FLOWとGRANRODEOによる超強力コラボが実現!

FLOWとGRANRODEOによる超強力コラボが実現!

今回ご紹介するのは、放送中のTVアニメ『七つの大罪』のEDを担当しているFLOW×GRANRODEO。その名の通り、これまでもアニソンをたくさん手掛けてきた人気ユニット同士によるスペシャル・コラボ・ユニットだ。

2003年にメジャー・デビューを果たし、2004年にリリースされた「GO!!!」(TVアニメ『NARUTO-ナルト‐』OPテーマ)以降、『交響詩篇エウレカセブン』(「DAYS」)や『コードギアス 反逆のルルーシュ』(「COLORS」)などの主題歌を担当してきたFLOWと、2005年にTVアニメ『IGPX』OPテーマ「Go For It!」でデビューし、TVアニメ版『黒子のバスケ』シリーズのOPテーマなど、こちらもアニメ・タイアップの多いGRANRODEO。元々は2011年の対バンイベントで出会った2組だったが、その後何度か共演する機会があり、今年(平成26年)を「FLOWの年」と打ち出したFLOWからの提案でこのコラボが実現したという。

その記念すべきコラボ曲「7-seven-」は、疾走感あるメロディとギター・リフがかっこいいパーティ・チューン。KOHSHI、KEIGO、KISHOWの3人によるボーカルのパワーに圧倒されつつ、少年アニメの主題歌らしくストレートで遊び心に溢れた歌詞が、さらにテンションを高めてくれること請け合いで、間奏で流れるTAKEとe-ZUKAのツイン・ギターもふたりの個性がぶつかり合い、否が応にも滾ってくる。楽曲制作はお互いでやり取りしあいながら進められたということで、FLOWとGRANRODEOそれぞれの持ち味以上の熱量が籠った楽曲に仕上がっており、ただでさえパワフルでアツい男たちが7人集まって騒ぎ暴れまくるMUSIC CLIPからもその熱は感じられるだろう。みんなでワイワイ集まる機会も多くなるこれからの時期、ぜひこの曲と共に盛り上がってもらいたい。

TEXT BY 星野康直(リスアニ!)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人