家入レオ/ヒトリエ/清水翔太/LoVendoЯ

家入レオ/ヒトリエ/清水翔太/LoVendoЯ

あなたがもう一度会いたい人

Part.05 もう一度会いたい人

インタビューを行ったアーティストに、共通テーマで語ってもらう企画。今回は、11月のトークテーマは「あなたがもう一度会いたい人」。今あの人は何しているんだろう……そんなことを考えてしまうことはありませんか? そんな寒い季節にアーティストに聞いたこの質問の答えとは!?


家入レオ

M-141111-BA-1130

小学校時代の音楽の先生です。その方が私を合唱部に誘ってくださって、そこで歌やハーモニーの気持ちよさを知ったんです。一度、デビュー直後のライブに観に来てくださったんですけど、その時、きちんとお話しできなかったので、いつか改めてお礼できたらなと思っています。

最新インタビューはこちら
オフィシャルサイト


ヒトリエ

20141009-OY-1810L→R イガラシ(b)、wowaka(vo、g)、ゆーまお(ds)、シノダ(g、cho)

wowaka(vo、g)

幼稚園の年中~年長の頃、住んでいたアパートの隣の棟に女の子がいたんです。その子とむちゃくちゃ仲がよかった記憶があって。ミナコちゃんっていう名前なんですけど、今はどういうふうに成長しているのか気になります。小学校は別だったので、一緒だったのはこの2年間だけ。幼稚園でも遊んで、幼稚園が終わった後も家の周りで一緒に遊んでいたのが懐かしいですね。

シノダ(g、cho)

小学校のときに初めてできた友達、シュンタロウくん。家が近所だったんです。彼の家は電気屋で、よく彼の家でゲームをやっていました。中学に入ってお互いに音楽に目覚めてギターを始めたんですけど、人生で最初にバンドを組んだのも彼です。Hi-STANDARDのコピー・バンドをやってました。でも、中3のときに彼の実家が倒産して、学校にもあまり来なくなってしまって。そこから自然と離れ離れになってしまったんですけど、“俺は今でも音楽やってるぞ”っていうのを見せれたらいいですね。

イガラシ(b)

4年くらい前に別のバンドのサポートでアメリカに行ったんですけど、そこですごく雑なタトゥーが入っている現地の人がいて。印象に残っているのは、落書きみたいなゴジラのイラストを入れていた人(笑)。あれは見れるものならば、ぜひもう1度見たいです。その人、うなじには“X”って、X JAPANのロゴ・タトゥーも入れてました。

ゆーまお(ds)

僕は死んだばあちゃんに会いたいです。年がら年中「もう1回会いたい」と考えています。優しいけど厳しい人で、毎日のように叱られていました。叱られると決まってぶたれるんですけど、避けると「避けるんじゃない!」って、ますます怒られるという(笑)。ばあちゃんは音楽をやっていて、それで生きてきた人だったんで、自分の活動が仕事になるようになった今、会えるならば会いたいです。昔とは話せる内容が違うと思うので。

最新インタビューはこちら
オフィシャルサイト


清水翔太

M-141111-YS21

小田和正さんとは、コラボさせていただいたり、一緒にステージに立たせていただいたり、よくしていただいているんですが、最近お会いしていないのでまたお会いしたいですね。僕自身、小田さんのファンだし、リスペクトしているので、お会いできると単純にうれしくて。会話自体はそんなに多くありませんが、音楽で通じ合えるというか……独特の空気感が心地よくて、とても貴重な時間です。小田さんの好きな曲を挙げるなら、JRAのCM曲として流れていた「woh woh」ですかね。そのCMが騎手の武豊さんが馬に乗って走るというシンプルなモノクロ映像なんですけど、映像と曲が組み合わさるとすごく感動的で。ああいうスケールの大きな世界観は、やっぱり小田さんならではだと思います。

最新インタビューはこちら 
オフィシャルサイト


LoVendoЯ

M-141027-FY-2033

田中れいな(vo)

つんく♂さん! まぁ、会えるんですけど(笑)。モーニング娘。を辞めたあとも、ずっとつんく♂さんの曲を歌っていけると思い込んでいたんですけど、LoVendoЯはつんく♂さんプロデュースのアーティストではないので、今は関わりがなくなっちゃったんです。だから、とたんに会えなくなってしまって。話が違うよ!  って勝手にスネてます(笑)。そのぐらい、れいなはつんく♂さんが作る曲が大好きなんですよね。

魚住有希(vo)

私は、今は亡きおばあちゃんですね。昔は極度の恥ずかしがり屋で、人目にさらされたり、街中で名前を呼ばれるのすら嫌だったんです。おばあちゃんからでさえも「有希ちゃん、こっちだよ」って呼ばれたときはガン無視してしまったほどで(涙)。でも、私が音楽を始めたときに、楽器を買ってくれたりして全面的に応援してくれたのは、そのおばあちゃんだったんですよ。今、会えるならきちんと「ありがとう」って言いたいです。

岡田万里奈(g)

サジ先生(笑)。小学3、4年生のときの担任の先生なんですけど、私、いつもめっちゃめちゃ怒られていたんですよ。あ、いや、問題児ではないんですけど(笑)、反発したり逃げたりしてばかりで。でも、あのとき怒られたことが今になってわかることがすごく多くて。小学生のころに言われていたことって、基本的にちゃんとやらなきゃいけないことばかりなんですよね。また会えたら、昔の話を一緒にしたいなと思います。

宮澤茉凜(g)

うーん……誰だろう。本気で悩みます。あ、おじさんですね! 亡くなってしまって、未だに詳しくお話するのがつらいんですが、私がハード・ロックやヘヴィ・メタルに目覚めるきっかけになった人で。音楽をたくさん教えてくれた人であり、私のギター人生のスタートを語るには欠かせないおじさんです。感謝しています。

最新インタビューはこちら
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人