7つの光を集めながら、これからの明るい未来へと進むHappiness

7つの光を集めながら、これからの明るい未来へと進むHappiness

Happiness

多感な時期をずっと過ごしてきたメンバーと、様々な出来事を乗り越えながら絆を深めて歩んできたHappinessが、光を集めて前に進んでいくというメッセージ性の強い楽曲を披露する。そこには、仲間の大切さも歌われており、まさに彼女たちの生活そのもののような一曲だ。

INTERVIEW & TEXT BY永堀アツオ


メンバー一人ひとりの光、7つの光が集まって、これからさらに輝いていくんだ

──7人体制となって第3弾、前作「Juicy Love」から約半年ぶりとなるニューシングル「Seek A Light」を最初に聞いたときの感想は?

藤井夏恋 私たちは中学生の頃からずっと活動してきて。EXILEさんの背中を見ながらバックダンサーをやってきた子も多いんです。今のメンバーがHappinessなんだって言い切れるくらい、グループとしての絆を感じているし、個々も成長できてるなって感じています。そういう意味では、ニューシングル「Seek A Light」は今のHappinessだからこそ表現できる曲だし、私たちらしく前進する姿勢が出てるんじゃないかなって思います。

YURINO 今のHappinessにすごく合ってる曲だなって思いました。私がいちばん好きなのは、Dメロの“この暗闇はきっと未来のプロローグだから”っていうフレーズなんですが、“悲しいことや辛いことがあっても、それは未来に繋がることなんだよ”って歌われていて。今までいろんなことがあった私たちのことを歌ってるように聴こえて……。

SAYAKA YURINO、涙目じゃない?

YURINO ……え? いや(苦笑)。

MIYUU 応援してくれているファンの方に心配をかけてしまったこともあったからね。須田アンナと川本璃も入って、新体制になってから3枚目のシングルになるので、ほんとにこの7人で前に進むぞっていう気持ちが入ってるんじゃないかなと思います。

SAYAKA ほんとに今の私たちが表現できていると想います。辛いこともたくさんあったけど、振り返らずに、落ち込まずに、みんなで頑張っていこう。みんなが同じ方向を向いていれば、絶対に夢を叶えられるはずだっていう。その、みんなで前進していくっていう7人の厚みを感じていただければと思います。

川本璃 ボーカルとしては、光を探すっていうテーマ通りに、力強く前向きな気持ちで歌っていて。Happinessもまだ夢に向かっている途中なので、Happinessのメンバーの未来を想像しながら歌いました。

夏恋 私は、メンバー一人ひとりの光、7つの光が集まって、これからさらに輝いていくんだっていう思いを込めて歌いました。自分自身も背中を押される曲なんですけど、聞いてる人に説得力をもって伝わるような歌心を意識しました。璃とふたりで相談しながら、かなり時間をかけてできた作品になっています。

須田アンナ 初めて聴いたときもそうだったんですけど、この曲で踊ってるときもグッときて、涙が出そうになる瞬間があって。夢を追う過程では、誰しもが必ず悩んだり、道に迷ったりすることがあると思うんです。この歌を聴くと、そう思っているのは自分だけじゃないって感じることができる。この曲を通して、視野が広がって、ひとりじゃない、メンバーがいるんだっていうのが見えるようになったし、背中を押してくれる歌詞だと思います。

──ミュージックビデオでは実際に涙を見せるシーンもありましたね。

須田 イントロが流れた瞬間に心にグッとくるものがあって、Happinessでここまでくるまでにいろんなことがあったなとか、武者修行のこととかを思い出したら、自然と感情が入って、涙が出てしまいました。

 本当に私たちにぴったりの曲だなって思っています。歌詞の内容はもちろん、振り付けもメンバーで考えたので、パフォーマンスに自然と感情が込められています。パフォーマンスをしながら、「あ、今Happinessがひとつになってる」って感じることができる楽曲なんですよね。

YURINO ボーカルも一緒に入り混じったフォーメーションもあるからね。

いつもとは違った勢いや進化したHappinessが見せられるようなダンスになってる

──振り付けはどう考えてました?

SAYAKA ボーカルが納得いくまで、何度も歌い直しているのを見ていたので、パフォーマンスだけで思いが伝わるような振り付けをしないといけないなって思いながら考えました。今まで以上に歌詞の意味が伝わるような振り付けを目指しましたし、ダンス経験のない人でも楽しめるような構成も凝っていて。いつもとは違った勢いや進化したHappinessが見せられるようなダンスになってると思います。

MIYUU 今回は、「約束」や「光」というキーワードを手話を使って表現しています。パフォーマンスを見るだけで曲のメッセージが伝わる振りになっているので、1秒も見逃さずにご覧ください。

──また、カップリングには、ダンスナンバー「Come Come」とデビュー曲「Kiss Me」の2014年バージョンが収録されてます。

夏恋 Happinessはパフォーマンスがすごく好きなグループなんです。なので、もっと「ライブやイベントで盛り上がれる曲が欲しい」と思っていて。「Come Come」は女の子がハジけているパーティ・チューンというか、つねにテンションが高い楽曲になってるので、ライブでは絶対に盛り上がると思います。

SAYAKA Happinessの仲の良さも表現したいなって思っているので、お披露目を楽しみに待っててください。

夏恋 3曲目の「Kiss Me」は私たちにとって大切な曲でもあるので、今のふたりの声で歌い直したいと思ったんです。

 アレンジや雰囲気が変わっているので、どんどん大人っぽくなっているHappinessを感じていただけるのかなって思います。

SAYAKA 冬にぴったりのしっとりしたアレンジになっていて。みんなで聴いたときに、なんか切ないね、涙が出てくるねって話してたんです。

 MIYUUは、まだ仮歌も入ってない、インストだけの時点で、「ちょっとやばい」ですってちょっと泣いてました。

夏恋 あまりにも泣きが早すぎたから。みんな、あまり触れずにいて(笑)。

 いろいろ思い出したんだよね。

MIYUU 初期からいるメンバーはずっと寮生活をしているので、家族以上に一緒にいるんです。中学生になる前から、同じ部屋で泣いたり笑ったりしてきた。だから、初恋の歌なんだけど、メンバーがどんどん大人になってるんだなっていうことを考えて、涙を流してしまったんですけど、リーダーとしては、自分たちで成長を感じる1枚になったなって思っています。

 そうだね。また一段階パワーアップしたHappinessをみていただけるんじゃないかと思うし、これからの期待も感じてもらえたらうれしいです。


リリース情報

2014.11.19 ON SALE
SINGLE「Seek A Light」
rhythm zone
201411202005[CD+DVD]¥1,800+税 [CD]¥1,200+税 [1Coin CD]¥500+税 [MUSIC CARD]¥500+税

詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人