シングル「寝癖」「エロ」「二十九、三十」「百八円の恋」と新録8曲を収録した、ニュー・アルバム『一つになれないなら、せめて二つだけでいよう』を12月3日にリリースするクリープハイプ。2014年、バンドとしてさまざまな試練を乗り越えた彼らだからこそ生み出せた1枚だ。

INTERVIEW & TEXT BY 森朋之
PHOTOGRAPHY BY 関信行(go relax E more)


長くバンドを続けていくうえでは、大事な年になった

──シングル「寝癖」「エロ」「二十九、三十」「百八円の恋」を含むニュー・アルバム『一つになれないなら、せめて二つだけでいよう』がリリースされます! 4月に初の武道館公演(2days)を成功させ、その後、レコード会社の移籍を経験。まさに激動の1年だった2014年を象徴するようなアルバムになりましたね。

尾崎世界観 そうですね。今年は“すごく良かったな”とすぐには思えないような年でしたけど、これから長くバンドを続けていくうえでは、大事な年になったと思います。

小川幸慈 夏のホールツアーの直前の時期が大変だったんですよ。レコーディングもずっとやっていたから、アレンジを考えたり、練習もしなくちゃいけなくて、さらに初めてのホールツアーも迫っていて。今までは長い時間をかけてツアーの準備をすることが多かったんですけど、今回はわりと短めだったんですよね。そのぶんバンドのことに集中していたし、すごく濃い時間だったなって。

小泉拓 レコーディングのことも印象に残っていますね。昔は「レコーディングとライブ、どっちが好き?」と言われたら、ライブって答えていたんですよ。でも、最近はレコーディングが好きになりました。

C-141126-FY-1845

──何かきっかけがあったんですか?

小泉 出来上がった曲をすぐに録れるような状況だったんです、今年は。それがすごく楽しかったっていうのもあるし、その結果が今回のアルバムだと思うんですよね。そういう意味では、このアルバム自体が今年の大きいポイントですよね。

長谷川カオナシ 今年、アルバムが出せてホントに良かったです。踏んばらなくてはいけないことも多かったんですけど、ただガマンするだけではなくて、今年の自分たちの作品を提示できることが良かったなって。

小川 1年の終わりにね。

尾崎 暮れの元気なご挨拶として。

C-141126-FY-1847

今までやってない感じの曲も増えてきたから、それを活かす方向を考えた

──お歳暮ですか(笑)。制作が始まったときは、どんなアルバムにしようと思っていたんですか?

尾崎 まずはシングルを作って、あとは録れるときに録るという感じだったんですけど、どんなアルバムになるかは、出来上がってみるまでわからなかったですね。今月(10月)の頭までレコーディングしていたんですけど、それくらいからちょっとずつ(アルバム全体のことを)意識しはじめて。

C-141126-FY-1848

──以前のインタビューで「作りたい曲を作っていたらミディアム・テンポの曲が増えたから、激しい曲を加えた」って言っていましたよね。

尾崎 あ、そうですね。今までやってない感じの曲も増えてきたから、それを活かす方向を考えたくて。で、最後のほうで勢いのある曲を入れて。尖っているし、マニアックにもなってないし、バランスはいいと思います。

C-141126-FY-1849

リリース情報

2014.12.03 ON SALE
ALBUM『一つになれないなら、せめて二つだけでいよう』
シグマ/ユニバーサルミュージック

J-141125-FY-2111

[初回限定盤/CD+DVD]¥3,500+税
[通常盤/CD]¥2,750+税

詳細はこちら


ライブ情報

LIVE HOUSE TOUR 2015“一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう 前編”

HALL TOUR 2015“一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう 後編”

詳細はこちら


オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人