女子中高生から絶大な人気を得ている大原櫻子がついにソロ・デビュー!

女子中高生から絶大な人気を得ている大原櫻子がついにソロ・デビュー!

大原櫻子

映画「カノジョは嘘を愛しすぎている」の全国ヒロイン・オーディションで、5,000人の中から選ばれ、ヒロイン小枝理子役を見事に演じたシンデレラ・ガール、大原櫻子が待望のソロ・デビュー! 普段感じる「サンキュー。」の気持ちを大原櫻子はどのように歌い上げているのだろうか? 新曲について話を伺いました!

INTERVIEW & TEXT BY 武市尚子


すごく大きなテーマだなって思うんです

──MUSH&Co.の大原櫻子ではなく、今回は初の大原櫻子としてのソロ・シングルだね。

大原櫻子 そうなんです。前作の「頑張ったっていいんじゃない」は、まだMUSH&Co.の大原櫻子としてのシングルでもあったので、今回は初のひとり立ちということで、ちょっと緊張しています。少し心持ちも違うというか。ここからまたあらたなスタートだと思っています。

──表題曲の「サンキュー。」はアコースティック・ギターが中心にあるナチュラルな1曲だね。

大原 そうなんです。“サンキュー”って言葉って、すごく身近にある言葉でもあるんですけど、すごく大きなテーマだなって思うんです。日々口にする言葉ではあるけど、重いというか、すごく大切な言葉だと思ったのもあって、この言葉を聴いてくれる人にまっすぐ届けるためには、どういう歌い方をしたらいいだろう? ってすごく考えたんです。本当のサンキューを伝えるためには、本当に心からサンキューって思って歌うのがいちばん大切なんじゃないかと思って、いろいろと今までのことを振り返ってみたんです。映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロイン役の小枝理子としてデビューさせていただいて、約1年が経とうとしているんですけど、こうして今も歌を続けていられるのは、ずっと応援してくださってる皆さんがいてくれるからだって。そんな皆さんに、心からの“サンキュー”を伝えたいなって思いながら歌ったんです。今回も、ずっと私のことを見続けてきてくれている亀田誠治さんが作詞作曲をしてくださっているので、本当に私のリアルな想いが描かれているんです。

──イントロなしでの歌い出しも、想いの強さを感じさせるよね。

大原 そうなんです! 実は、「明日も」も「頑張ったっていいんじゃない」もイントロなしの歌い出しなんですよ! そんなところも、すごく私っぽいのかなって思ったりもしましたね。でも、今回は今までの曲調よりもゆったりとしていて、手拍子をしながら落ち着いて聴いてもらえる感じの楽曲なので、じっくりと“サンキュー”を伝えることができたんじゃないかなと思っています。

──気に入ってるフレーズはある?

大原 “シアワセの種なんだ”っていうフレーズと、“名も無き言葉に負けそうになるんだ”っていうフレーズが印象的で好きですね。“シアワセの種”っていうのは“サンキュー”であり、この歌のことだなって思いながら歌ったんです。この曲を私がライブで歌うことで、そこからサンキューがみんなに伝わって、そのサンキューがシアワセの種になって、またそこからさらにサンキューが広がっていったらいいなって。そう思うと、この曲は、私とファンのみなさんの繋がりでもあると思ったんです。“名も無き言葉に負けそうになるんだ”っていうところの“名も無き言葉”っていうのは、Twitterとかのことを指しているんだよって、レコーディングのときに亀田さんから聞いたんです。Twitterも正しく使えば本当に楽しいツールだと思うけど、友達とかもよく嫌な想いをしたこととかを打ち明けてくれたりするので、すごく“現代”を象徴した言葉だと思っていて。それによって傷ついてしまった人たちの気持ちを、少しでも元気づけてあげたいなと思いながら歌いました。

制服女子の皆さんと一緒に歌わせてもらったんです!

──なるほどね。カップリングの「オレンジのハッピーハロウィン」は?

大原 この曲は、まさにハロウィンのことが書かれた1曲なんですが、日本でもここ2、3年ですごくハロウィンというイベントが浸透してきたと思うので、そんなハロウィンという1年に1度のお祭りが、みんなにとって、よりハッピーなモノになったらいいなと思いながら歌いました。ハロウィンって、コスプレをする、ちょっとダークなお祭りのイメージが強いんですけど、この曲は、そういうイメージではなく、すごく可愛いラブソングになっているので、毎年10月にみんなが歌ってくれる曲になってくれたらいいなと思っています。

──ハロウィンの曲ってなかなかありそうでないからね。

大原 そうなんですよ。今ではバレンタインデーを抜かしちゃうくらいの大イベントになってるみたいなので、ぜひぜひコスプレするだけじゃなくて、ここからLOVEが始まってくれるような、大切な日になってくれたらいいですね!

──そして3曲目には、「頑張ったっていいんじゃない」のアコースティック・ライブ・バージョンが収録されていますが。

大原 はい! この曲は、6月に“ららぽーと豊洲”でライブをやらせていただいたときに、制服女子の皆さんと一緒に歌ったものなんです!

──制服女子って?

大原 私のライブに来てくださるのが、女子高生がすごく多いということもあって、何かの形でコラボしたいなと思い、ライブで一緒に歌ってくれる子をTwitterで募集したんです。制服を来て一緒にステージで歌ってくれたら、高校生じゃなくても大丈夫です! っていう条件で募集をしたら、50人も集まってくれて! そんな制服女子の皆さんと一緒に歌わせてもらったんです! みんなすごく上手でびっくりしました! いつもはひとりで歌ってるこの曲が、より力強く響いたのには本当に感動しましたね。気持ちをひとつにしてくれる歌の力を改めて感じた瞬間でもありました。これからも、聴いてくれる人達に想いがまっすぐ届けられるような歌をうたっていけるように頑張りたいと思います!


リリース情報

2014.11.26 ON SALE
SINGLE「サンキュー。」
ビクターエンタテインメント
R-141118-BA-1751

[初回限定盤/CD+DVD]¥1,500+税
[通常盤/CD]¥1,000+税

詳細はこちら
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人