スリリングなバンドサウンドを響かせる、ヒトリエの1stフル・アルバム!

スリリングなバンドサウンドを響かせる、ヒトリエの1stフル・アルバム!

ヒトリエ

イベントやツアーなどで着実にスキルを磨き、制作されたアルバム『WONDER and WONDER』。フロアを熱狂の渦へと巻き込むこと請け合いの本作には、メンバー全員確かな手ごたえを感じているようだ。

INTERVIEW & TEXT BY 田中 大


言いたいことが簡単に言えるようになった


──アルバム『WONDER and WONDER』は、どんな一枚にしたいと思っていました?

wowaka 元々は“極端なものを作りたい”っていうようなイメージがあったんですけど、制作を進めるうちに“そのときの自分たちがそのまま表れたもの”になっていきました。あと、これまではキャラクターや設定を考えてから歌詞を書いてたんですけど、そういうフィルターを通さずにポン! とダイレクトに言葉が出るようになって、歌とか音にも変化を及ぼしています。それが今回いちばん変化したところだし、成長だと思っています。言いたいことが簡単に言えるようになった感覚がありますね。

──ヒトリエのアンサンブルの強力さも込められたアルバムだと感じました。今年、ライブもたくさんやったし、そうやって培ったものも自ずと反映されたのではないですか?

イガラシ そうですね。フレーズを考えるときも、聴く人の顔が見えるっていうのは、なんらかの影響を及ぼしていると思います。生々しさみたいなことも意識しました。

シノダ ライブでやるのが大変な曲がたくさん生まれたというのも感じてもいます(笑)。僕、エフェクターをあんまり使わないんですね。あまり飛び道具的な音は使わずにいこうとする思想があるので、その分フレーズの手数が多くなる傾向にあります。『WONDER and WONDER』を早くライブでやりたいです。

ゆーまお この4人なくしてできなかった楽曲が揃ったアルバムにもなっていると思います。僕個人としても、演奏の完成度が楽曲を録るごとに上がっていったんですよ。一歩一歩確実に進みながら作ったアルバムですね。今やれることはやりきりました。

ちゃんと体が動くものにはしたい


──このバンドが持っている独特なダンサブルさもあり。享楽的なイエ~イ! って感じではないですよね?

wowaka そうだと思います。僕がそもそも楽観的なタイプではないので、そういう享楽的な方向には行かないんでしょうね。

──ダンサブルなロック・バンドはたくさんいますけど、ヒトリエのライブのムードって、他と何かが違うんですよ。みんなすごく踊っているんですけど……。

wowaka それ、僕ら自身ライブをやっているときに感じます。

──ざっくり言うと、煌びやかだったり、開放的ではない。コールタールのようにドロっとドス黒いというか。

シノダ そんなドロドロしてますか?(笑)

──(笑)。なんだろう? ヒトリエの音楽はかっこいいし、楽しいんですけど、言葉で表わそうとすると、なぜかいつも爽やかな言葉が出てこないんですよね。

wowaka でも、開放的ではなくても“踊れる”という印象はうれしいことです。音楽としても、言葉としても、すごく深刻にしたいわけではないから、ちゃんと体が動くものにはしたいんですよね。

──歌詞からもその想いは伝わってきます。あらゆることが曖昧模糊としている世界で、“歌う”とか“踊る”っていうのは、唯一と言ってもいいくらい“確か”と思えること……そんな感覚がいろんな歌詞で描かれていると感じました。

wowaka その通りですね。歌ったり、踊ったりって、体が先に反応することじゃないですか。精神がいかにドロドロとした状態であろうと純粋に楽しめるっていうのは、人間が持っているいい機能だなと。人間のそういうところに反応することをやりたいし、それが楽しくて僕は歌ったり、(楽器を)弾いたりしているんです。

“絶妙な外し”がすごく面白くて


──例えば「インパーフェクション」、すごく本能的な興奮を誘う曲ですね。ギターの雄叫びっぷりとか、本当にワクワクしますから。

シノダ 「インパーフェクション」は僕も大好きで。自分で言うのもなんですけど、いいフレーズがポンポン出てきたんで、自己採点率が高い曲(笑)。ギター・リフも「なんだいそれは?」って、スタジオで弾いたときにみんなで盛り上がりました。

wowaka 「バカっぽ~い!」っていうひと盛り上がりがありましたね。

イガラシ 「我楽多遊び」もワイワイ・ガヤガヤ騒ぎながら作ったよね? 「この曲、進む度にダサいわぁー」って(笑)。

wowaka 僕たちは“ダサい”って言葉を全然悪い意味で使ってなくて。ちょっと尺度を間違えると、かっこ悪くなるギリギリのところ。“絶妙な外し”がすごく面白くて、そこに気をつけながら作るのが大事なんですよ。

イガラシ 「我楽多遊び」のギター・ソロ、Aメロの歌メロを弾いてみたものも試したんですけど、それは悪い意味で死ぬ程ダサくて即ボツにしたのを今ふと思い出しました。

シノダ あったね(笑)。

──幻のソロ、ライブでついつい弾いちゃったりするんじゃないですか?

wowaka やめて!

イガラシ 演奏が中断しちゃう!

ゆーまお なるほど。シノダはそういう裏切り方ができるんだ(笑)。

シノダ ライブでこの曲を生かすも殺すも俺次第(笑)。

僕自身の落ち着きを勝ち取ることができました

──そんなエピソードからも、バンドとしてのアンサンブルがより有機的で緻密に絡み合った背景が窺われますよ。

wowaka 今回の制作の過程で自分ができることとできないことの境界線、折り合いのつけ方がわからなくなった時期があったんです。そのことによって制作が大変だった時期があるんですけど、メンバー各々、自分がやれることや得意なことを考えてながら、じっくり向き合ってくれたのを感じていて。それに対して僕ができることは何か? を考えたことで、収録曲のほとんどは生まれました。それが『WONDER and WONDER』に反映された、“ヒトリエのバンドとしてのかっこよさ”みたいなことに繋がったのかなと感じています。

──アルバムのリリース後は、ツアーもありますね。

wowaka 今回の曲を早くライブでやってみたいです。

──「ボートマン」、テンポが速いじゃないですか。ライブでとんでもないことになりそう。

イガラシ ライブで遅くなっていたら面白い。

──(笑)。ヒトリエ、速い曲が多いから、ドラマーは特に大変ですね。

ゆーまお はい。ずっと動いていますからね。僕はこのバンドで落ち着きのないプレイをすることによって、僕自身の落ち着きを勝ち取ることができました。

イガラシ 冷静になった?

ゆーまお うん。冷静じゃないと叩けない。ヒトリエによって頭を振ったりしながらドラムを叩くことをやめました。今は前を見るだけです。


リリース情報

2014.11.26 ON SALE
ALBUM『WONDER and WONDER』
非日常レコーズ

J-141125-YS01

[初回生産限定盤/CD+DVD]¥3,400+税
[通常盤/CD]¥2,800+税

詳細はこちら


ライブ情報

ヒトリエ 全国ワンマンツアー2014/15
『WONDER and WANDER』

詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人