お尻ブルブルロボからおっぱいミサイル発射ロボまで。最新ロボットMVまとめ

TEXT BY 齋藤奈緒子

おバカ系から号泣系 まで! ロボットが登場するミュージック・ビデオは秀作揃い!!

 2015年には、世界初の感情認識機能を持ち、人の気持ちに寄りそうロボット『Pepper』の発売が予定され、いよいよかつて夢見た未来が現実になってきた感があります。ロボットといえば、1977年のクラフトワーク「The Robots」に始まり、ミュージック・ビデオ界では、ロボットをモチーフにした作品が数多く誕生してきました。 人間がロボットを演じることもあれば、アニメだったり CGだったり、時には日本が誇るホンダのASIMOや、ソニーのAIBO、QRIOなど、実際のロボットが出演したものも。さて、この2014年に入ってから、またしてもロボットが主役の名ミュージック・ビデオが次々登場。おバカものから号泣必至ものまでバラエティに富みつつも、そこにはある共通したテーマがありました。

日本人研究者が心血を注ぎ、尻ふりダンスロボットを開発!!

 まずはイギリスが誇る最強ダンス・ユニット、ベースメント・ジャックスの「Never Say Never ft. ETML」より。日本人研究者のナカマツ夫妻が、莫大な時間と予算を掛けて開発しているのは、なんと尻ふりロボット「TW3RK-BOT1.0」! 一見しょーもないようで、このロボットは「人間に踊る情熱を取り戻させる」という崇高な使命を背負っているのです。お堅い研究者たちすら実験中に汗ばんできて、ついに白衣を……! お値段は9万9999円。USB4.0で接続、おしりの部分は洗濯機で洗えるという「TW3RK-BOT1.0」。もちろんリアル実用化の予定はありません。

ロボットと人間の、叶わぬ恋物語。

 Kの「Brand New Day」のミュージック・ビデオに登場する箱型ロボットは、ある日、目が見えない女の子に恋をしてしまいます。杖を落とした彼女を助け、手術におびえる彼女を励まし、ついに彼女の視力が戻った時には……。切ないラストはわかっていても号泣必至。ロボットのあえてチープな作り(横に電卓ついてるし)が、なおさら感動をさそいます。

おっぱいミサイル発射!! キュートな歌姫ロボが異星人と対決!

 続いては、全世界で大人気、21歳のキュートな歌姫アリアナ・グランデの「Break Free ft. Zedd」。このビデオは、宇宙船から登場したアリアナが、囚われた無表情の人々を救い、悪の異星人と戦うSF仕立てで、セクシーな無重力着替えシーンは、B級SF映画『バーバレラ』(1968)へのオマージュ。しかし最大の見どころは、アリアナが発射するおっぱいミサイル!! これはまさか、日本の巨大ロボットアニメの古典『マジンガーZ』(1972年)ネタ!?(アフロダイA、ダイアナンA、ビューナスAなどの女性型ロボットが、こういう円錐型のおっぱいミサイルを撃ってたんです)。「Break Free」は、アリアナ曰く「あなたを引き止めていたり、あなたを成長させてくれない“何か”もしくは“誰か”から解放させるという意味を込めた曲よ」(公式サイトより)ということで、このアリアナロボも最後は助けた人々に、最高に楽しいパーティをプレゼントしてくれます。

今度は人間がロボットになる?

 空を飛ぶ10万馬力の鉄腕アトム、四次元ポケットを持つドラえもんなど、かつて夢見られたロボットは、「人間にはできないこと」を実現してくれる存在でした。でも、ここまで見てきたミュージック・ビデオのロボットたちには、いずれも「人間の感情を取り戻してくれる存在」、または「人間よりも純粋な存在」という共通点があります。人工知能との恋を描いた映画『her/世界でひとつの彼女』(2014年)が大ヒットしたように、ロボットには人間を超えるのではなくて、むしろ人間が失っている「心」を補完してほしい。今、ロボットに対する理想は、そんなふうに変化しているのかもしれません。それはまた、人間同士がわかりあいにくくなっていることの裏返しでもあるのですが。

 ということで最後のロボットPVは、元ゆらゆら帝国・坂本慎太郎のソロ最新シングル「あなたもロボットになれる feat.かもめ児童合唱団」。

 坂本慎太郎本人が作画・監督を手掛けたこのシュールなビデオ、のん気な南国風サウンドが余計に不安をあおります。いっそ人間がロボットになれば不安や虚無から解放されますよ、と歌うこのミュージック・ビデオ、よく見てると、子供たちよりもロボットのほうが、ずっとずーっと楽しそうじゃあ、ありませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人